RSS | ATOM | SEARCH
とにかく、涙もろい。

JUGEMテーマ:日記・一般

環境大臣に就任したK氏のオフィシャルサイトに、自身の短所を「涙もろいところ」と書いている。

最近異常に「涙もろい」私はシンパシーを感じてしまう。

 

先週、ボランティア活動の知人とカラオケへ行った時、「涙もろい」失態を演じてしまった。

何曲か歌った後、私は迷いながらもはなわの「お義父さん」を選曲してしまった。

なぜ迷ったかというと、前日この歌をYouTubeで練習していて、涙がこぼれてしまったのだ。

ひょっとしたら、歌いながら泣いてしまうのではないという心配が若干あった。

だが、次に歌う曲が思いつかないまま、「まさか、こんな賑やかな場所で泣くことはないだろう」と思い、選曲してしまった。

歌う前に、「結婚式の3か月後に、ガンで亡くなったお義父さんに」と、自ら涙腺が緩むような前口上を言ってしまったのだ。

歌い始めて数分後、胸が詰まって声がうわずり、最後は涙で歌えない状態に突入。

前半のコミックな歌詞に笑っていた知人たちは静かになり、いつも明るい84歳のお婆さんは気まずい空気をほぐす様に「頑張れ!」と声を掛けてくれたり…。

 

 

先週から今週にかけて特に、うれしい涙、感動の涙、悲しい涙と、涙腺が緩み続けた。

 

阪神タイガースの横田慎太郎の引退試合は涙なくして、見られない映像だった。

ドラフト2位で2014年阪神に入団した横田選手は代打の神様と呼ばれた桧山進次郎の背番号24を引き継いで入団するほど、将来を期待された選手だった。

2017年に脳腫瘍と診断され、半年間入院治療に励んだ。

復帰に向けて練習に参加したが視覚面に障害が残り、実戦への復帰に至らなかった。

引退セレモニーでは選手たちの胴上げや両親との記念写真など行われ、その映像に私の涙腺が緩んだ。

今年の阪神では大腸がんから復帰した原口選手が復帰初打席でタイムリーヒットを打ったニュースが放送され、ヒーローインタビューを見た私は思わず涙を流した。

 

感動の涙といえば、ラグビーのアイルランド戦の勝利。

ケガが多いスポーツだけに、故障とリハビリの苦労話が涙を誘う。

苦労話を伝える選手が泣くと、もらい泣きしてしまう。

                                              

とにかく、ツボにはまると、急に涙腺が緩むのだ。

以前、大学の友人の退職祝いで夫婦で集まった時、友人夫婦の会話に思わず泣いてしまったことがあったし、息子とドラえもんを観に行った時もドラえもんが未来へ行ってしまうシーンで、のび太くんが「ドラえもん、行かないで」と泣いているのを見て涙があふれてしまったこともあった。

 

先日涙もろい私にと、友人から「父と子の旅路」という本を薦められた。

「読むときはタオルが必要やで」とも言われた。

昨日図書館から借りてきて読み始めたが、涙の予感がする。

author:金ブン, category:自己紹介, 09:09
comments(0), trackbacks(0), - -
パソコン漬け

JUGEMテーマ:日記・一般

 

スマホが増えているので、パソコンを使う人はかなり減っているだろう。

インターネットやコミュニケーションツールでは、ほとんどスマホで解決してしまう。

 

私の場合、ホームページ制作や会報誌の編集、データ入力のアルバイトなど、自宅で頻繁にパソコンを使う。

おまけに、ボランティアでパソコンを教えているので、いろんなパソコンの技術を勉強しないといけない。

毎日、パソコン漬けになっている状態だ。

 

私が今使っているパソコンはWindows7なので、来年1月にそのサポートが終了する。

5年前にWindowsXPがサポートが終わる数年前に、今のパソコンを買った。

Windows7は使い易かったのでずっと使いたかったが、サポート終了というので仕方なくWindows10を買った。

自宅には妻のために買ったWindows8があったので、それを使っても良かったのだが、パソコンを人に教えている時よくWindows10の操作方法を尋ねられたりするので、アルバイトで細々と稼いだ小遣いをはたいて買った。

 

今回買ったWindows10はハードディスクをSSD(少し値段が高くなった)にしたので、立ち上がるスピードが速く、快適だ。

Windows8は操作が使いづらかったが、Windows10は使い安いのですぐに慣れた。

 

ひとつ困ったことは、今まで使っていたホームページ制作のソフトがインストールできないことだ。

しかたなく、ホームページソフトで一番使われている「ホームページビルダー」を買うことになってしまった。

初めて使うソフトなので、覚えるのに時間が掛かる。

結局今は、Windows7を使って、以前のソフトで作業している。

 

こうしてパソコンに関わっていると、いろんな人からパソコンのトラブルに関することで電話が掛かってくる。

時には自宅まで出かけて不具合を解決してあげたりする。

もちろん、ボランティアで。

 

