RSS | ATOM | SEARCH
村田沙代子の小説

JUGEMテーマ:読書

 

今週はエリート政治家や官僚の女性問題で、ワイドショーは大忙しだった。

「男と言う動物は」と、ツッコミを入れたくなるが、家庭内でそんな話題に触れると、自分に矢が向かってきそうなので、ただ黙殺する。

 

以前居酒屋で、友人のT君と夫婦生活の話になった。

その頃友人には愛人がいて、頻繁に奥さん以外と交尾をしていた。

「ところで、最近奥さんと交尾しているの?」という私の問いに、友人の返事が面白かった。

「そんなことしたらアカンやろ。家族で交尾したら、近親相姦になるで」

 

村田沙代子の「消滅世界」を読んだ。

世界大戦後、人工授精の技術が進み、家族もセックスも世の中から消滅してしまう。

夫婦間のセックスは近親相姦とタブー視され、恋愛は夫婦以外で行われ、架空のキャラクターとの恋愛も行われる。

究極的には男性も子宮を持ち、人工授精で妊娠するという実験的な都市が作られる。

家族、恋愛、セックス、子孫などの常識を覆してみたら、どんな世界が訪れるのだろう。

奇想天外だと思われる世界が描かれているのだが、今の人類が進化し続けていると考えると、こういう世界もあながち突飛とはいえないかもしれない。

独特の世界観を持つ村田沙代子はなかなか面白い作家だ。

 

この本を読む気になったのは、芥川賞の「コンビニ人間」を読んだからだ。

芥川賞作品は直木賞と違って、読みづらいところがあるが、この小説は一味違う。

単なるコンビニ店員の物語だが、とにかく、面白かった。

選考委員の評価も高かった。

山田詠美は、「十年以上選考委員を務めてきて、候補作を読んで笑ったのは初めてだった」、村上龍は、「この十年、現代をここまで描いた受賞作は無い」と評価している。

 

マニュアル通りに働くコンビニでしか生きていくことが出来ない主人公。

大学卒業後始めたコンビニのバイトが自分の身体に合っていて、18年目。

彼氏はなく、日々コンビニの食事で満足している。

夢の中でもコンビニの仕事から離れられず、コンビニで働く毎日が安らかな眠りをもたらしてくれる。

婚活目的で働くようになった男性と奇妙な共同生活が始まるが…。

 

社会の歪みを、登場人物のキャラを通じて滑稽に描いている。

作家本人もコンビニで長く働いているとか。

インタビューに応えている村田沙代子はなかなかユニークだ。

 

あと何冊か、この作家の小説を読んでみたいと思っている。

author:金ブン, category:読書, 13:30
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://kanablog1.kanabun-jun.com/trackback/858205