RSS | ATOM | SEARCH
スポーツ選手の悲劇

JUGEMテーマ:日記・一般

 

平昌オリンピックが近づいてきた。

北朝鮮の参加問題や出場選手の話題など、徐々にヒートアップをしている。

楽しむべき、本来のスポーツの役割がどこか歪んでいるような違和感を覚える。

 

先週、カヌー競技の薬物混入事件が報じられた。

カヌーの有名選手が後輩の飲み物にドーピング違反の薬物を入れて、ライバル選手を退けようとした。

東京オリンピックに出たいという気持ちがそうさせたのだという。

一流のスポーツ選手がまさかこんな事件を起こすとは、と驚いていたのだが、世界ではそう珍しいことではないというから、さらに驚く。

 

海外のスポーツ大会では自分の飲み物には常に細心の注意を払わないといけないらしい。

記者会見で出される飲み物だって、選手は手を出さないという。

ホテルでもレストランでも、選手たちは口に入れるものを常に自身で管理しなければならない。

ドーピング対策だけではなく、競技に使う道具だってそうだ。

身に付ける道具ひとつで、その結果が大きく変わってしまう。

競争相手が道具を傷つけたりするという。

スポーツの世界だけに、そんなことを耳にすると、なんか殺伐とした気分になる。

妖怪たちの世界に見えてきたり…。

 

オリンピックを目指す選手たちには、出場することやメダルを獲得することに大きな期待が掛かる。

オリンピックは参加することに意義がある、なんて云われたのは過去のこと。

出場すると、順位や記録に底知れないプレッシャーが掛かってくる。

 

そのプレッシャーに打ち勝つものもいれば、押しつぶされてしまう選手もいる。

 

1964年の東京オリンピックで、印象に残っている選手がいる。

マラソンの円谷幸吉だ。

アベベが優勝した東京オリンピックのマラソンで、円谷選手は銅メダルに輝いた。

アベベがゴールテープを切った後、しばらくして競技場に入ってきたのは円谷だった。

そのすぐ後ろにイギリスのヒートリーが迫っていた。

日本の観客で埋め尽くされた国立競技場は円谷への声援にあふれていた。

ところが、競技場に入ってからヒートリーに追い抜かれて、円谷は3位でゴールインした。

倒れ込むようにゴールした円谷の姿を、私は鮮明に覚えている。

その姿は、ゴールを切った後平然とジョギングをするアベベの姿とは対照的だった。

死力を尽くした、やり尽くしたという円谷の姿が印象に残った。

 

自衛隊の体育学校に所属していた円谷は長距離選手として注目されていた。

オリンピックではまずトラックの1万メートルで代表に選ばれた。

マラソンでは君原や寺沢という有名選手がいて、あまり注目されなかったが、オリンピックの年の3月に初マラソンを走って優勝し、翌月の4月に毎日マラソンでも2位になり、マラソンで代表選手に選ばれている。

そして、本番で銅メダルを獲得し、日本人でただひとり国立競技場に日の丸を挙げた。

因みに、1万メートルでも6位に入賞している。

 

その後、円谷は一躍長距離界のヒーローに祭り上げられた。

次のメキシコオリンピックの金メダル候補とも言われるようになる。

だが、円谷は腰椎に持病を抱えており、その後腰痛に悩まされて、走ることが出来なくなってしまう。

そして、メキシコオリンピック開催年の1月に、自殺してしまう。

 

円谷が自殺した年、私は陸上部に所属し、中学生の3年生だった。

自殺のニュースに衝撃を受けたのと覚えている。

オリンピックで栄光をつかんで注目され、陸上界だけでなく日本中から期待された。

思うように動かない身体に焦り、絶望したとも考えられるが、自殺の理由は謎だった。

 

円谷の死が長く語り継がれるのは、その遺書の内容に影響している。

自殺したのが正月明けの1月9日だったことを思うと、何とも切ない文章である。

 

父上様母上様 三日とろろ美味しうございました。

干し柿 もちも美味しうございました。

敏雄兄姉上様 おすし美味しうございました。

勝美兄姉上様 ブドウ酒 リンゴ美味しうございました。

巌兄姉上様 しそめし 南ばんづけ美味しうございました。

喜久造兄姉上様 ブドウ液 養命酒美味しうございました。

又いつも洗濯ありがとうございました。

幸造兄姉上様 往復車に便乗さして戴き有難とうございました。

モンゴいか美味しうございました。

正男兄姉上様お気を煩わして大変申し訳ありませんでした。

幸雄君、秀雄君、幹雄君、敏子ちゃん、ひで子ちゃん、

良介君、敬久君、みよ子ちゃん、ゆき江ちゃん、

光江ちゃん、彰君、芳幸君、恵子ちゃん、

幸栄君、裕ちゃん、キーちゃん、正嗣君、

立派な人になってください。

父上様母上様 幸吉は、もうすっかり疲れ切ってしまって走れません。

何卒 お許し下さい。

気が休まる事なく御苦労、御心配をお掛け致し申し訳ありません。

幸吉は父母上様の側で暮しとうございました。

author:金ブン, category:スポーツ, 10:45
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://kanablog1.kanabun-jun.com/trackback/858192