RSS | ATOM | SEARCH
難病と闘うこと

JUGEMテーマ:ニュース

 

そのニュースを聞いた時、16年前息子のガンを知らされた当時の気持ちを思い出した。

突然の出来事で、夢を見ているのではないかという気持ちだった。

しばらく、家族みんなが放心状態だった。

 

大学病院の小児病棟へ行くと、聞いたこともない病名の子供たちが入院していた。

多くはガンだった。

息子の病気は横紋筋肉腫というガンだった。

私が最初に病棟を訪れた時、休憩ルームには抗がん剤の影響で髪の毛が抜けた子どもたちがいた。

子どもたちは自分の不運な境遇にも関わらず、一様に無邪気で明るかった。

そんな子どもたちの様子に、私は少し気持ちが和らいだのを覚えている。

 

ガンはその種類や発症した場所によっても、治療方法が異なる。

息子と同じ横紋筋肉腫の子供も数人いたが、息子の病巣は胸の縦隔という部位で、かなり特殊だった。

担当医や専門医から細かく治療方針の説明を受けたが、症例が少ないだけに情報が少なかった。

 

保護者たちはガン闘病に関する情報を知りたくて、お互いの知識を交換していた。

それぞれが難病だけに、親として治療とどう向き合ったらいいのか、解らないことが多かった。

治療だけでなく、病院でのQOL(生活の質)、メンタル面のケア、治療費など、様々な問題が積み重なってくる。

患者を支える家族は次々とその難題を向かっていかないといけない。

 

妻や娘が大学病院で知り合った人たちの子どもに、白血病の患者が数人いた。

今でも、親交があるようだ。

その子どもさんたちは病気を克服し成長し、今では元気に通学しているという。

難病といわれるガンの中でも、白血病は治りやすい病気という印象がある。

日本成人白血病治療共同研究グループのサイトを見ると、< 65歳未満の急性骨髄性白血病では約80%が完全寛解となり、寛解例の40%前後が治癒するものと期待されています。>との記述があった。

 

連日、テレビや新聞で白血病のニュースが報道されて、骨髄移植のドナーがかなり増えたという。

骨髄移植のドナーは健康な人間が他人の命を救うことができる数少ない方法だと思う。

ドナー登録をしていた時、二度適合した患者が現れたとの連絡を受けて病院に出かけたことがあった。

二度とも移植まで進まなかったが、年齢制限(54歳)が無いのなら今でも移植する意思はある。

ドナー登録が増えれば増えるだけ、適合する確率が増え、助かる患者が増える。

 

I選手に、たくさんの人から励ましの言葉が届いている。

「水泳なんていい、とにかく長生きして」

一番印象深い言葉が、I選手のお祖母さんのこの一言だった。

author:金ブン, category:健康, 09:51
comments(0), trackbacks(0), - -
教師はつらいよ

JUGEMテーマ:ニュース

 

今週、小学6年生が父親からのDVで死亡した事件が連日報道されている。

ニュースでこの事件が伝えられて、注目されたのがアンケートを巡っての学校関係者の対応だった。

学校がいじめに関するアンケートを実施し、被害者の小学6年生の女児はそのアンケートに父親から暴力を受けていることを訴えていた。

児童相談所を始め、学校や教育委員会で対応し、女児の保護に努めたが、結局少女の命を救うことが出来なかった。

 

その対応の中で、父親からの恫喝に屈して、アンケートの内容を父親に開示してしまったことに批判が集まっていた。

連日テレビのワイドショーではアンケートを開示した教育委員会の対応の悪さに、批判の矛先が集中していた。

確かに、不手際な対応への反省は今後のDV事件に向き合うための参考になるだろうが…。

 

家庭内の問題に、学校関係者が踏み込むのはなかなか難しい。

この事件でも、教師や児童相談書の職員、教育委員会担当者が女児からの訴えに何とかしなければと、気を揉んでいたに違いない。

お腹を痛めて産んだ母親もいるし、祖母や祖父もいる。

まさか、父親がわが子を殺してしまうとは考えもしなかっただろう。

 

元凶は明らかに、この鬼畜のようなDVおやじだ。

この父親は近所や勤務先では評判が良かったという。

外面が良かったと聞くと、余計に腹立たしい。

どうして、妻や子供にDVを繰り返したのか、その経緯やおやじの精神構造を知りたいもんだ。

 

