RSS | ATOM | SEARCH
取扱説明書を読んで

JUGEMテーマ:家庭

 

女性の脳みそは男のそれとかなりしくみが違っているそうだ。

夫婦生活が40年近く経過すると、その違いは感じる。

 

男性はすぐに結論を求めるし、数字を出して説明したがる。

それは会話を問題解決するための手段と考えているからだろう。

ところが、女性の会話は問題解決を目的としていない場合が多い。

 

そんな行き違いを40年の結婚生活の中で、何度も経験している。

わが妻は結婚以来ずっと専業主婦で、妻の戦場は家庭だったし、私は終身雇用に守られてずっと会社を戦場にしてきた。

そんな二人の脳みその構造はその戦いのなかで自然と異なってくるし、物事の見方や捉え方もずいぶん違ってくるものだ。

 

退職から3年余り、私たち夫婦は多くの時間を一緒に過ごすことになった。

私は出かけることが多いが、それでも同じ空間で過ごす時間は現役の時に比べると多くなった。

それとともに、脳みその構造の違いが実感として心の奥に沁みてくる。

 

そう感じている男性が多いようで、最近、「妻のトリセツ」という本が読まれているという。

「定年夫婦のトリセツ」を併せて、読んでみた。

 

<男性脳にとって意味のない会話は、実は女性脳にとって大きな意味を持つ。

女性脳の、もっとも大きな特徴は、共感欲求が非常に高いことである。>

 

そして、<女性脳は、「心の通信線」と「事実の通信線」の2本を使って、会話する。

男性脳は、「事実の通信線」のみである。「それ、間違ってる」といきなり結論を出す。

悪気はないのだけれど、「心の通信線」をわざと断たれた、と女性は感じるのである。>だそうだ。

 

確かに、うなずける。

常日ごろから「同情」し、「ねぎらい」、「いたわり」、「思いやり」、そして、ちゃんと「優しい言葉」にして、気持ちを伝えなければならないという。

男にとって、邪魔くさくて、かなり面倒な話だ。

 

そして、<女性は、感情に伴う記憶を長期にわたって保存し、しかも「みずみずしく取り出す」ことが得意な脳の持ち主だ。日常生活で起こる感情が、さまざまな色合いを帯びており、この感情の色合いごとに体験記憶が収納されている。>なのだそうだ。

 

私の場合は…

妻から長女が生まれた時の話を持ち出される。

臨月でお産の兆候が出始めた正月、友人の家で麻雀をしていた時のことだ。

そろそろ病院へ連れて行ってと電話されたにも関わらず、「あと半荘が終わったら」と返事してすぐ帰ってこなかったことだ。

帰宅するとすぐに病院へ連れて行き、未明に長女が誕生する結果になった。

その後夫婦が険悪になる場面で、妻はこの話をよく心の収納庫から持ち出してくるのである。

 

また、<働く妻は、心の通信線が繋がらない男社会で揉まれているので、夫と会話をしているときに心を否定されても、「男あるある」だと諦めがつく。しかし、専業主婦の場合、夫がすべてなので、心の通信線を認めない夫だと妻のストレスは半端ない。>そうだ。

 

そして、

<家は寛ぐとこじゃない>

<家庭は戦場へ行くベースキャンプ>ともいう。

 

とにかく、死ぬまで、妻と平和な生活を営まなければならないのが現実である。

これからは、「ねぎらい」、「いたわり」なのだ。

 

今週、日ごろの介護疲れを癒すため、和倉温泉へ出かけた。

 

和倉温泉にある「桶浦乃湯壺」

 

越前トンネルの事故で高速道路が通行止めになったり、道路工事の影響で渋滞に巻き込まれたりしたものの、久しぶりの一泊旅行で妻は満足していたようだ。

些細な「ねぎらい」、「いたわり」だ。

 

いつか、夫婦のどちらかが亡くなり、一人暮らしになる。

夫婦において、相手への最大の「思いやり」は相手より長生きすることだろう。

 

参考:「定年夫婦のトリセツ」から

・妻が夫に離婚を言い出すときの最初のセリフの1位は「一緒にいる意味がない」。

・夫の禁則 ことばをケチらない、「たまの正論」を振りかざさない、妻を手足がわりにしない。

・妻の禁則 言葉の裏を読まない、縄張りを侵さない、口角を下げない。

author:金ブン, category:家庭の話題, 09:44
comments(0), trackbacks(0), - -
ネットに依存

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今までホテルや飛行機(LCC)をネットで予約して利用したことはあったが、先日、初めてアマゾンを利用して買い物をした。