今週も、84歳のお婆さんから「画面が真っ暗になってしまった。助けて」と、電話が掛かってくる。

パソコンの状態を電話で聞いても埒が明かないので、結局自宅に伺う。

以前にもトラブルで伺ったのだが、その時は無線のキーボードの電池が無くなっていただけだったので、すぐに直った。

今回は結構重症で、2時間ほどgoogleで調べたりしながら、パソコンと格闘した。

何とか復旧して立ち上がるようになると、お婆さんは満面の笑みで喜んでくれた。

 

不具合や操作方法の疑問などを解決していくと、徐々にパソコンに詳しくなってくる。

だが、問題は記憶力が減退だ。

苦労して覚えたことも、時が経つとすぐに忘れてしまう。

だから、再び調べなおさないといけないのだ。

 

今人に役に立てるのは、パソコンを教えることぐらいだ。

当分、パソコンとの付き合いが続きそうだ。

author:金ブン, category:日常の出来事, 09:44
comments(0), trackbacks(0), - -
他人の眼

JUGEMテーマ:日記・一般

 

客観的に、私という人間はどんな風に見られているのだろう?

 

「ご主人の性格はどんな感じですか?」

先日脳梗塞で入院する際の問診票に記入している時、妻は看護師に尋ねられた。

脳外科の病棟なので、患者の性格や日頃の行動が気になるのだろう。

 

妻は一言「温和ですかね」と答えたという。

自分自身、大人しくて平穏な人間を意識していたので、一番近くで暮らしている妻が私を「温和」と表現したことに、ほっとした気持ちだった。

 

最近、ボランティアの会やシルバー人材などで活動していると、気難しい老人の行動や言動が目に付く。

あんな年寄りになりたくないなぁと思ったりしているが、自分の気付かないところで気難しい人間に思われているかもしれない。

自分の見え方は、自分には判らないものだ。

それだから、妻の評価に少し安心したのだ。

 

他人から平静に見えても、私の腹の中では他人と行動に腹を立てり、ムカついたり、カッとなったりする。

あからさまに顔に出すことはほとんどないし、何とか、心の中にしまい込んで我慢している。

極力、人と波風を立てないようにしている。

自己防衛の強さから、そういった振る舞いは身に付いてしまったのだろうが。

 

特に天国が近づいているせいか、穏やかでいるように努めるようになった。

あの世に行ってからの評価を気にしても仕方がないのだが、「あの人は感じの良いひとだった」と思い出してもらえるようになりたいとは思う。

 

今週、息子の15回目の命日だった。

まだ、バスケットクラブの友達がこの日に我が家へ集まってくる。

15歳だった子供たちは、もう30歳になる。

「仕事で忙しいでしょうから、もう無理しないでね」と妻が伝えるが、「僕たちの気持ちで来ていますから」と答える。

 

生前、息子は同級生からどんな人間にみられていたのだろう?

家では無口で不愛想だった息子だったのが…。

author:金ブン, category:人生, 09:31
comments(0), trackbacks(0), - -
古文書で脳トレ

JUGEMテーマ:日記・一般

 

最近、古文書の初級講座を受けている。

2千円で10回の初歩講座が受けられるというチラシを見て、すぐに申し込んだ。

文化財の勉強をしていると古文書を見る機会があるのだが、勉強というより脳の活性化のためというのが正直なところ。

 

江戸時代の日本は世界的にも国民の識字率が高く、その影響で歴史の記録が多く残されている。

識字率が高いのは中国から紙の製法が入ってくるのが早かったからということがあるようだ。

だから、現在になっても、市井の人の蔵から昔の生活を記録している古文書が出てきたりしているわけだ。

 

講座の内容は主に私が住んでいる街の歴史に関する古文書を題材にしている。

私が住む街は清酒発祥の地と言われている。

江戸時代には酒蔵が80軒以上並んでいたという。

そこで、講座では酒に関する古文書を読んでいく。

 

講座が平日の昼なので、生徒はほとんどが老人だ。

みんな、なかなか熱心で、講師に積極的に質問を投げかけている。

私のように、目的が脳トレ程度に思っている人は少ないかも。

 

先日、自分の記憶力の衰えに、愕然としたことがあった。

 

胃腸の調子が悪いので、近くの内科へ出かけた。

それまで逆流性食道炎の治療で、漢方薬や錠剤を処方されていたが、あまり効き目がなかった。

医者は私の摂食事情を尋ねて、「食べ過ぎなんではないか」と言う。

歳を取ると、腹八分目よりも六分目ぐらいにしたほうが良いと助言する。

その医者は一日2食を実行しているそうだ。(それはとても真似できない)

 

そして、医者は私に1週間食べたものを全部書いてきてくれと言う。

「ポテトチップ1枚でも食べたものを記録して、一度見せてください」と。

 

真面目な私は毎日食べたものを記録した。

 

