RSS | ATOM | SEARCH
「Nスペ」を観る

JUGEMテーマ:日記・一般

 

<NHK受信料を払った人だけがNHKを視聴できるようにする「NHK放送のスクランブル化」>

もし30年前にこんな主張をする政党があったら、投票したかもしれない。

 

民放は受信料を取らないのに、テレビを買うとNHKの受信料を払わないといけないのか、疑問だった。

頼みもしないのに送りつけられてくる雑誌の、ほとんど見ないページのために、料金を払っているようで、納得がいかなかった。

広告代理店で働いていたこともあり、NHKもコマーシャルをとって、経営していけばいいのにと思っていた。

それはあまりNHKを見なかった若い頃の話だ。

 

歳を取ってから、NHKをよく観るようになった。

やはり潤沢な資金(受信料)があるからだろうが、特集番組がかなり精巧に仕上がっていると感じている。

 

以前比叡山延暦寺に関係する仕事をしていた頃、大みそかの「ゆく年くる年」の中継を目の前で見たことがあった。

根本中堂を上から映し出すために、40mほどの鉄塔を設置していたのには驚いた。

当日は大雪だったが、スタッフが大挙して訪れ、テキパキと作業をこなしていた。

「さすが、NHKさんやな。民放ではここまでは出来ん」と、担当の住職さんが鉄塔を見て感嘆していたのを思い出す。

 

特集番組の中でも、よく観ているのが「NHKスペシャル」。

終戦記念日の前後に放送される「NHKスペシャル」はほとんど戦争をテーマにしているのだが、その取材力と構成力には感心する。

 

今年は「激闘ガダルカナル 悲劇の指揮官」、「かくて“自由”は死せり〜ある新聞と戦争への道〜」、「全貌二・二六事件〜最高機密文書で迫る〜」他。

 

戦時中のガダルカナル島での作戦は戦闘に参加した兵士が全滅したことや作戦に係わった将校たちが口を閉ざしたことで、戦闘の全貌がなかなか明らかにならなかった。

ところが、米軍には作戦の詳細や日本兵がどんな戦いをしたのかの記録がちゃんと残している。

その中には戦死した兵士の手帳や日記が戦争の資料として、保管されている。

「激闘ガダルカナル 悲劇の指揮官」では、それらの米軍の資料を詳細に調査し、日本軍の杜撰な作戦が浮き彫りにしている。

日本兵が全滅しているだけに、日本陸軍と海軍が対立する作戦会議の映像は腹立たしいほどに無責任なものに感じられる。

 

また、「かくて“自由”は死せり〜ある新聞と戦争への道〜」は、天皇を中心とする国家を掲げる「日本新聞」が

いかに国民を国粋主義に扇動し破滅の戦争へと導いていったか、思想面から掘り下げていく番組だった。

大正デモクラシーで自由主義の風潮が国民に浸透する中で、マルクス・エンゲルスの共産党宣言に象徴されるプロレタリア闘争が持てはやされる時代がやってくる。

昭和初期、日本経済は世界恐慌の影響で落ち込み、地方の生活は疲弊していく。

左翼革命に危機感を抱いた右翼系団体は徐々に暴力的な活動を強め、議会制政治を蹂躙していく。

五一五、二二六、血盟団事件などのテロ事件で、さらに軍部や右翼が政治を指導し、議会の言論が封殺されていく。

番組はひとりの田舎教師にスポットを当てて、自由主義の理念だった人間が国粋主義に影響されながら、参戦の世論に飲み込まれていく姿を描いていく。

 

日本最大の軍事クーデター「二・二六事件」の詳細を記録した「極秘文書」を、NHKが取材を通じて発掘したという。

終戦の日に放送された「全貌二・二六事件〜最高機密文書で迫る〜」も凄い内容だった。

これまで事件の経過を詳細に記録した資料は少なく謎が多かったのだが、この「極秘文書」は反乱から鎮圧されるまでの4日間を詳細に記録しており、記録していたのが反乱を起こした陸軍ではなく海軍だったというから驚きだ。

この事件後、日本全体が軍国主義に大きく傾いていき、破滅の戦争へと突き進んでいく。

 

今夜(8月17日)放送される「昭和天皇は何を語ったのか」も興味深い。

 

年の経過とともに、戦争経験者は少なくなり、生存していても90歳を超えている。

私の父も終戦の年に召集され、現在94歳だから、兵役の記憶も薄れてきている。

番組で証言する人たちも、ほとんどが90歳を超え、「二・二六事件」の反乱軍と鎮圧軍の証言者に至ってはともに103歳だった。

証言者が居なくなる時期が迫っているのを思うと、こうした戦争に至る過程を追及する番組は貴重だと思う。

 

ということで、NHK放送のスクランブル化が実現するようなことになっても、受信料を払ってNHKスペシャルを応援したいが、N国ブームも次の選挙までには終わってしまいそうだ

author:金ブン, category:社会ネタ, 09:03
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://kanablog1.kanabun-jun.com/trackback/858275