RSS | ATOM | SEARCH
推薦図書

JUGEMテーマ:読書

 

学生の頃、私は塚本にある菓子メーカーの工場でアルバイトをしていた。

アルバイトはちょっと変わった作業だった。

アーモンドチョコレートを作る過程で、小さな金属が入った可能性があることが判明したという。

そこで出来上がったすべてのアーモンドチョコレートをパッケージから出して、検査機に通す作業をすることになった。

その単純作業を、学生相談所を通じてアルバイト学生に依頼したのだ。

パッケージから出すのは女子工員たちの仕事で、私は包みから出されたアーモンドチョコを検査機に流す役目だった。

一日中やっていても、金属片を感知する音は鳴らなかった。

単純な作業の繰り返しは5日間程続いたと記憶している。

その時、アーモンドを運んで来るひとりの女子工員と親しくなった。

恐る恐るデートに誘うと、快く受けてくれた。

 

難波の喫茶店で差し向かいになったが、あまり会話が進まなかった。

彼女も緊張してと思う。

苦しまぎれに趣味を訊くと、「読書」だと言っていた。

デート後に工場で会った時、私は少し前に読み終わっていた本を渡した。

その本は石川達三の「稚くて愛を知らず」だった。

幼いころから両親の溺愛を受けて、全く世間知らずの清らかな少女に育った主人公が結婚生活の中で現実に向き合い、思わぬ行動を繰り返す物語だった(ように思う)。(内容はうる覚えだが)

結婚の本質を追求した内容で、主人公が結婚生活の中で繰り広げる非常識な行動が面白かったのを覚えている。

 

気に入ってもらえると思っていたが、数日後、「私には無理です」と本を返された。

後日社員食堂だったと記憶しているが、本を読んでいる彼女を見つけた。

彼女の読んでいた本は「ハーレクインロマンス」だった。

石川達三の小説とは描く世界があまりにもかけ離れている。

甘党好きに激辛せんべいをあげたような…。

 

相手に本の贈り物をするときは、相手の趣向を踏まえないといけない。

そんな当たり前のことを知らない若造だった。

 

今、私はボランティアガイドの会の会報を編集している。

編集していると、記事と記事との間に空間が生じる。

その空間を埋めるため、簡単な紹介記事を書いて推薦図書を紹介している。

紹介する本は会の目的に合った、郷土の文化財やゆかりの人物などになる。

ネットや図書館で、読みやすそうな歴史本や偉人伝などを探している。

 

人に薦める本を見つけるのは難しいと感じている。

author:金ブン, category:読書, 10:08
comments(0), -, - -
Comment