姉が運営する楽天ショップのページを作ったりしたことはあったが、自分自身がネットで買い物をすることに馴染めなかった。

いつも、店頭で品物を確かめて、気に入れば現金で買う。

反対に妻は買いたい商品が安く買えると言って、良くネットショッピングをしている。

 

私が買ったのはギターチューナーだ。

最近、テレビ番組やコンサートなどでギタリストたちがギターの先に小さな機械を挟んでいるのを見かける。

近くの楽器店で確かめると、ギターをチューニングするためものだと分かった。

私は最近ギターのチューニングにスマホのアプリを使っていた。

最初使った時、これは便利なものがあるなと感心していたが、上には上があるものだ。

 

 

スマホのアプリは立ち上げるまでに時間が掛かる。

それに比べると、このギターチューナーはギターの振動で音を感知できるので、取り付けている画面の針を確認するだけでチューニングが完了する。

世の中は知らない間にどんどん便利になっていく。

 

使い方をネットで調べていると、楽器店より安い商品がたくさん出てくる。

さっそく注文してみた。

コンビニで支払い、コンビニで受け取る方法にした。

コンビニの機械で受付の番号を入力して、レジで代金を支払う。

数日後に、商品がコンビニに配達された旨のメールが届き、取りに行った。

商品はマッチ箱程度の大きさだが、かなりデカい箱に入っていた。

(経費削減のため、段ボール箱の種類を減らしているからだとか)

 

 

アマゾンとのやりとりはすべてメールを通じて行う。

逐一メールが届くので、安心だ。

ネットショッピングで初めて買い物をして、その使い勝手の良さに満足した。

欲しい製品が決まっているなら、安く買えるし、販売元の信頼度も評価によって知ることが出来る。

 

昨今インターネットの普及で、便利でお得なものがいっぱい現れている。

4Gから5Gの時代に移行すると、データの通信量が増えてもっと利用の幅が広がって来るそうだ。
(5GのGとはGenerationのGで、4Gより通信速度が20倍速くなるとか)

 

秋からの消費税増税を機会に、政府は現金決済からカードやスマホ決済を推進しようとしている。

企業でも店舗でのスマホ決済を進めているし、コンビニでは人材不足に対応するため、無人店舗まで登場する時代になっている。

インターネットやAIを使わないと、なんか社会から取り残されそうだ。

 

最近パソコンを教えていると、スマホの使い方について聞かれることが多くなった。

それで、私も使っていなかったスマホでの決済を積極的にすることにした。

 

スマホに詳しい知人によると、各社が導入し始めた今が得なのだという。

早速、ペイペイのアプリをダウンロードしてみると、それだけで500円が入金されている。

銀行からチャージする手続きをして、コンビニで使ってみたが、使うたびに代金が値引きされているのだ。

 

それではLINEペイも試みてみようと、セブンイレブンに置いてあるセブン銀行のATMで千円チャージしてみた。

これも簡単で、1分も経たない内に、スマホのLINEに千円が入金されている。

 

私はスマホにいろんなアプリが入れている。

以前は楽天ポイント、Tポイント、ポンタなどのポイントが付くカードを財布に入れていたが、最近はカードが増えたので、出来るだけスマホのアプリでポイントを集めるようになった。

 

いろいろと便利なことは理解できるが、過度にスマホの依存度が高くなるとちょっと不安な気持ちがよぎる。

スマホを無くす不安だ。

歳のせいで、置き忘れることが多いのだ。

author:金ブン, category:社会ネタ, 09:26
comments(0), trackbacks(0), - -
清酒発祥の地

JUGEMテーマ:日記・一般

 

先日、働いていた会社のOBたち数名が伊丹を訪れた。

酒好きの人たちだ。

伊丹は清酒発祥の地といわれているので、酒宴を楽しみでやってきたのだ。

 

江戸時代、伊丹には80軒ほどの酒蔵があった。

造られた酒は江戸に運ばれて、人気を博した。

当時の銘酒番付表が残っているが、上位にはほとんど伊丹の酒が並んでいた。

有名な「剣菱」はもともと伊丹で造られていた。

「剣菱」の酒蔵があった地は、今では「ことば蔵」という市の図書館が建っている。

 

