RSS | ATOM | SEARCH
老人の世界

JUGEMテーマ:日記・一般

 

辞任した五輪担当大臣は自身の地元では<良い人(ご老人)>と評判が高かったという。

大臣という表舞台に立ったために、間抜けな存在になってしまった。

そういえば、会社でもそんな人がいたなぁ。

ご近所での知り合いだったら、良いお付き合いが出来たかもしれないのに、会社で知り合ったばかりに<嫌な人(ご老人)>だった人…。

 

最近キレる老人、モンスター老人が増加しているそうだ。

社会の高齢化とともに、暴走したり噛みついたりする老人は増加しているようだ。

老人は人生経験から酸いも甘いも噛み分けることが出来るはずなのだが、それも人に依るのだ。

気の短い人は年齢を重ねてもその性格は変わらないし、頑固な人はやはり頑固な老人になるのだ。

 

4月は総会の季節だ。

町内の自治会や趣味のサークルなどでに年度が終わって、前年度の活動報告や今年度の活動計画・予算を決める総会が開かれる。

これまで自治会やテニスサークルの総会に出席した経験があるが、大概事務的に進行する会議だった。

ところが、今週、私が参加するボランティアの会の総会は紛糾した。

 

会計担当が熱心な方で、今までの支出の不平等や不合理を指摘して、かなり絞った予算を提案していた。

過去の会費の使い方を批判し、もっと会費を安くできると指摘する。

(ボランティア活動なのだが、会員は年会費として数千円負担している)

革新政党に所属されているようで、発言はなかなか鋭い。

古くから参加している会員にとって耳の痛い話だが、筋が通っている。

 

議事が会則の弔事見舞金を削除する項目になった時、古株の会員が反対意見を言い始めた。

弔事見舞金は会員が死亡した時や入院した時に支出する費用だが、70歳以上の会員が多いだけに年々増えている。

昨今、家族葬などごく親しい身内だけで済ませる葬式が増えていて、香典を辞退する傾向になっている。

会を運営する幹事会でその必要性が疑問視され、会則からその条文を削除することを決めたのだ。

 

ところが、古株の数人の会員が弔事見舞金を無くすのは絶対反対だと声高に主張する。

この場は総会なのだから、賛成か反対かについて決を採ったら良いのだが、古株の会員のひとりはそんなことしたら賛成が多くなるのに決まってるじゃないかと駄々をこねはじめる。

その心根は過去の活動を批判されたことへの不満なのだ。

感情的になった老人には理屈が通らない。

押し問答が続いたが、結局採決することになり、圧倒的多数で議案書通り、弔事見舞金の会則は削除されることになった。

閉会になっても、古株会員の怒りは収まらないようだった。

 

先日、アルバイト先(シルバー人材センター)の事務所を訪ねると、Tさん(アラウンド70の女性)の座席が変わっていた。

Tさんからアンケートのデータ入力の仕事をいただいているのだが、以前Tさんは一緒に仕事をしている先輩からいじめられているとの話をされていた。

頻繁に陰湿で不合理な要求をされて困っていると、愚痴られていた。

結局、センターの上司に訴えて、その先輩と近くだった席を離してもらったという。

 

「難しいご老人が案外多いんです」と、センターの職員はいう。

人生経験豊かな老人たちが集まる仕事場は一見穏やかな空気に満ちた世界に見えるのだが、そうではないようだ。

過去の曲がった経験が思い上がりとなり、頭の固い老人を作りだしているのだろう。

 

Youtubeで「老害」で検索すると、老人が暴走する動画がたくさん登場する。

見ていて、実に嫌な気分にさせる映像で、まさにそれは参考にすべき反面教師たちの姿だ。

 

