RSS | ATOM | SEARCH
とにかく、涙もろい。

JUGEMテーマ:日記・一般

環境大臣に就任したK氏のオフィシャルサイトに、自身の短所を「涙もろいところ」と書いている。

最近異常に「涙もろい」私はシンパシーを感じてしまう。

 

先週、ボランティア活動の知人とカラオケへ行った時、「涙もろい」失態を演じてしまった。

何曲か歌った後、私は迷いながらもはなわの「お義父さん」を選曲してしまった。

なぜ迷ったかというと、前日この歌をYouTubeで練習していて、涙がこぼれてしまったのだ。

ひょっとしたら、歌いながら泣いてしまうのではないという心配が若干あった。

だが、次に歌う曲が思いつかないまま、「まさか、こんな賑やかな場所で泣くことはないだろう」と思い、選曲してしまった。

歌う前に、「結婚式の3か月後に、ガンで亡くなったお義父さんに」と、自ら涙腺が緩むような前口上を言ってしまったのだ。

歌い始めて数分後、胸が詰まって声がうわずり、最後は涙で歌えない状態に突入。

前半のコミックな歌詞に笑っていた知人たちは静かになり、いつも明るい84歳のお婆さんは気まずい空気をほぐす様に「頑張れ!」と声を掛けてくれたり…。

 

 

先週から今週にかけて特に、うれしい涙、感動の涙、悲しい涙と、涙腺が緩み続けた。

 

阪神タイガースの横田慎太郎の引退試合は涙なくして、見られない映像だった。

ドラフト2位で2014年阪神に入団した横田選手は代打の神様と呼ばれた桧山進次郎の背番号24を引き継いで入団するほど、将来を期待された選手だった。

2017年に脳腫瘍と診断され、半年間入院治療に励んだ。

復帰に向けて練習に参加したが視覚面に障害が残り、実戦への復帰に至らなかった。

引退セレモニーでは選手たちの胴上げや両親との記念写真など行われ、その映像に私の涙腺が緩んだ。

今年の阪神では大腸がんから復帰した原口選手が復帰初打席でタイムリーヒットを打ったニュースが放送され、ヒーローインタビューを見た私は思わず涙を流した。

 

感動の涙といえば、ラグビーのアイルランド戦の勝利。

ケガが多いスポーツだけに、故障とリハビリの苦労話が涙を誘う。

苦労話を伝える選手が泣くと、もらい泣きしてしまう。

                                              

とにかく、ツボにはまると、急に涙腺が緩むのだ。

以前、大学の友人の退職祝いで夫婦で集まった時、友人夫婦の会話に思わず泣いてしまったことがあったし、息子とドラえもんを観に行った時もドラえもんが未来へ行ってしまうシーンで、のび太くんが「ドラえもん、行かないで」と泣いているのを見て涙があふれてしまったこともあった。

 

先日涙もろい私にと、友人から「父と子の旅路」という本を薦められた。

「読むときはタオルが必要やで」とも言われた。

昨日図書館から借りてきて読み始めたが、涙の予感がする。

author:金ブン, category:自己紹介, 09:09
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://kanablog1.kanabun-jun.com/trackback/858282