16世紀後半、戦国武将・山中鹿之助の長男、幸元が大伯父を頼って、伊丹・鴻池の地に落ちのび、この地で酒造りを始めた。

関ヶ原の戦いの1600年ごろ、酒樽の中に灰を入れることによって、にごり酒が澄み切って味が良くなったことを発見し、清酒が誕生した。

誕生秘話として、こんな話が伝わっている。

素行のいたって悪い使用人を幸元が叱ったところ、その使用人は逆恨みし、酒樽に灰を投げ込んで出て行った。

するとその後、樽の中の濁り酒は芳醇な清酒に変わっていた。

(清酒誕生については、これより以前(100年前)に、奈良の正歴寺で僧が清酒を製造していた記録(僧坊酒)があるが、少し濁りがあったようだ)

 

その後、清酒は江戸で大評判となり、江戸幕府が官用酒としたほか、宮中奉納酒、将軍の御膳酒としても重用されたという。

 

酒宴前、OBたちを連れて2時間程度駅前の文化財を案内した。

 

江戸時代、伊丹が酒造りで有名になると、江戸時代の文人墨客たちが伊丹を訪れている。

頼山陽、井原西鶴、与謝蕪村をはじめ、多くの文人たちが美味しい酒を求めて、伊丹にやってきた。

勤王志士たちに大きな影響を与えた「日本外史」を書いた頼山陽はたびたび伊丹を訪れ、酒造家たちと交遊したという。

文政2年、伊丹に来遊して「剣菱」の宴会で出された大きな台柿のデザートを食べ、その美味しさにお代わりを所望したが、「この柿は老樹が1本あるだけなので」と断られ、仕方なく諦めたという話が伝えられている。

その柿の木の末裔が「頼山陽ゆかりの柿の木」として、伊丹市美術館の庭に残っているという。

 

酒呑みが増えると、街の片隅に歓楽街が出来る。

200年以上経っているのでその面影はほとんどなく、今では住宅街に変身している。

以前その付近を歩いていた時、その名残だろうか、民家の玄関付近に「梅女」と刻まれた石碑を見つけた。

 

 

伊丹の歴史に詳しい人に尋ねたが、その謂れは不明だという。

この辺りは昔、花街だったということからすると、遊女の悲しい物語があったのかもしれない。

 

さて、OBたちとの酒宴は「長寿蔵」で開かれた。

酒蔵を改装したブルワリーレストランは平日にも関わらず、繁盛していた。

 

 

突発性難聴や逆流性食道炎を患ってアルコールを控えていたが、久しぶりに地ビールを味わった。

author:金ブン, category:日常の出来事, 09:38
comments(0), trackbacks(0), - -
運転すること

JUGEMテーマ:ニュース

 

先日、50ccのバイクで右折しようと車線変更したら、後ろから来た乗用車にクラクションを連打された。

後ろの乗用車はかなり離れていたように見えたが、スピードを出していたようですぐ接近してきた。

それほど無理な車線変更ではなかったのに、クラクションを連打したのだ。

衝突するようなこともなく、私は右折し、乗用車はまっすぐ通り過ぎて行った。

私の耳にはクラクションの警笛が残り、しばらく気分が重たかった。

 

最近、自家用車の運転はほとんど妻に任せている。

私の妻は、日ごろは穏やかな性格の人間だ。

激怒したり、声を荒げたりすることは全くない。

その妻でさえ、ハンドルを握っている時、モタモタ運転やスマホしながらの自転車が進路の妨げになると小言を呟いたりする。

 

ハンドルを握ると、一様に人格が変わる。

ちょっと進路の妨げになるだけで、イラつくことがある。

特に、歩行者や自転車、また自分より小さい車に対して、優位性を感じたりする。

 

シルバーのアルバイトで、パンフレット配布の手伝いを頼まれた。

車で、役所のアンケート用紙を地区の世話人宅へ配達する仕事だ。

最近運転する機会がほとんどなかったので、運転の勘を取り戻すため練習を試みた。

すぐに慣れたのだが、バックでの車庫入れには戸惑った。

感覚がなかなか戻らない。

 

最近運転を止めていたのは訳がある。

車庫入れをしていた時、一瞬ではあるがアクセルとブレーキを踏み間違ったからだ。

まさか自分がと思ったが、瞬間、気持ちに隙が出来るのだ。

加えて、私は<慌て症>の傾向でもある。

 

