RSS | ATOM | SEARCH
スマホの契約更新

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今のIPhoneを買ったのが2年前で、現在更新期間に入っている。

更新期間に、今のままスマホを継続するか、他に乗り換えするか、決める必要がある。

 

ところが、自分がどんなプランに入っているか、料金体系はどうなっているのか、詳しく知らない。

買った時は店員の言われるまま、内容を理解することもなく買い替えたのだ。

 

2年前ソフトバンクだったが、Ymobileが安かったので乗り換えた。

ソフトバンクもYmobileも同じグループなので、店員も乗り換えに積極的だった。

格安スマホが登場していたので、他のキャリアに乗り換えられるよりマシなのだろう。

それまでソフトバンクで8千円程の料金を払っていたが、新しい機種代金の分割払いを加えても、乗り換え後のYmobileでは3千円ほど安くなって、毎月5千円程度になっていた。

(それでも、格安スマホが登場する現在、この価格は不満だ。)

 

更新になると機種代金は2年間で払い済みなので、その分が安くなるはず。

そのあたりと確かめておこうと、Ymobileの店舗に行って説明を受けた。

だが、その説明がどうも判りにくい。

機種代金には割引キャンペーンが付いているので、その全額が安くなるわけではないとの説明をする。

説明が判りにくいので他の店で訊いてみると、機種代金は全額無くなりますともいう。

さらに3件目の店舗に出かけて執拗に確認すると、機種代金は全額無くなるとのことだった。

店によっては、新しい機種に替えさせて、継続させる魂胆があるような…。

 

今回、改めてスマホの案内パンフレットを確認してみたが、分かりづらい。

いろんなタイプが並んでいて、どれがどう違うのか判別がつきにくい。

2年前にソフトバンクからYmobileに乗り換えるときも、店員がいろんな説明をするのだが、ややこしくて理解できなかった。

最後には、「好きにしてくれ」という気分になってしまった。

 

余談だが、かんぽ生命の不正契約の問題も、商品説明の判りにくさだった。

生命保険の複雑な契約内容はなかなか理解できない。

それに、あの細かい文字で書かれた契約書を、丁寧に読んでいる人なんていないだろう。

老人なら、なおさらだ。

理解力の衰えた老人の弱みに付け込むのは何とも卑劣な行為だ。

 

もっとスマホの契約に理解を深めなければならないという思いもあって、今回の更新期間にあたって、乗り換えるための説明を聞きに行った。

ちょうど近くのショッピングモールに、楽天モバイルの店舗がオープンしていた。

店舗には「だれでも、月額1480円」のポスターが掲げられている。

<1480円は安いじゃないか>と思ったが、料金の横に小さな(※)が付いている。

この※がミソで、<新規申し込み時に3年契約することと3年目以降は2980円になる>と、次のページの片隅に虫めがねがいるような小さな文字で説明が書いてある。

つまり、2年間の契約だと、1480円ではなく、2980円なのだ。

すると、今のYmobileを継続した料金と変わらない。

 

今のスマホはIphone5sなので、4インチと画面が小さい。

5.5インチの大きいサイズのスマホが魅力だが、また機種代を毎月の支払で負担しないといけない。

年金生活の身で出来るだけ経費削減を目指しているだけに、高価な本体の料金はイタイ。

「やっぱり、このまま2年間更新しようかな」と思っていると、店員が「キャンペーンで、この機種なら無料ですが」と言って、パンフレットに載っているスマホを指さす。

「中国のメーカーですが、性能はかなり良いですよ」と、店員は勧める。

だが、無料には3年契約することが条件だと付け加える。

 

結局、このままYmobileを更新して、後2年間はIphone5sを使い続けることにした。

解約手続きやデータ以降の手間が邪魔くさく感じてしまったから。

 

すると、今朝、ソフトバンクが契約の2年縛りをなくすとのニュースが流れていた。

同時に、他のキャリアも契約解除の料金を千円に下げる意向を伝えていた。

 

年々、スマホは安くなるに違いない。

author:金ブン, category:日常の出来事, 09:21
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://kanablog1.kanabun-jun.com/trackback/858278