RSS | ATOM | SEARCH
珍メニュー

JUGEMテーマ:グルメ

 

今年の2月、「珍味」というお題で、牛丼チェーンの珍しいメニューを紹介した。

その中で、他店との差別化を色濃くしたメニューを揃えている「S家」のゲテモノぶりを取り上げた。

その時は、「クリームチーズ アラビアータ牛丼」なるものを食べたレポートだったが、他にもおろしポン酢牛丼、かつぶしオクラ牛丼、高菜明太子牛丼、わさび山かけ牛丼などのメニューがあることを書いた。

S家のメニュー路線はあくまでも、真似されない料理を提供することのようだ。

(もちろん、S家の路線を批判するものではない)

 

そして、夏といえば、「土用の丑」、夏の定番料理といえばウナギである。

S家でウナギといえば、「うな牛」なのだ。

今年、「うな牛」のテレビCMには石原さとみが登場している。

人気女優を採用しているところに、「S家」がこの(ゲテモノ)メニューに力を入れていることが想像される。

 

CMで石原さとみは牛丼の肉の上にウナギを乗せて、頬張っている。

何とも、美味そうな映像だが、甘ダレのウナギと醤油ダレの牛肉を同時に口の中へいれるとどんな味なのだろうか。

想像が出来ない。

 

そこで、食べてみた。

牛丼で、890円(並)とは高い印象を受けるが、なんせ牛肉にウナギなのだから、そんなもんだろうと納得。

CMのように、ウナギに箸で切り、上に牛肉を乗せて食べてみる。

別々の料理なのに、一緒に食べても違和感がない。

牛丼の醤油ダレの少し甘めと、ウナギの甘ダレと同化している。(ちょっと、言い過ぎか)

スタミナ料理の定番がそろい踏みしているのだから、強力なスタミナ注入が感じられた(ような気がする)。

 

 

S家のメニューコンセプトはとにかく牛丼とコラボを出来そうな食材を探し出すことのようだ。

 

再度S家へ出かけた。

牛丼とのコラボメニューが並んでいる。

新メニューはオムレツと牛丼の組み合わせだった。

これは味見をしなくても、合いそうなイメージがする。

コラボが無理そうなメニューを探してみた。

その中から、「高菜明太マヨ牛丼」を注文してみた。

牛丼の上に高菜が乗り、さらにその上に明太子のマヨネーズが重ねてある。

畜産業者と野菜農家と漁師のコラボレーションを、混ぜながら食べてみた。

食レポは苦手なので、コメントが難しい。(想像してください)

 

 

平日昼時で、店内は客でにぎわっていた。

珍メニューを食べている人がいるのか観察したが、ほとんどの人は牛丼を注文していた。

ひとりの客が、ライトの牛丼を注文していた。

それぞれのメニューに、ライトと書いた料理が付いている。

料金はふつうの料理と同じだ。

それはご飯が豆腐に代えてあるものだ。

炭水化物を少なくして、カロリーを減らしている。

カロリーオフを求める女性を意識しているのだろう。

これも、企業努力の一環だ。

 

料金を払って店を出ようとしたとき、偶然ボランティアの会の知り合いに出会った。

その人も、S家の異色メニューを食べにやってきたという。

結構物好きな人はいるものだ。

author:金ブン, category:グルメ, 10:05
comments(0), -, - -
Comment