RSS | ATOM | SEARCH
警察官

JUGEMテーマ:日記・一般

 

2年前、ツタヤの前で警察から職務質問を受けた。

パトカーに呼び止められた時、さすがにドキッとした。

自転車に乗っていたので、何か交通違反でもしたのかと思った。

ひとりの警官がパトカーから降りてきて、私の自転車をジロジロと見る。

警官は自転車が盗難車じゃないかと疑っていたのだ。

年格好の割に、私が若者向けの自転車に乗っていたからだ。

自転車は息子の形見で、息子が中学に入学した時に買ったものだった。

私がそのことを警官に告げたのだが、「一様、調べさせてください」と言い、警官は自転車番号をメモし、盗難の登録がされていないか電話で確認していた。

そうでないことが判ると、警官は丁寧に頭を下げて立ち去った。

警官も仕事だからと思うのだが、疑われるというのは気分が良いものではない。

 

一昨年、妻が自動車免許を取得して初めての違反切符を切られた。

レストラン「さと」の駐車場に入る時、右折禁止の道路を横切って、巡査に呼び止められた。

巡査は建物の陰に隠れるように、引っかかるネズミを待っていた。

いつもその道路を右折していたので、妻は右折禁止とは全く認識が無かった。

妻の運転は慎重すぎるほどに慎重だ。

レストランに入る手段はいくつかあるのだが、そこを右折するのが一番安全だと思われた。

右折禁止の道路標識が全く目立たない場所にあった。

違反切符を切られた妻は40年近く守り続けていたゴールド免許を手放さなければならないことを悔しがり、その矛先はしばらく警察に向けられていた。

 

まともな暮らしをしている者にとって、警察のお世話になることはほとんど無い。

一番身近に関係するのは交通巡査だろう。

私も何度かお世話になっているし、罰金を提供している。

 

最近、大事件に関わる警察官の姿を描いた小説を読んだ。

門田隆将の「狼の牙を折れ」。

 

1970年代、左翼過激派による爆弾テロが多発した。

その中でも最大のテロ事件は、1974年に起きた「丸の内の三菱重工爆破事件」だった。

海外の観光客が急増している現在では信じられないだろうが、その頃東京は爆弾テロが頻発していて、世界でも最も危険な都市と云われていた。

「狼」を名乗る東アジア反日武装戦線が犯行声明を出していた。

<日本の労働者=帝国主義労働者>という単純な思考から、全く罪の無い人たちを犠牲にしていた。

 

警視庁は多くの警察官を動員し、8か月の捜査で4人の容疑者(大道寺将司、大道寺あや子、佐々木規夫、片岡利明)を逮捕する。

だが、その後の日本赤軍によるクアラルンプール事件とダッカ日航機ハイジャック事件によって超法規的措置で佐々木規夫、大道寺あや子が釈放され、今も国際手配されている。

大道寺将司、片岡利明は裁判で死刑が確定し、死刑囚として収監されていたが、昨年大道寺将司は獄中で死亡した。

著書は警視庁公安部の刑事たちがいかに無差別テロと闘い追い詰めていったかを、指揮官や捜査官の目線で克明に描いている。

都会の闇で行われる犯罪を徐々にあぶり出していくという捜査官の執念に、圧倒されてしまう。

そして、<名を知られることもなく、手柄を誇ることもない 陰で人びとの暮らしを支える>と、事件に携わった警察官たちを讃える。

 

今週、友人に薦められた帚木 蓬生の「悲素」を読んだ。

題材は和歌山毒カレー事件だ。

化学専門の大学教授が和歌山警察から求められて被害者たちを診察し検証して、犯行が毒物の「ヒ素」によって行われたことを解明していく。

巧妙に企んでいる保険金殺人を、毒物の知識や過去の経験を駆使しながら、犯人を追い詰めていく。

著書は化学事件に立ち向かう医師の姿にスポットを当てているが、被害者の無念を晴らそうと警察官たちの涙ぐましい努力も見逃せない。

 

学生運動が盛んな頃、左翼系の学生たちが警察を「国家権力の犬」とか言って、罵倒の対象にしていた。

若者たちが左翼革命を信じていた時代で、公安が市民生活に入りこんで、学生たちの行動を細かく監視していた。

活動する学生たちは、警官を見下げることで権力と対峙しているという勇敢さを演出しているように映った。

 

警察官は市民の秩序を守るために、監視しなければならない。

取り締まられた人は警察に不信感や嫌悪感を覚えたりするようだ。

 

姪っ子が警察官と結婚し、最近二人目の子供が産まれた。

とにかく警察の仕事は忙しいようで、子守りもままならないという。

 

世の中には(私のような)良い人間ばかりではない。

悪い人間が多いのだ。

 

だから、違反切符や職務質問を受けたぐらいで、腹立てていたらイカンと思うのである。

author:金ブン, category:社会ネタ, 14:22
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://kanablog1.kanabun-jun.com/trackback/858200