学校内ではいじめの問題が止まらない。

いじめを理由に自殺するケースが後を絶たない。

その都度、教師の対応がやり玉に挙がっている。

 

息子の友達で、小学生の教師になっている子がいる。

昨年息子の命日に、お参りに来てくれた。

憧れて教師になったそうだが、重労働に疲れている様子だった。

 

労働基準法に定める法定労働時間は「週40時間」だが、教師の場合「週60時間以上の勤務」は当たり前だとか。

厚労省が過労死ラインとするのが「月80時間以上の時間外勤務」だというが、それを軽く超えているという。

悲しいかな、それらはすべてサービス残業で、時間外勤務や休日勤務の手当は支給されていない。

時間外労働については「原則として時間外勤務を命じないものとする」となっているからだ。

 

息子の友達は同じ教師と結婚しひとり子どもが出来たが、最近離婚してしまった。

 

いじめ問題を取り上げている際、ワイドショーのコメンテーターが「教師は聖職だ」と言ったりするが、教師も家庭を持ち給料で生活している労働者なのだ。

 

最近「友達幻想」を読んだ。

ある番組で、お笑い芸人で芥川賞作家のピース・又吉直樹が紹介して、最近話題になった本だ。

社会学専門の著者が中高生に向けた実用的社会学の本として、10年前に出版された。

学校では友達と当たり前のように仲良くできて、自分をすべて受け入れてくれるという幻想を抱くべきではなく、友達は怖い存在にもなるし、脅威を感じる存在にもなる。

学校とはそんな「苦味」を教えるところだという。

 

教師にしても、生徒の記憶に残るような先生をめざすことは必ずしも必要ない。

金八先生のような熱血漢のある教師が生徒たちから信頼を得るというのはドラマのお話で、<真剣にぶつかれば心を開いてくれる、というのはすごくラッキーなこと>なのだ。

 

頻発するいじめ事件、攻撃的なモンスターペアレンツ、部活でのパワハラ・セクハラ問題…。

昨今、学校教育に関わる職業は大変だ。

直面する教師は尚つらい。

学生の時、教員免許を取ろうと考えたこともあったが、とても私のような気弱な人間には務まらなかっただろう。

 

DVやいじめは連鎖するという。

やられた人間は標的を探して、その行為を繰り返す。

今も至る所で起こっていんだろうなぁと思うと、殺伐とした気分になる。

author:金ブン, category:社会ネタ, 09:55
comments(0), trackbacks(0), - -
カレー愛

JUGEMテーマ:グルメ

 

イチローが毎朝カレーを食べていたことは有名な話だ。

(最近、毎朝は食べていないそうだが)

その影響で、朝カレーなるものが流行した。

晩御飯のカレーは翌朝温めて直して食べると、より美味しくなる。

 

私は小さいころからカレーが好きだった。

カレーうどん、カレーピラフ、カレースープなど、カレー風味の料理も好きだ。

会社勤めをしている時、食欲が無い昼食にはカレーを食べることが多かった。

カレーなら、食欲が湧かない時もすっと口に入った。

 

我が家では晩御飯にカレーをすることが少ない。

義母が香辛料の利いた食べ物を摂ると、咳が止まらなくなる。

義母の晩御飯は私たち夫婦と一緒に作っているので、妻はカレーを作らないのだ。

 

今年から、自分でカレーを作って食べることにした。

もっとカレーを食べたいということもあるが、もうひとつ理由があった。

退職してから台所に立つことが多くなり、冷蔵庫に余っている食材が妙に気になるのだ。

 

レンコン、ジャガイモ、大根、白菜、オクラ…。

少しずつ、冷蔵庫の片隅に忘れられたように残っている。

それに、食べきれないおかず(筑前煮、おでん、かぼちゃ煮)もある。

これらの食材たちを気持ちよく食べてあげることはできないだろうか。

そんな思いからカレーが思いついたのだ。

 

カレーハウスCoCo壱番屋ではいろんなカレーを試しているという。

曰く、カレーはほとんどの食材によく合うそうだ。

余ったおせち料理さえもカレーで煮ると食べられる。

さすがに、塩辛はダメだったらしいが。

やはり、辛いものはちょっと合わないのだろう。

 

