RSS | ATOM | SEARCH
コメント力

JUGEMテーマ:日記・一般

 

昼食の時、文化財ボランティアの会のメンバー数人と話していた。

話題は<メンバーたちがボランティアに参加している目的とは何だろう>とだった。

 

会の目的は地元の文化財を多くの人に知ってもらうことだが、そのための活動として主にガイドがある。

その他にも、文化財の清掃、文化財に関する紙芝居の公演、文化財に関する工作物作りを子供たちに指導する学習の手助けなどがある。

しかし、メンバーの中にはそういった活動をするより、単に文化財を学びたい、研究したいという人たちも少なからず参加している。

そういう人たちはガイドや清掃や紙芝居などに、興味がない。

そのため、それらの活動にメンバーが集まりにくくなっている。

また、会を運営する世話人も少なくなってくる。

高齢化が進むと、なおさらその傾向が強くなっていく。

 

そんな問題を数人のメンバーが話していた。

みんな思いつくことをまとまりなく話すので、議論は堂々巡りになる。

私は話に入ることが出来ず、黙って聞いていた。

少し沈黙する時間があった。

ひとり黙っている私は話さないといけないような強迫観念に襲われた。

「あの、でも、ん、年を取って分かったんですけど、なんか、人の役に立ちたいという気持ちが強くなるもんですよね」

私は議論とあまり関係が無い、具体性が伴わないことをボヤっと言った。

すると、みんながこの言葉に反応した。

「そう、そう、そういうことなのよね。やっぱり、なんか人にためになっているということは大事よ」と、年配の女性が言い、「そうね。誰かの役に立つことが生きる励みになるのよ」と、また別の女性が続いた。

その後、生きる目的とは何かについて、話は発展していった。

 

短い言葉で、いかに人の興味を引き出すか。

その時、コメント力の大切さを感じたものだった。

 

最近ワイドショーやニュース番組で、取り上げる話題に詳しい専門の知識人に交じって、弁護士、医師、スポーツアスリートなどがコメンテーターとして出演している。

お笑いタレントたちも多く出演している。

幅広い分野から意見を訊くのは望ましいことだと思う。

 

専門性を持った人はそれなりに知識を持ち合わせているので、受け答えも論理的で聞きやすい。

ところが、専門知識を持たない人たちのコメントでは、かなりコメント力に差が出る。

きらりと光るようなコメントをする人がいる反面、全く的を射ない発言をする人もいる。

長々と発言するのだが、全然視聴者の気持ちに届かないものがあったり…。

 

先月末の「朝まで生テレビ」は、トランプ大統領をどう評価するかがテーマだった。

最初、出演者たちがこれまでのトランプ大統領の政治について意見を述べた。

国際政治に詳しい論客たちの話を順番に聞いていたが、大半の論者は長々と話していて、どうも論点が解りにくかった。

その中で、一番解りやすかったのは竹中平蔵だった。

 

フランス人は意見を述べる時、「言う事は3点あります」と、問題点を3つにまとめて指摘すると何かの書物で読んだ記憶がある。

指摘する点が2点しか無い場合でも、まず「私の言いたいことは次の3点です」と言ったりするそうだ。

竹中平蔵の発言は「これには問題が3点あります」とか、「この問題の大事なポイントは…」とか最初に言い、要点を整理して簡潔に論じていた。

私のような頭の回転が悪いものにも、その意見は解りやすいものになった。

 

話はいかに短く簡潔にするかが大切なんだろう。

 

最近、マツコデラックスがバラエティや情報番組などに、頻繁にコメンテーターとして登場している。

下記のYOUTUBEの動画は「仕事について」を語り合っている番組だ。

その中で、マツコのコメントは光っている。

 

 

マツコのコメント力は独特の力強さを持っている。

それはこれまでの人生経験に裏打ちされているからなんだろう。

author:金ブン, category:日常の出来事, 09:51
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://kanablog1.kanabun-jun.com/trackback/858222