ところが、ノートに書き始めて、私は自分の記憶力の衰えにハタと鉛筆を止めた。

思い出せない漢字が次々と現れるのだ。

「大根のつけもの」と書こうとして、「つけもの」が思い出せない。

「つけ」の部首が思いつかない。

やっと、さんずい編であると思い出したが、今度は「すのもの」の「す」が出てこない。

「やまいも」、「ニワトリ」、「とうふ」、「しょうがやき」、「みそしる」…。

漢字が書けない言葉が次々と出てくる。

詰まるたびに、スマホで調べる始末。

 

そういえば、最近ほとんど鉛筆やボールペンで字を書いていない。

パソコンやスマホの便利さに頼っている間に、自分で漢字を書くことが出来なくなっていた。

もちろん、このブログはパソコンのキーボードを叩いているのだが…。

 

もっと、字を書く機会を増やさないといけない。

思いついたのは「写経」。

書道用の半紙は家にあったので、筆を買ってきた。

準備は整ったのだが、まだ、手を付けていないでいる。

軽い気持ちで始めようとすると、いつも準備で止まってしまう。

author:金ブン, category:日常の出来事, 09:42
comments(0), trackbacks(0), - -
スマホの契約更新

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今のIPhoneを買ったのが2年前で、現在更新期間に入っている。

更新期間に、今のままスマホを継続するか、他に乗り換えするか、決める必要がある。

 

ところが、自分がどんなプランに入っているか、料金体系はどうなっているのか、詳しく知らない。

買った時は店員の言われるまま、内容を理解することもなく買い替えたのだ。

 

2年前ソフトバンクだったが、Ymobileが安かったので乗り換えた。

ソフトバンクもYmobileも同じグループなので、店員も乗り換えに積極的だった。

格安スマホが登場していたので、他のキャリアに乗り換えられるよりマシなのだろう。

それまでソフトバンクで8千円程の料金を払っていたが、新しい機種代金の分割払いを加えても、乗り換え後のYmobileでは3千円ほど安くなって、毎月5千円程度になっていた。

(それでも、格安スマホが登場する現在、この価格は不満だ。)

 

更新になると機種代金は2年間で払い済みなので、その分が安くなるはず。

そのあたりと確かめておこうと、Ymobileの店舗に行って説明を受けた。

だが、その説明がどうも判りにくい。

機種代金には割引キャンペーンが付いているので、その全額が安くなるわけではないとの説明をする。

説明が判りにくいので他の店で訊いてみると、機種代金は全額無くなりますともいう。

さらに3件目の店舗に出かけて執拗に確認すると、機種代金は全額無くなるとのことだった。

店によっては、新しい機種に替えさせて、継続させる魂胆があるような…。

 

今回、改めてスマホの案内パンフレットを確認してみたが、分かりづらい。

いろんなタイプが並んでいて、どれがどう違うのか判別がつきにくい。

2年前にソフトバンクからYmobileに乗り換えるときも、店員がいろんな説明をするのだが、ややこしくて理解できなかった。

最後には、「好きにしてくれ」という気分になってしまった。

 

余談だが、かんぽ生命の不正契約の問題も、商品説明の判りにくさだった。

生命保険の複雑な契約内容はなかなか理解できない。

それに、あの細かい文字で書かれた契約書を、丁寧に読んでいる人なんていないだろう。

老人なら、なおさらだ。

理解力の衰えた老人の弱みに付け込むのは何とも卑劣な行為だ。

 

もっとスマホの契約に理解を深めなければならないという思いもあって、今回の更新期間にあたって、乗り換えるための説明を聞きに行った。

ちょうど近くのショッピングモールに、楽天モバイルの店舗がオープンしていた。

店舗には「だれでも、月額1480円」のポスターが掲げられている。

<1480円は安いじゃないか>と思ったが、料金の横に小さな(※)が付いている。

この※がミソで、<新規申し込み時に3年契約することと3年目以降は2980円になる>と、次のページの片隅に虫めがねがいるような小さな文字で説明が書いてある。

つまり、2年間の契約だと、1480円ではなく、2980円なのだ。

すると、今のYmobileを継続した料金と変わらない。

 

今のスマホはIphone5sなので、4インチと画面が小さい。

5.5インチの大きいサイズのスマホが魅力だが、また機種代を毎月の支払で負担しないといけない。

年金生活の身で出来るだけ経費削減を目指しているだけに、高価な本体の料金はイタイ。

「やっぱり、このまま2年間更新しようかな」と思っていると、店員が「キャンペーンで、この機種なら無料ですが」と言って、パンフレットに載っているスマホを指さす。

「中国のメーカーですが、性能はかなり良いですよ」と、店員は勧める。

だが、無料には3年契約することが条件だと付け加える。

 

結局、このままYmobileを更新して、後2年間はIphone5sを使い続けることにした。

解約手続きやデータ以降の手間が邪魔くさく感じてしまったから。

 

すると、今朝、ソフトバンクが契約の2年縛りをなくすとのニュースが流れていた。

同時に、他のキャリアも契約解除の料金を千円に下げる意向を伝えていた。

 

年々、スマホは安くなるに違いない。

author:金ブン, category:日常の出来事, 09:21
comments(0), trackbacks(0), - -