RSS | ATOM | SEARCH
カレー愛

JUGEMテーマ:グルメ

 

イチローが毎朝カレーを食べていたことは有名な話だ。

(最近、毎朝は食べていないそうだが)

その影響で、朝カレーなるものが流行した。

晩御飯のカレーは翌朝温めて直して食べると、より美味しくなる。

 

私は小さいころからカレーが好きだった。

カレーうどん、カレーピラフ、カレースープなど、カレー風味の料理も好きだ。

会社勤めをしている時、食欲が無い昼食にはカレーを食べることが多かった。

カレーなら、食欲が湧かない時もすっと口に入った。

 

我が家では晩御飯にカレーをすることが少ない。

義母が香辛料の利いた食べ物を摂ると、咳が止まらなくなる。

義母の晩御飯は私たち夫婦と一緒に作っているので、妻はカレーを作らないのだ。

 

今年から、自分でカレーを作って食べることにした。

もっとカレーを食べたいということもあるが、もうひとつ理由があった。

退職してから台所に立つことが多くなり、冷蔵庫に余っている食材が妙に気になるのだ。

 

レンコン、ジャガイモ、大根、白菜、オクラ…。

少しずつ、冷蔵庫の片隅に忘れられたように残っている。

それに、食べきれないおかず(筑前煮、おでん、かぼちゃ煮)もある。

これらの食材たちを気持ちよく食べてあげることはできないだろうか。

そんな思いからカレーが思いついたのだ。

 

カレーハウスCoCo壱番屋ではいろんなカレーを試しているという。

曰く、カレーはほとんどの食材によく合うそうだ。

余ったおせち料理さえもカレーで煮ると食べられる。

さすがに、塩辛はダメだったらしいが。

やはり、辛いものはちょっと合わないのだろう。

 

ということで、1月、4回カレーに挑戦した。

毎週1回はカレーを作って、昼に食べている。

今週はもらった大根がたくさんあるので、入れてみた。

ルーはハウスのこくまろ辛口だが、ルーだけではあまりコクが出ない。

 

コクを出す方法として、インスタントコーヒーや野菜ジュースを入れるとか、少しソースを足すとか、チョコレートやはちみつを入れるとか、ネットで紹介されている。

しかし、今はルーだけを変えるだけで、作っている。

これから、いろいろと試してみるつもりだ。

 

 

1月22日は「カレーの日」だった。

昭和57年のこの日に、給食のメニューとして全国の小中学校で一斉にカレーが出されたという。

 

カレー・オブ・ザ・イヤー2019というカレーのイベントで、写真のような今どきのカレーが新規事業部門で受賞したという。

これも、カレーだ。

 

author:金ブン, category:グルメ, 09:57
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://kanablog1.kanabun-jun.com/trackback/858247