RSS | ATOM | SEARCH
組織の世話役

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今年4月、娘の家族が宮崎から大阪の吹田に移り住んだ。

娘の長男と長女(孫たち)は小学3年生と1年生で、吹田の小学校に通っている。

通い出して半年が過ぎた頃、娘は学校から来年度のPTAの役を頼まれた。

専業主婦の娘に、早速白羽の矢が立ったようだ。

宮崎から引っ越したばかりなので、断ったというが…。

 

昨今PTAの役員を決めるのは難しいと、新聞に書かれていた。

共働き夫婦が増えて、役員のなり手がなかなか見つからないそうだ。

新聞記事には<推薦の強制>のことが書いてあった。

保護者に推薦用紙が送られてきて、未提出の場合は自身が立候補したとみなされるという。

 

昔からPTAの役員を選ぶのは苦労していた。

子どもが小学生の時、妻も役員に指名され、仕方なく1年間務めていた。

保護者を代表する役員が学校と保護者の橋渡しとして、学校の行事や運営に関わるのは大切なことだと保護者の多数が認識している。

だが、その面倒な役目を自分に押し付けられるのは困るのだ。

 

最近、シルバー人材でデータ入力のアルバイトを頼まれた。

それは地域住民へのアンケートで、地域活動への意見を問うものだった。

その中には、住民の要望が書き込まれている。

イベントや講習会などの行事を求める声が多いのだが、その反面、実行する側に立って活動する気持ちがないことが伝わってくる。

若い年代はそれを時間に余裕がある退職老人たちに求め、老人たちは加齢のため動けないと書く。

とにかく、面倒なことが自分に降りかかるのを嫌がるのだ。

 

文化財ボランティアの会に参加しているが、ここでも役員問題がある。

老人たち(ほとんどが老人)はガイドをしたり、講習会に参加したりすることを目的に参加してくる。

だが、「会」というものが存在するには必ず運営する世話役(幹事)が必要だ。

上に立って面倒をみるのが好きな人が多数居ればいいのだが、そんな人が少ない。

ほとんどが自分のペースで楽しむことを求めている。

結局、役を押しつけられる人がいて、その人たちの不満が溜まる。

 

会には発足から行ってきたいろんな行事がある。

嫌々役員(幹事)になった人は出来るだけ面倒な行事を止めようとする。

役員経験者の古株たちはこれまで作ってきた行事を続けてほしい立場だ。

面倒なことを止めてしまうのは簡単だが、次々を止めてしまうと何のための会なのか、と古株たちは言う。

確かに、その意見は正しい。

退職後時間に余裕が出来て、ゆっくりと身近な文化財の勉強をしようと思っていた参加者にとって、自分時間を割かなければならない世話役を望まない。

運営する立場から出来るだけ距離を置き、傍観者でいたいのだ。

 

私は1年目から幹事に入れられてしまった。

ホームページ作成を頼まれて、いろんな会の情報を知っていてほしいとのことからだ。

今は会報の制作もしている。

私の場合、制作物に関するものを依頼されているだけで、会の運営の面倒なことはやらなくていいのでそんなに苦痛はない。

我慢できる範囲の面倒だからだ。

これが、運営する立場の面倒を強いられるとなるのはご免だ。

実に、勝手な考えだが…。

 

娘の学校では、来年度のPTA役員はまだ決まっていないという。
年末から来年にかけて、学校と保護者の間でせめぎ合いがあるそうだ。

author:金ブン, category:社会ネタ, 09:23
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://kanablog1.kanabun-jun.com/trackback/858239