幸い、私のお付き合いしているご老人たちは実におとなしい、好々爺や好々婆(?)たちだ。

特に、お婆さんたちは家事や子育てで家庭に押し込まれていた経験からか、伸び伸びと生き生きと活動されている。

まさに、「老婆の休日」である。

author:金ブン, category:人生, 10:01
comments(0), trackbacks(0), - -
「令」と石碑

JUGEMテーマ:ニュース

 

ボランティアの会のホームページで、先月から「文学碑巡り」のコンテンツを作成してアップした。

 

伊丹市内には文学碑の60基以上ある。

和歌、俳句、漢詩、詩歌、日記など、歴史上の著名な人物の作品が刻まれている。

藤原定家、和泉式部、鴨長明、井原西鶴、西行法師、頼山陽、若山牧水、高浜虚子、斉藤茂吉、梶井基次郎などなど。

どの石碑も、伊丹の風景、伊丹での体験などを歌や言葉に残して綴っている。

(ホームページでは現在、まだ6基しか紹介していない)

 

今週、平成の次の年号が「令和」と発表された。

「令」の文字の出典は、日本最古の歌集「万葉集」の「梅花の歌」からという。

 

ミーハーの私は、文学碑の中に「令」の文字が使われていないか、探してみた。
すると、一文字だけあったのだ。

それは、同じ「万葉集」から引用した歌で、作者は奈良時代前期の歌人「高市連黒人」だった。

 

さっそく、紹介のページを作成して、アップした。

http://bunkazai.hustle.ne.jp/bungakuhi/1-10/bungaku5.html

 

猪名野とは、今の伊丹市から尼崎市にかけての猪名川沿いの地域。

古来からの景勝地で、たくさんの歌人がこの地の風景を歌っている。

石碑の歌の多くに、この猪名野が歌われている。

 

ただ、この石碑で使われている<令>は風流な表現として使われているものではないようだが。

この石碑の場所は昆陽池公園内で、昆虫館の近くに設置されている。

 

昭和から平成に変わる時、元号より西暦を使った方が合理的ではないかと思ったものだ。

だが、最近文化財のボランティアで歴史に触れる機会が増えるに従い、その考えは無くなってきた。

「応仁の乱」、「観応の擾乱」、「承久の乱」など、歴史上の出来事には元号が付きものだ。

元号が醸し出す<時代の空気>は、日本人だけが味わえるものなのだと感じてくる。

これも、長く日本に住んで、歳を重ねているからだろう。

author:金ブン, category:社会ネタ, 09:48
comments(0), trackbacks(0), - -
突発性難聴、その後

JUGEMテーマ:健康

聴力を試すため、映画館へ出かけた。

アカデミー賞作品賞の「グリーンブック」は上映時間が合わず、クリント・イーストウッドの「運び屋」を観ることにした。

これが良い映画だった。

90歳の主人公を演じるイーストウッドが実に渋く、魅力的だった。

心配していた聴力も回復の兆しが感じられ、映画館の音響にも問題なく聞き分けられた。

 

突発性難聴に罹って、約3週間が過ぎた。

ようやく、左耳の音が通常近くに戻ってきた。

そうは言っても、静かなところではシャーという雑音が聞こえ続けている。

 

半信半疑だったが、やはり、薬の効果があったのだ。

10日間、ステロイドを服用した。

初日は12錠飲んで、徐々に減らしていく。

最初の4日間はほとんど効果が感じられなかった。

本当に、治るのだろうかと、不安が募った。

1週間ぐらいで、少しずつ音が聞こえるようになってくるのを自覚できた。

そのあたりから、聞こえないストレスが徐々に減少してくる。

 

ステロイドは感染症・高血圧・糖尿病・消化器症状・ホルモンバランスなど、副作用がある薬だというが、目立った体調の変化はなかった。

と思っていたが、2週間過ぎたあたりから喉に痰が絡み、食道あたりが少し詰まった感じがする。

これが、ステロイドの影響なのかどうかは解らないが。

 

