RSS | ATOM | SEARCH
薬疹

JUGEMテーマ:健康

 

還暦を迎えるまで、ほとんど薬を服用することがなかった。

風邪に罹っても、出来るだけ薬を飲まないようにしていた。

薬の副作用が気になった。

それでも、若いころは薬に頼らなくても、体力で回復したものだ。

 

歳とともに、薬に頼らないといけない状況に陥ってくる。

 

定年前、会社の健康診断で喉元の腫れを注意され、甲状腺の医院で橋本病と診断されてから、毎日チラーヂンという薬を飲み始めた。

薬とのお付き合いの始まりだった。

それも1年ぐらいで数値が改善したので、薬の服用をやめた。

 

退職すると今度は血圧が高くなりだしたので、血圧降下剤を飲み始めた。

両親も血圧が高かったので覚悟はしていたが、血圧計は140〜150の数値を指すようになると、薬嫌いと拒否するわけにはいかない。

医者は「心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高くなりますよ」と脅すようにいう。

 

さらに、特定健診の血液検査ではコレステロール値が高いとの指摘を受けた。

コレステロール値が高くなると、「心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高くなりますよ」と再び言われ、コレステロールを下げる薬を飲み始めた。

 

血圧とコレステロールの薬は老人の多くが服用していると、医者は言う。

「歳を取ったから仕方がないか」と、毎朝一錠づつを飲み続けることになった。

 

今年に入り、さらにいろんな病気に見舞われた。

3月突発性難聴に罹り、多量のステロイド剤を1週間服用することになった。

何とか耳が聞こえるようになると、今度は胃腸が悪くなり、胸やけ・膨満感・ムカつきが付きまとい、ゲップが頻繁に出るようになった。

胃カメラの検査をした結果、内科医から逆流性食道炎と言われ、胃薬を飲み始めた。

 

7月には脳梗塞の症状が出て1週間入院。

退院してから、血圧・コレステロールの薬に加えて、血液をサラサラにする薬を毎朝飲み始めた。

 

2週間前、股関節の治療で神戸の整形外科を訪ねると、2週間のロキソニンを処方された。

痛みを抑える薬はあまり気が進まなかったが、股関節の炎症を抑えるために服用してくださいというので、仕方なく飲み始めた。

1週間が経った朝、起きると身体のあちこちに虫に噛まれたような痕が出来て、痒いのだ。

何かの虫に刺されたのだろうと思っていたが、数日すると体中に発疹が広がっていた。

 

急いで、皮膚科で診察を受けると、「薬疹」だというのだ。

薬の影響からの発疹だ。

医者にお薬手帳を見せた。

すると、「その時の体調に影響されるのでどの薬とは特定できないが、ロキソニンが疑われる」と、いう。

そして、塗り薬とともに、飲み薬を与えられた。

数日後、発疹はほとんど消えていた。

 

身の回りにいるお年寄りたちに聞くと、ほとんどが何らかの薬を飲んでいる。

94歳の父親も毎日、10錠以上の薬を服用している。

父親のような長生きを望んでいるわけではないが、とにかく健康のままでコロッと天国へ行きたい。

 

食事療法や運動などで健康を保てればと思うのだが、現実は厳しい。

加齢とともに、さらに薬のお世話になるだろう。

author:金ブン, category:健康, 09:45
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。