ということで、1月、4回カレーに挑戦した。

毎週1回はカレーを作って、昼に食べている。

今週はもらった大根がたくさんあるので、入れてみた。

ルーはハウスのこくまろ辛口だが、ルーだけではあまりコクが出ない。

 

コクを出す方法として、インスタントコーヒーや野菜ジュースを入れるとか、少しソースを足すとか、チョコレートやはちみつを入れるとか、ネットで紹介されている。

しかし、今はルーだけを変えるだけで、作っている。

これから、いろいろと試してみるつもりだ。

 

 

1月22日は「カレーの日」だった。

昭和57年のこの日に、給食のメニューとして全国の小中学校で一斉にカレーが出されたという。

 

カレー・オブ・ザ・イヤー2019というカレーのイベントで、写真のような今どきのカレーが新規事業部門で受賞したという。

これも、カレーだ。

 

author:金ブン, category:グルメ, 09:57
comments(0), trackbacks(0), - -
「ボヘ・ラプ」を観る

JUGEMテーマ:映画

 

先週、ボランティアの会の新年会が終わってから、メンバーの人たちとカラオケスナックへ出かけた。

89歳の男性は戦前の歌を懐かしがりながら歌い、84歳の女性は天童よしみやの演歌を歌い、私は松山千春や槙原敬之を歌った。

そんな中、一番若い60歳の女性は「ボヘミアン・ラプソディ」、「WE WILL ROCK YOU」と<クィーン>の曲を連続して歌っていた。

その女性曰く、「若いころ、私、めちゃクィーンにはまってたの。」

 

私は<クィーン>というロックバンドの名前は知っているが、曲をほとんど聴いたことがなかった。

最近、映画「ボヘミアン・ラプソディ」が大ヒットしていると聞いた。

ビートルズ以外、ブリティッシュロックを知らない私が「クィーン」というロックバンドの伝記映画を観て感動できるのか。

宝塚シネピピアに出かけたのだが…。

 

上映10分前に映画館のロビーに着いて、驚いた。

いつも閑散としているのに、年配の女性たちであふれている。

まさか、と思ったが、そのまさかだった。

 

受付の女性曰く、「1時間前にチケットは売り切れました。次の上映は…」と、夜の上映時間を告げる。

平日月曜日の昼なのに、満席とは…。

そんなに、素晴らしい映画なのか。

これは絶対観ないといけない、と期待が高まってくる。

 

スマホで伊丹イオンのTOHOシネマズにアクセスすると、ほとんど空席だった。

予約を入れて、急いで映画館に向かった。

TOHOシネマズでは観客は少なかった。

シネピピアの混雑は何だったんだろう。

 

1985年のライブエイドを私はテレビで観ている。

クィーンが演奏していた記憶は全くないのだが。

あの頃、「We are the world」がテレビで放送され、その映像を見て興奮したものだ。

マイケル・ジャクソン、ボブ・ディラン、スティーヴィー・ワンダー、ポール・サイモン、ビリー・ジョエルなど、名立たるシンガーたちが歌うシーンは圧巻だった。

この後、アメリカとイギリスの会場でライブエイドが開催され、テレビ放送された。

このコンサートにも、大物のシンガーが次々と登場している。

ボブ・ディラン、クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング、ポール・マッカートニーが演奏していたのを覚えている。

だが、ディランの演奏がかなりお粗末なものだったので、失望した印象しかない。

 

「ボヘミアン・ラプソディ」はクィーンという伝説のバンドが結成からスーパースターに上りつめるまでの物語だ。

ラストはライブエイドでの演奏シーンで、「魂に響くラスト21分」とコマーシャルされている。

だが、実際の演奏シーンを忠実に再現したものだ。

 

私はライブエイドの会場のことを思い出していた。

30年以上前、会場の風景をテレビで観て、大きな会場にギュウギュウ詰めされた観客に驚いた。

トイレに行きたくなったら、どうするのだろうと、いらん心配をしたものだ。

それは余計な話だが、演奏の再現ドラマにそれほど心が震えなかった。

むしろ、「クィーン」というバンドが遭遇する内紛や葛藤が人間臭くて、面白かった。

 

ボーカルのフレディ・マーキュリーがトップスターに上り詰め、酒と恋におぼれて孤立していくシーンは切ない。

成功しても、人生は思い通りにいかないものだ。

新聞で読んだ「人生は長患いのようだ」という言葉を思い出した。

 