人材センターのアルバイト先やボランティアの会で、突発性難聴に罹ったことを告げると、家族や知人にこの病を経験したという人が結構多くいた。

「実は、私も罹ったことがあり、耳が聞こえにくいんです」と言う人もいた。

ウィルス性やストレス性などが原因だというが、実際よく解らないようだ。

 

学生の頃から近眼で、メガネやコンタクトレンズを使っていた。

眼に関して、苦労が絶えなかった。

これまで何度となく健康診断で聴力検査を受けてきたが、心配したことはなかった。

まさか急に聞こえなくなるとは。

 

人間の身体には対になっている部位が多い。

手、足、目、耳、鼻の穴、肺、腎臓…。

神さまは、二つでもって役割を果たすように創っている。

眼は片方だけでは遠近が判断できないし、耳も片耳だけでは音が聞き分けにくくなる。

健康な時にその便利さを意識することは少ないが、失うとその大切さを切に感じる。

 

歳を取ると、身体にとってろくな事がない。

マイナスばかりを体感することになる。

 

クリント・イーストウッドが演じた90歳の老人はすごい。

モーテルで売春婦を相手にし、麻薬組織のボスの邸宅でグラマラスな女性ふたりを相手にする。

性欲は若さを保つ、カンフル剤なのだろう。

 

 

ところが、私めは…。

<今はただ 小便をする 道具なり>

<朝立ちは 歳を重ねて 死語となり>

…。

author:金ブン, category:健康, 09:39
comments(0), trackbacks(0), - -
詰め替えインク

JUGEMテーマ:日記・一般

 

シルバー人材センターのアルバイトで、大型プリンターを使っている。

プリンターを使って、大型のポスターを作成する仕事を担当している。

2か月前、プリンターのインクが無くなったので取り換えた。

すると、プリンターが全く作動しなくなった。

 

取り替えたインクを確認すると、純正のインクではなかった。

純正インクとは、プリンターのメーカーが販売しているインクのことだ。

担当者の人に尋ねると、大型プリンターが10年前の古い機種で、純正のインクの販売も終わっているということだった。
そのため、ネットで純正でない互換インク(中国製)を購入したという。

そろそろプリンターを買い替えようと考えていたらしく、とりあえず時間稼ぎで使えなくなるまで非純正インクを使用するつもりだった。

この場合は、純正インクの販売が終わっているので、非常手段として非純正を購入するしかなかった。

 

最近、普通に互換インクが販売されている。

純正インクが安ければ、別に互換インクを使う必要がないのだが、プリンターメーカーが販売している純正インクは値段が高い。

価格競争が激しいプリンター機本体の販売では、利益を上げることが出来ないので、インクの販売で稼いでいるわけだ。

何とか、簡単に詰め替えることが出来る構造にして、安くなるように考えてくれるとうれしいのだが…。

 

先日、ダイソーへ行ったら、究極の「詰め替えインク」なるものが売られているのを見つけた。

私のプリンターはブラザーなのだが、エプソンもキャノンのものも並んでいた。

もちろん、100円だ。(エプソンは200円で取り換え用)

 

箱の側面に対応しているプリンターの型番が書いてある。

私の使っているプリンターのものがあったので、早速、買って試してみた。

 

 

丁寧な手順の書いた説明書が入っている。

要は、プリンターカートリッジのインクの出る穴へ、細長いスポイトの付いたチューブを差し入れて、注入していくだけだ。

非常に原始的で、単純な作業だ。

やってみたが、不器用な私は差し込みこんだ力が中途半端で、最初うまく注入できなかった。

再度試みると、何とかインクは入った。

これで、何事もなく使えるなら、こんな便利なことはない。

2週間ほど経過するが、今のところ何事もなく印刷出来ている。

 

