RSS | ATOM | SEARCH
ミスター麻雀

JUGEMテーマ:ニュース

私はパン屋で生まれ、家には従業員が泊まり込みで働いていた。

従業員の部屋では、時折麻雀牌をかき混ぜる音がしていた。
幼い頃ルールも知らないのに、私は従業員のうしろでよく麻雀を見ていた。

「黙って見てるんやで」と従業員に言われていたのに、發の牌を見て「お茶の字が2枚そろっている」と声を出して、怒られたことがあった。

 

麻雀のルールを覚えたのは高校3年生の頃だ。

何がきっかけだったか思い出せないが、一部の学生の間で麻雀が流行りだしていた。
友達の家を渡り歩いては、麻雀に興じる日々だった。
高校生なのに、徹マンも頻繁だった。

市内で一番の受験校だったが、落ちこぼれの私は麻雀を覚えてからというもの、学業の成績はさらに下降していった。

大学では2回生の時に麻雀友達と知り合い、授業そっちのけでアルバイトと麻雀が中心の生活を送っていた。

麻雀友達が麻雀友達を呼び、いろんな場所へ出かけては卓を囲んだ。

アルバイト先で知り合った人を相手にすることもあった。

 

社会人になっても、麻雀生活は変わらない。

会社の上司、先輩、同僚に加えて、盆と正月には高校や大学の友達と麻雀に興じた。

時には、得意先だったうなぎ屋さんの社長や学習塾の支社長さんとも。


特に回数が多かったのは、デザイナーのT氏が入社してからだった。
とにかく、T氏は麻雀が好きだった。

 

T氏と仕事をしていると、「今夜はどうや?」と私の耳もとで囁くのだ。

私はほとんど断ることがなかった。

メンツをかき集めて、近くの雀荘で終電近くまで過ごした。

言葉を覚え始めたばかりの長女は「パパ、マージャン」と言うようになっていた。

その頃T氏の発案で、参加者にしこ名を付けて、毎月の番付表を作っていた。

今もその一部が残っていた。

 

 

私は横綱で、「金額」のしこ名だった。

私が強かったというより、マージャン経験の少ない社員や好きでもないのにメンツ不足で引っ張り込まれていた社員も混じっていたので、好成績が続いていたのだろう。

 

T氏が言い出して、1年間の集計(昭和62年)をした記録が残っていた。

この年、私は出場回数が94回で、獲得賞金も圧倒的なトップだった。

94回というのは毎週2日は雀荘に通っていたことになる。

それでも、出場回数トップのT氏は私を上回る99回だった。

今から思うと、何とも無為な時間を送っていたものだ。

 

そんなマージャン生活で、印象に残っている場面がたくさんある。

日航機事故で亡くなったNさんが親の役萬「天和」を上がったこともそのひとつだ。

これだけ長くマージャンしているのだから、役萬もたくさん上がった。

 

ひとつ、忘れられない役萬の上がりがある。

労働組合の執行委員をしている時のことだ。

春闘のため通常の業務から離職して、組合事務所に詰めていた。

妥結まで時間が掛りそうなので、執行委員のひとりがマージャンをしようと誘ってきた。

このメンバーはレートが高いので、今まで参加したことが無かった。

一旦断ったが強く誘われたので、仕方なく近くの雀荘へ出かけた。

 

始まってすぐのことだった。

配牌を見ると一九字牌が多く、場を流すことも出来る状態だった。

国士無双が頭をかすめた。

最初のツモを見ると、国士無双に必要な字牌がきた。

国士無双に向かう決心をすると、次々と必要な牌が入ってきた。

なんと五巡目でテンパイし、「中」待ちで国士無双が完成した。

リーチするかどうか迷った。

中が場に1枚出ていたこともあり、リーチするほうが出やすいだろうと思い、リーチをした。

すると、その二巡目であっさりと出上がった。

この日はこの勢いで大勝したことを覚えている。

 

先週、ミスター麻雀小島武夫が亡くなった。

私たちの青春時代は阿佐田哲也と並んで、麻雀の劇画に良く登場していた。

最近Youtubeで、小島武夫が登場する麻雀動画を見ていた。

特に、九蓮宝燈を上がった動画は劇的だ。

 

持って生まれた勝負勘と強運はミスター麻雀にふさわしい。
author:金ブン, category:社会ネタ, 09:34
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://kanablog1.kanabun-jun.com/trackback/858212