RSS | ATOM | SEARCH
漫才で笑うこと

JUGEMテーマ:日記・一般

 

ブームの時もあまり漫才を観ることはなかった。

M1グランプリやTHE MANZAIもほとんど観なかった。

早いしゃべくりの掛け合いだったり、自虐ネタだったり、どついたりしている漫才に笑えなかった。

それに会場が笑いの渦に包まれているのが、どうも不自然に思えた。

 

ところが、ナイツの漫才は違った。

落語の寿限無が出てくる「野球の話」を観た時、その構成がすごいと思った。

他にも、「Kの呪い」、「ヤホーで調べてきました」、「土屋の歌に塙がツッコミを入れる歌シリーズ」など、バリエーションに富んでいる。

塙のボケと相方土屋のツッコミが絶妙で、聞きやすい。

最近、ナイツの漫才を聞きながら眠るようにしているので、ネタをほとんど覚えてしまった。

 

毎週土曜日の午前中関東地区で放送されている「ナイツのちゃきちゃき大放送」が、放送後にyoutubeにアップされている。

冒頭に時事ネタ漫才や毎週ゲストが登場するコーナーがあり、ナイツの軽妙な会話が聴かれるので、面白い。

 

最近、「言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか」という本が話題になっているというので読んだ。

ナイツの塙の口述をライターが筆記している形態になっているが、M1グランプリの審査員として参加している立場から、漫才という話芸や賞レースの極意など、徹底的に芸能としての漫才を分析している。

漫才師を志す若者にとって、かなり参考になる本だと思う。

 

中川家、スリムクラブ、スーパーマラドーナ、笑い飯、アンタッチャブルなどなど。

本に登場するコンビの漫才のすべてを、youtubeで観察しながら、読んでみた。

だが、塙が高く評価している漫才はほとんど笑いの琴線に触れなかった。

観客が大笑いしているのが理解できなかった。

 

「昔のお客は笑うまいとし、いまのお客は、とにかく笑おうとする。」

朝日新聞の「折々のことば」に掲載されていた、立川談志の言葉に、頷いてしまう。

 

昨年のM1グランプリで優勝したミルクボーイの漫才は笑いのツボにはまった。

ボケよりもツッコミが笑いを呼ぶ、新しい型の漫才だった。

新聞の論評にも、ツッコミの時代登場と書かれていた。

 

「滋賀」

https://www.youtube.com/watch?v=j-htiRPGs9w

「一線」

https://www.youtube.com/watch?v=BaKWxslE7IA

 

ただ、ミルクボーイの欠点はワンパターンの掛け合いかも…。

author:金ブン, category:芸能, 09:30
comments(0), -, - -
Comment