それ以来、極力運転を避けた。

幸い、妻は運転が好きだし、おまけに妻は私の運転に車酔いすることが多くなったからでもある。

 

連日、高齢者の運転死亡事故が報じられている。

他人事ではない気持ちにさせられる。

滋賀県での幼稚園児死亡事故では、50歳代の主婦が逮捕されている。

被害者も加害者も突然平穏な日常生活が壊される。

加害者は逮捕され法廷に立つことになるのだ。

 

以前、交通死亡事故の裁判を傍聴した時、被害者家族の前で土下座をしていた夫婦を見た。

中国自動車道を走っていたトラック運転手が路肩でパンク修理をしていた車に衝突して、ひとりを轢き殺してしまった。

トラック運転手は一瞬よそ見をしてしまったのだ。

法廷の入口前で、加害者であるトラック運転手とその妻が被害者の家族たちに土下座して詫びている姿が印象的だった。

ハンドルを握るすべての人は突然加害者になる可能性がある。

author:金ブン, category:社会ネタ, 09:29
comments(0), trackbacks(0), - -
放送事故

JUGEMテーマ:日記・一般

 

先週金曜日、夕方の報道番組を見ていた。

 

二人の芸人が商店街を散歩しながら、町の人に悩んでいることを聞いて歩く内容だった。

そこへ、犬の散歩をしている人が現れる。

飲み屋にいるひとりのオバサンが、その犬を連れている人が女か男か、判らないから確かめてほしいと、芸人たちに頼んだ。

番組コーナーのネタが少ないようで、芸人たちはオバサンのその<悩み>に食いついた。

確かに映像で見ているかぎり、犬を連れている人は男女の区別が判らない。

芸人たちは近づいて、名前を聞く。

その人は苗字だけを答えるので、芸人はさらに名前を訊こうとする。

すると、男性の名前を告げる。

 

芸人たちは飲み屋のオバサンに、男の人だったと伝える。

ここで終われば、そんなに炎上することはなかったと思うのだが…。

オバサンが信用しない様子なので、さらに、芸人たちはその人が持っている保険証の名前を確かめたり、挙句の果ては胸の膨らみを確かめたりしていた。

 

胸を触っているのを見ると、さすがにやり過ぎではないかと感じたが、本人の顔がテレビカメラに映しだされているので、了解を得ているだろうからまぁ良いかと、思っていた。

 

ところが、このコーナーが終わって、スタジオに画面が移ると、レギュラーのコメンテーター Y氏がすごい剣幕で怒りだした。

「本人が了解しているとしても、こんなことを放送すること自体が人権意識に反する」と。

(放送内容についてはネットで検索するとたくさん動画が出てくる)

 

生放送で、コメンテーターが本気で怒る姿を見るのは珍しいことだ。

正直なところ、最近取り上げられているLTGBの問題を、私は良く理解しているわけではない。

セクシャルマイノリティに対しての人権意識を、深く考えたこともない。

私とは関係のない別世界の話だと感じていた。

 

コメンテーターの怒る声に、テレビの前の自分が怒られているような気持ちになった。

 

(ネットに出てくるのだが、)男女の別を調べられた当人は放送されたことが度を越しているとは感じてないようで、世間がこんな騒ぎになっていることに困惑しているようだ。

しかし、本人が了解していていようがいまいが、公共の電波に乗せる内容としては余りにも思慮に欠ける、お粗末なものだったように思う。

テレビの向こうには肉体は男なのに心は女だとか、その逆とか、生まれながらその乖離に苦しんでいる人たちがいるわけだし…。

 

今週、番組では放送局の報道部長やキャストたちが視聴者に対して、お詫びする放送をしていた。

あの放送内容をコメンテーターが何も言わずに素通りして、漫然と放送が続いてしまうほうが怖いような気になる。

こういうご意見番はいつの時代にも必要なことだ。

アフタヌーンショーの桂小金治を思い出した。

 

ネットで話題が沸騰し、人権意識に関していろんな意見が交わされるのは健全な社会だと思う。

 

番組のコーナーが中止になり、ふたりの芸人たち(私の好きな芸人)が仕事をひとつ失ってしまったのは気の毒な気もするが…。

author:金ブン, category:社会ネタ, 09:30
comments(0), trackbacks(0), - -