RSS | ATOM | SEARCH
ネットで購入

JUGEMテーマ:日記・一般

 

コロナウイルスの影響で、宅配業者は大忙しだ。

自宅での自粛生活が長引く中、ネット購入がかなり増加しているという。

我が家も、今回の自粛生活では何点かネットから購入したが、失敗もあった。

 

パソコン用の録音マイクを買った。

通常Windows10にはカメラ機能とカメラ画面の録画機能が付いている。

だが、録音した音声が小さくて聞こえなかった。

設定を変えても、大きくならない。

そこで、アマゾンで探して、4000千円程度のコンデンサーマイクを買った。

コメントの評価も良かったが、3つのコメントが最低の1だったのが少し不安ではあったが…。

 

 

1週間ほどで、配達されてきた。

早速、設定してみたが、パソコンがデバイスとして認識しない。

他のパソコンで試してみたが、全く反応しなかった。

販売代理店に苦情のメールを送信した。

すぐに、女性名で解決策が返信されてきた。

しかし、試してみたが、結果は同じで、使いものにならなかった。

再度、「返品するから、新品と代えてくれ」とメールすると、すぐに「Windows 10システムがソフトウェアを更新したため、マイクとの非互換性の問題が発生する可能性があります。」との返信が来た。

そして、「当店の返金手続きは完了致しましたが、返品の必要がありません。」と、書かれていた。

すると、アマゾンからすぐに「返金の手続きが完了しました」とのメールが届き、買った金額分のアマゾンポイントが私のアカウントページに入っていた。

使いものにならないマイクが手元に残った。

製品には「メイド・イン・チャイナ」と書かれていた。

結局、録音用のマイクは近くのヤマダ電器で買った。

 

「メイド・イン・チャイナ」といえば、妻が買った非接触体温計も中国製だった。

95歳の父親は耳が遠く、体温計で測り終わった後のピッピッという音が聞こえないらしく、上手く測れない。

そこで、テレビでよく目にする非接触型の体温計を買うことにした。

妻がネットで調べると、日本製はかなり高いが中国製だと7千円程度の安い商品があった。

早速注文したが、商品が届くまで3週間ほど掛かった。

届いた商品の箱を開けると、商品に書いてある操作方法も説明書の文字も中国語だった。

どれを押せばいいのか、解らない。

中国人と結婚した妻の友人に、画像を送って訳してもらった。

友人曰く、製造元の会社は中国でも信頼のおける企業だという。

早速、家族の体温を測ってみた。

父親が36.7の表示になり、次に私と妻を測ると、同じ36.7と出る。

妻の平熱は36度以下なのだが…。

それから、毎朝測っているが、父親の体温はほとんど、36.7前後。

これまで使っていた体温計で測りなおすと、それよりも0.3から0.5度低い。

信頼性に乏しい感じだが、37度を超えていることがないので、まぁいいかという感じで使っている。

 

 

他にもネットでは、父親の替えズボン、歯間ブラシ(薬局で売っていないLLサイズ)、スマホ用スタンドなどを買った。

 

パソコンを使っていて、思わず買ってしまったものもある。

世田谷自然食品の「グルコサミン+コンドロイチン」入りのサプリメント。

テレビショッピングを見ていて、気になっていた商品だ。

膝関節や股関節の調子が悪い人にお薦めという。

最近、膝も股間も動きが悪く、買ってみようかと思っていた。

テレビCMでは「30分以内にお申込みの方に、1箱1000円で提供」と、通常価格を下げて購買欲を掻き立てる。

しかし、これまで同種の他のサプリメントを試したことはあったが、効果に疑問を持っていたので、その時は買わなかったのだが…。

数日後ヤフーメールを使っていた時、突然メールボックスの横に、世田谷自然食品の「グルコサミン+コンドロイチン」の広告が登場した。

私がこの商品を調べようとネットで検索していたので、自動的に広告が表示されたのだ。

Webサイトの内容と関連のない内容の広告が表示される「追跡型広告」だ。

値段を確かめてみようと、何気なくクリックしてしまった。

テレビショッピングと全く同じ価格で、提供されていた。

テレビで言っていた「30分以内にお申込みの方に、1箱1000円で提供」は結局ずっと同じ価格なのだ。

ところが、人間の心理は分からないもの。

買うつもりなどなかったのだが、1度試してみようかという気持ちになり、おひとり3箱までという宣伝文句にも釣られて、3箱買ってしまった。

その時は足の調子が悪かったので、つい衝動買いしてしまった。

今、毎日8錠飲んでいるが、関節の調子は一向に変わらない。

 

「騙されたと思って、一度買ってみよう」とする買い物は大概騙されるものだ。

author:金ブン, category:社会ネタ, 09:49
comments(0), -, - -
Comment