RSS | ATOM | SEARCH
股関節の痛みを抱えて

JUGEMテーマ:健康

 

「手術の侵襲」という言葉を初めて知った。

侵襲とは、治療(手術)によって身体に害を及ぼすことで、薬で例えれば副作用のようなものだという。

身体の障害を治すために手術するわけだが、生体と傷つけることはそれなりのリスクが伴うものだ。

治ると考えて決断した手術であまり効果が無かった場合や他の箇所へ悪い結果が及んだりすると、患者に大きな精神的負担が生じる。

希望が失望に変わるギャップは厳しいストレスになる。

 

テレビの司会などで活躍している芸人が頚椎椎間板ヘルニアの手術の後うつ病を発症して、しばらく休養するというニュースが流れていた。

経過は良好だったのだが、この「手術の侵襲」の影響からストレスを感じて、体調不良に陥ったという。

 

最近、身近な人で「手術の侵襲」から体調を悪くした人のことを何度か耳にする。

妻の友人の長男が腰椎を痛めて大学病院で手術したが、術後の経過が良くなくて、長く病院通いをしていた。

その後いろんな病院で診てもらったが症状が良くならず、最終的に心療内科へ通っているという。

 

84歳の義母も数年前、変形性膝関節症から人工膝関節の入れ替え手術をした。

術後、確かに効果があり、以前より歩けるようになった。

だが、膝の違和感が残り続け、期待していたほどに効果が無かったと考えるようになり、徐々に自宅のイスに座って過ごす時間が増えた。

 

私も2年前膝関節の軟骨欠片を除去する手術を受けた。

階段を降りるときにピリッとする痛みがあったが、手術により痛みはなくなった。

だが、膝全体の違和感が残り、何かで縛られているような感じがずっとしている。

 

やはり、体内にメスを入れることはそれなりのリスクが伴うものだ。

 

現在、膝の違和感は股関節に移り、少し歩くだけでじんわりと足の付け根が痛み出す。

1年前、市民病院の整形外科でMRI検査を受けたが、骨に異常はないので安静にするように言われた。

安静にしていたが全く良くならないので、整骨院に通ってみたが、これも効果がない。

こんな生活が続くと、精神衛生上良くない。

常に、痛みが気になるのだ。

(どんな痛みか訊かれても、なかなか説明しづらいが)

 

自分の症状と似ているのをインターネットで探してみると、ラクビーのリーチ・マイケルが恥骨炎痛で3週間戦列を離れた記事を見つけた。

恥骨炎痛はグロインペイン症候群(鼠蹊部痛症候群)の一種で、サッカー選手に多いケガだという。

中村俊介、長谷部誠、中山雅史、中田英寿などの名前が出てくる。

診断や治療が難しいケースも多いことで、世界的に知られているケガだという。

 

かなり激しい動きから発症するというから、私のような老人に起こるケガとは思えないが、もともと退職後のテニスで無理をしたことが要因だと考えると、そうなのかもしれない。

 

痛みの原因は何なのか、確かめてみたい。

そう思って、今週再度市民病院の整形外科へ出かけた。

しかし、受付では紹介状がなければ、受診できないと断られた。

1年前も近くの病院で紹介状を書いてもらって受診してもらったはず。

同じ症状でやってきたのに、再び紹介状がいるというのだ。

大病院のシステムに腹が立ったが、何とか頼りになる医者を探さなければならない。

 

再び、インターネットで整形外科を探してみた。

クチコミを参考にするしかないが、どこも似たり寄ったり…。

結局、知人が通っていた近所の整形外科へ行くことにした。

 

医院の待合室に入ると、的外れじゃないかと思ってしまう。

かなりの老人たちが順番を待っていた。

とてもスポーツ障害を診察してもられる雰囲気ではなかった。

 

それに、現れた医師が私よりも年配のようだった。

症状を訊き、レントゲンを撮り、丁寧に診察してくれた。

膝や股関節の軟骨がすり減る老化現象の原因を説明しながら、診断結果としては1年前と同じで際立って骨に異常があるとはいえないということだった。

恥骨あたりの痛みの原因についてははっきり判らないようだった。

 

結局、電気治療をしてもらい、理学療法士にリハビリの指導をしてもらった。

診てもらったことで気分的に楽になったのだが、それは気休めでしかなかった。

 

やはり、グロインペイン症候群の専門医を探すしかないのだろうが、この症状のサッカー選手はみんな外国で手術をして復帰しているという。

外国で手術なんて、私のようなリタイヤした老人からは程遠い話だ。

それに、前段で書いたように、手術には大きなリスクがあるし…。

 

まったく、奇妙な症状を抱え込んだものだ。

この痛みが一生持ち続けないといけないかもしれない。

伊丹(いたみ)に住んでいるのがいけないのかも。

author:金ブン, category:健康, 09:32
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://kanablog1.kanabun-jun.com/trackback/858277