RSS | ATOM | SEARCH
ネットに依存

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今までホテルや飛行機(LCC)をネットで予約して利用したことはあったが、先日、初めてアマゾンを利用して買い物をした。

姉が運営する楽天ショップのページを作ったりしたことはあったが、自分自身がネットで買い物をすることに馴染めなかった。

いつも、店頭で品物を確かめて、気に入れば現金で買う。

反対に妻は買いたい商品が安く買えると言って、良くネットショッピングをしている。

 

私が買ったのはギターチューナーだ。

最近、テレビ番組やコンサートなどでギタリストたちがギターの先に小さな機械を挟んでいるのを見かける。

近くの楽器店で確かめると、ギターをチューニングするためものだと分かった。

私は最近ギターのチューニングにスマホのアプリを使っていた。

最初使った時、これは便利なものがあるなと感心していたが、上には上があるものだ。

 

 

スマホのアプリは立ち上げるまでに時間が掛かる。

それに比べると、このギターチューナーはギターの振動で音を感知できるので、取り付けている画面の針を確認するだけでチューニングが完了する。

世の中は知らない間にどんどん便利になっていく。

 

使い方をネットで調べていると、楽器店より安い商品がたくさん出てくる。

さっそく注文してみた。

コンビニで支払い、コンビニで受け取る方法にした。

コンビニの機械で受付の番号を入力して、レジで代金を支払う。

数日後に、商品がコンビニに配達された旨のメールが届き、取りに行った。

商品はマッチ箱程度の大きさだが、かなりデカい箱に入っていた。

(経費削減のため、段ボール箱の種類を減らしているからだとか)

 

 

アマゾンとのやりとりはすべてメールを通じて行う。

逐一メールが届くので、安心だ。

ネットショッピングで初めて買い物をして、その使い勝手の良さに満足した。

欲しい製品が決まっているなら、安く買えるし、販売元の信頼度も評価によって知ることが出来る。

 

昨今インターネットの普及で、便利でお得なものがいっぱい現れている。

4Gから5Gの時代に移行すると、データの通信量が増えてもっと利用の幅が広がって来るそうだ。
(5GのGとはGenerationのGで、4Gより通信速度が20倍速くなるとか)

 

秋からの消費税増税を機会に、政府は現金決済からカードやスマホ決済を推進しようとしている。

企業でも店舗でのスマホ決済を進めているし、コンビニでは人材不足に対応するため、無人店舗まで登場する時代になっている。

インターネットやAIを使わないと、なんか社会から取り残されそうだ。

 

最近パソコンを教えていると、スマホの使い方について聞かれることが多くなった。

それで、私も使っていなかったスマホでの決済を積極的にすることにした。

 

スマホに詳しい知人によると、各社が導入し始めた今が得なのだという。

早速、ペイペイのアプリをダウンロードしてみると、それだけで500円が入金されている。

銀行からチャージする手続きをして、コンビニで使ってみたが、使うたびに代金が値引きされているのだ。

 

それではLINEペイも試みてみようと、セブンイレブンに置いてあるセブン銀行のATMで千円チャージしてみた。

これも簡単で、1分も経たない内に、スマホのLINEに千円が入金されている。

 

私はスマホにいろんなアプリが入れている。

以前は楽天ポイント、Tポイント、ポンタなどのポイントが付くカードを財布に入れていたが、最近はカードが増えたので、出来るだけスマホのアプリでポイントを集めるようになった。

 

いろいろと便利なことは理解できるが、過度にスマホの依存度が高くなるとちょっと不安な気持ちがよぎる。

スマホを無くす不安だ。

歳のせいで、置き忘れることが多いのだ。

author:金ブン, category:社会ネタ, 09:26
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://kanablog1.kanabun-jun.com/trackback/858265