RSS | ATOM | SEARCH
詰め替えインク

JUGEMテーマ:日記・一般

 

シルバー人材センターのアルバイトで、大型プリンターを使っている。

プリンターを使って、大型のポスターを作成する仕事を担当している。

2か月前、プリンターのインクが無くなったので取り換えた。

すると、プリンターが全く作動しなくなった。

 

取り替えたインクを確認すると、純正のインクではなかった。

純正インクとは、プリンターのメーカーが販売しているインクのことだ。

担当者の人に尋ねると、大型プリンターが10年前の古い機種で、純正のインクの販売も終わっているということだった。
そのため、ネットで純正でない互換インク(中国製)を購入したという。

そろそろプリンターを買い替えようと考えていたらしく、とりあえず時間稼ぎで使えなくなるまで非純正インクを使用するつもりだった。

この場合は、純正インクの販売が終わっているので、非常手段として非純正を購入するしかなかった。

 

最近、普通に互換インクが販売されている。

純正インクが安ければ、別に互換インクを使う必要がないのだが、プリンターメーカーが販売している純正インクは値段が高い。

価格競争が激しいプリンター機本体の販売では、利益を上げることが出来ないので、インクの販売で稼いでいるわけだ。

何とか、簡単に詰め替えることが出来る構造にして、安くなるように考えてくれるとうれしいのだが…。

 

先日、ダイソーへ行ったら、究極の「詰め替えインク」なるものが売られているのを見つけた。

私のプリンターはブラザーなのだが、エプソンもキャノンのものも並んでいた。

もちろん、100円だ。(エプソンは200円で取り換え用)

 

箱の側面に対応しているプリンターの型番が書いてある。

私の使っているプリンターのものがあったので、早速、買って試してみた。

 

 

丁寧な手順の書いた説明書が入っている。

要は、プリンターカートリッジのインクの出る穴へ、細長いスポイトの付いたチューブを差し入れて、注入していくだけだ。

非常に原始的で、単純な作業だ。

やってみたが、不器用な私は差し込みこんだ力が中途半端で、最初うまく注入できなかった。

再度試みると、何とかインクは入った。

これで、何事もなく使えるなら、こんな便利なことはない。

2週間ほど経過するが、今のところ何事もなく印刷出来ている。

 

ただし、何回もこの交換が出来るわけではなく、説明書には3〜4回までと記載されている。

それと、プリンターの故障についてはメーカーに問い合わせしてくださいとも書かれている。

説明書に従って正しい詰め替えをすれば、インクが原因の故障は起こらないとも書いてあるが、やはりリスクはある。

私の場合、そろそろプリンターの買い替えを考えているので、故障しても仕方がないという覚悟がある。

 

それにしても、ダイソーって、とんでもないすき間に目を付けて商売をしている。

感心しながらも、暇を見つけては100均に足を運んでいる。

author:金ブン, category:日常の出来事, 09:57
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://kanablog1.kanabun-jun.com/trackback/858254