RSS | ATOM | SEARCH
珍味

JUGEMテーマ:グルメ

 

1月、友人からチマキをもらった。

その友人はベトナム人留学生に日本語を教えていて、生徒が作ってくれたという。

 

 

ネットで調べると、このチマキはバインチュンといって、ベトナムの旧正月(1月25日)に食べる伝統料理なのだ。

竹日の皮で包んであった。

原材料は、もち米や、緑豆、豚肉、コショウなどとネットに書いてある。

中国のチマキと違ってかなりの薄味で、醤油を垂らすか漬物などと一緒に食べると食べやすい。

日本人の口に合うかどうかは疑問だが…。

 

最近外食チェーンで、珍しい外国料理のメニューを販売して、話題になっている。

先日サイゼリアに行くと、「アロスティチーニ発売中止」の貼り紙があった。

アロスティチーニはラムの串焼きで、イタリアアブルッツォ州の名物料理という。

発売するとSNSで話題になり、原料が不足するほど注文が入ったそうだ。

 

話題のメニューといえば、牛丼・定食の「松屋」でもSNSで拡散しているメニューがある。

ジョージア料理の「シュクメルリ」。

 

 

ジョージア国はトルコとロシアに挟まれた、黒海に面した国だ。

以前はグルジアといった。

 

早速、近くの「松屋」で、食べてみた。

ニンニクとチーズのソースで鶏肉を煮込んだ鍋料理で、サツマイモが入っていた。

ヨーロッパの人はジャガイモを良く食べると聞いていたが…。

とにかく、ニンニクが良く効いている。

平日昼食時、ロードサイドの店内はビジネスマンや運送関係の男性客が多く、ほとんどの客は牛丼やカレーを食べていた。

ニンニクの香りが強すぎて、「シュクメルリ」は対人商売の昼食には向かない料理だ。

日本人向けの味付けにしているのか、異国風の珍しい味付けには感じられなかった。

 

同じ牛丼系の外食チェーンで、気になるのが「すき家」のメニューだ。

この店舗はゲテモノに近いメニューを提供している。

たとえば、夏のウナギのシーズンには「うな牛」なる牛丼を販売している。

 

 

その名の通り、牛丼にうなぎが付いているのだが、このコンビがちょっと異様すぎてまだ食べていない。

昨年はペペロンチーノ牛丼というのを発売していた。

食べに出かけたが、残念ながら販売が終わっていた。

ところが最近、またしても、ゲテモノ風のメニューを販売していた。

「クリームチーズ アラビアータ牛丼」だ。

こんどこそはと、すき家に足を運んで、食べた。

 

 

 

定番の牛丼に、とろけるチーズとサイコロチーズが乗っかっていて、その下には辛みの効いたトマトソースが横たわっている。

とにかく、ややこしい味だ。

複雑すぎて、舌が錯乱状態になる。

しかし、となりの席に座っていた若者は美味そうに(?)食べていた。

 

他にも、おろしポン酢牛丼、かつぶしオクラ牛丼、高菜明太子牛丼、わさび山かけ牛丼と、他店との差別化を色濃くしたメニューをそろえている.

すき家のメニュー路線はあくまでも、真似されない料理を提供することのようだ。

(誰も真似しないだろう)

 

今週、京都観光した娘が「今井食堂」のサバ煮を買ってきた。

相変わらず、店頭では行列が出来ていたようだ。

 

 

京都営業所に勤めていた時一度上賀茂まで出かけて食べたことがあるが、骨まで溶けるほどに煮込まれたサバが絶品だった。

煮魚があまり好きではなかったが、パクパクと食が進んだのを思い出す。

懐かしい味だ。

 

 

(追記)

現在、世間は珍味どころではない。

いろんなイベントや仕事が中止になり、自宅で過ごすことが多くなっている。

今活動している文化財ボランティアの会も史跡巡りのガイドはなくなるし、シルバー人材センターのイベント中止とともに、仕事もなくなった。

この際だから、ホームワークでパソコンに向かっている。

author:金ブン, category:グルメ, 10:13
comments(0), -, - -
Comment