ただし、何回もこの交換が出来るわけではなく、説明書には3〜4回までと記載されている。

それと、プリンターの故障についてはメーカーに問い合わせしてくださいとも書かれている。

説明書に従って正しい詰め替えをすれば、インクが原因の故障は起こらないとも書いてあるが、やはりリスクはある。

私の場合、そろそろプリンターの買い替えを考えているので、故障しても仕方がないという覚悟がある。

 

それにしても、ダイソーって、とんでもないすき間に目を付けて商売をしている。

感心しながらも、暇を見つけては100均に足を運んでいる。

author:金ブン, category:日常の出来事, 09:57
comments(0), trackbacks(0), - -
突発性難聴

JUGEMテーマ:健康

 

先週、プールへ行った。

耳に水が入ったのが原因か、帰宅してから左耳が聞こえにくくなった。

ネットで調べて、耳の水を抜こうと試みたが、なかなか抜けなかった。

一晩寝たら、自然と抜けているのじゃないかと思っていた。

翌日も聞こえにくかった。

そろそろ病院へ行ったほうが良いと思ったが、土日なので病院は休みだった。

土日の2日で、さらに音が聞こえなくなってきた。

 

月曜日、近くの耳鼻咽喉科へ行った。

3年前、同じ症状でこの医院に通ったことがあった。

その時は比較的症状が軽く、薬を処方されてから4、5日で完治した。

なので、軽く考えていた。

ところが、検査の結果、重症の突発性難聴だと告げられた。

治療が早ければ、治る確率は高いと告げられるが、罹患してからすでに6日が経過していた。

ステロイドで治療することになるが、治る確率は30%だと、医師はいう。

それも、完全に治るのは難しく、聞きづらさの残る可能性があると。

入院して点滴治療を受けることになるかもしれないと告げ、K中央病院を紹介された。

 

その晩、娘婿の父親が以前突発性難聴で入院したことを聞いていたので、電話で訊いてみた。

すると、やはり1週間入院して、ステロイドの点滴治療を受けたと話す。

何とか治ったようだが、やなり聴力が落ちたようだ。

翌日、K中央病院に出かけた。

紹介状を見た医師は、再度血液検査と聴力検査を指示した。

やはり、検査結果はかなり悪いという。

人生初めての入院になるのかと思いきや、ステロイドの薬を服用して治療することに。

 

「以前に輸血されたことがありますか」と、医師から尋ねられた。

血液検査の結果、以前ウィルス性肝炎に罹ってた痕跡があるという。

10年程前に献血を断られたことがあったが、その理由も同じだった。

いつのまにか、B型のウィルス性肝炎の罹患していたのだった。

肝炎ウィルスを侵されたことがある人は、ステロイド治療によってウィルスが蘇って悪さをする可能性があるそうだ。

だから、肝臓の数値に注意しながら、ステロイドの投与をしないといけないという。

軽く考えていただけに、何とも大げさなことになってきた。

 

プレドニンというステロイド薬12錠を飲むことから始まり、徐々に少なく服用していく治療になった。

入院して点滴治療を覚悟していただけに、自宅で治療が出来るのだから、少し気分が楽になった。

 

それから4日間、処方されたとおりステロイドを飲んで、再度病院へ出かけた。

症状はほとんど変わっていない。

薬の効果が全く感じられなかった。

不安な気持ちが募ってくる。

 

その日は消化器内科と耳鼻咽喉科で受診した。

消化器内科では血液検査と肝臓のエコー、耳鼻咽喉科では聴力検査を受けた。

自分自身良くなっている感じは全くなかったが、聴力検査の結果、少し改善しているという。

この後も、ステロイド薬の服用を続けて、結果を待つしかない。

治る確率は30%で、治ったとしても何らかの障害が残る可能性があると、再度告げられた。

 

歳を重ねるということはこういうことなのだろう。

人生、この先何が起こるか分かんない。

悲観しても仕方がない。

もっともっと、大変な病気を抱えている人が多くいるのだから。

author:金ブン, category:健康, 10:00
comments(0), trackbacks(0), - -