伝記映画としては史上最高の興行収入を上げており、その熱はまだ冷めないようだ。

今週、日本での興行収入が100億円を超えたという。

 

YOUTUBEにはライブエイドでの実際の演奏がアップされている。

映画を観た後で見ると、新たな感動がある。

author:金ブン, category:映画鑑賞, 10:01
comments(0), trackbacks(0), - -
趣味のお手伝い

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今朝「サワコの朝」に出演していた、漫画家ヤマサキマリの話は面白かった。

「テルマエ・ロマエ」は映画で知っていたが、この人の生き方はなかなか興味深い。

いろんな経験をすることが人生の面白さなんだろう。

 

年末から年始にかけて、慌ただしく時間が過ぎていく。

年を取るごとに、時間の早さを強く感じる。

新たな年になった1月は特にそう感じるようだ。

 

そして、何か習い事を始めたいという欲望が湧いてくるのだろう。

 

先週、お友達のNさん(70代の女性)から、メールが届いた。

パソコンを買いたいので、電器店に付いてきてほしいという内容だった。

Nさんは英会話で知り合ったお友達で、昨年末に「パソコンを教えてほしい」と言われていた。

私が公民館でパソコンを教えているのを、英会話の知人から聞いたという。

Nさんは全くの初心者という。

パソコンで何がしたいのか、目的がはっきりしない。

 

必要に迫られると、パソコンは上達するものだ。

漠然とパソコンを使いたいというのはなかなか続かない。

気まぐれに言っているのだろうと思っていた。

パソコンを買うというのだから、本気のようだ。

 

今週、電器店で待ち合わせをした。

もうひとり、パソコンを教えてほしいというFさん(この人も70代後半の女性)も一緒にやってきた。

私は電器店でパソコンを見るのは久しぶりだった。

様々な種類のパソコンが並んでいて、さずがに初心者が選ぶのは難しい。

 

店員が付いてきて、「4月から新型が入るので、今は安くなっています」と、2枚に重なった値札をめくって、「20万円が15万円になっています」と購買を促そうとする。

私は今まで5万円程度のパソコンしか買っていなかったので、最近のパソコンが高くなっているのに驚いた。

今どきの動画やゲームなど情報量の多いデータを動かすには、それ相応のスペックを搭載している必要があるのだろう。

CPUやメモリー、ハードディスクの容量、搭載しているソフトなど、店員が説明するが、初心者にはその説明が皆目理解できない。

値段の根拠が読み取れないのだ。

 

この日の数日前、私はパソコンを販売している知人の社長に、初心者向けのパソコンはどんなものが良いか、事前に問い合わせて情報を得ていた。

これから始める人なので、高度なスペックは必要ない。

10万円以下のもので、十分なのだ。

 

初心者のNさんは全く分からないので、同行した私の一言で決まってしまう。

これで良いじゃないかという商品はあったが、1軒目で決めるのは軽率な気がしたので、近くの電器店でも探すことにした。

 

次に訪ねた電器店のほうがパソコンの種類が豊富だった。

日本のメーカーのほかに、比較的安いデノボやデルも並んでいた。

値段が10万程度で、CPUとメモリーがそこそこ良いパソコンがあったので勧めようと思ったが、ちょっと時間を置いたほうが良いのじゃないかという考えに至った。

冷静になったら、Nさんのパソコン熱が冷めるような気がした。

 

「コーヒータイムにしましょうか」と私が言うと、ふたりの老女は揃ってほほ笑んだ。

Fさんのマンションが近いので、そこでコーヒータイムになった。

NさんもFさんも時々海外旅行に出かけたりして、経済的には裕福な身分だ。

お金はあり、ある程度健康(足腰は衰えているようだが)であり、それにあり余る時間もある。

老人としては恵まれた境遇にいるといえる。

 

とにかく、暮らしに充実感を持たせたい。

英会話にも飽きてきたので、パソコンに白羽の矢が立ったようだ。

そこに、ボランティアで教えてくれる私がいたのだ。

 

コーヒーを飲みながら話をしていると、NさんとFさんに加えて、もうひとり学びたい人がいるようで、結局3人に教えることになりそうだ。

 

真剣に、初心者用のパソコン教材を読まないといけない。

author:金ブン, category:人生, 10:04
comments(0), trackbacks(0), - -