RSS | ATOM | SEARCH
ホームページの1年

JUGEMテーマ:趣味

 

選挙の喧騒は収まったが、野党の風雨は続いている。

 

台風の接近から期日前投票に行った知人は、会場に行列が出来ていたと言っていた。

かなり、国民の関心が高いと思いきや、投票率は53%程度。

戦後2番目の低さだった。

 

でも逆に考えれば、これも日本が平和だということなのだ。

半分近くが棄権しても、多くの人は良くも悪くもならないと安心している訳だ。

 

いよいよ、憲法改正の国民投票が現実のものになってきたし…。

一度国会議員の発議が行われ、国民に提案されたら良い。

9条を変えるような話になると、政治への関心が高まるだろう。

 

シリアスな話はそこまでにして、今週は手前味噌な話題。

 

文化財ボランティアの会(文ボラ)のホームページをリニューアルしてから、1年が経った。

誰にも指図されることなく、自由にコンテンツを作らせてもらっている。

これが結構楽しい。

 

このホームページの目的は活動の紹介、文化財の紹介、ガイドや紙芝居公演(どんぐり座)の紹介、3ヵ月ごとに発行する会報の掲載などがある。

日々更新するような内容はない。

文化財が増える訳でもなく、会が主催するイベントも年に4回程度歴史ウォーキングがあるだけ。

 

最も更新作業が多いのはガイドのスケジュール表だ。

様々な団体から申し込まれるガイドの依頼を、その都度スケジュール表に掲載しているからだ。

 

最近、「雑記帖」と「自由研究」というページを作った。

「雑記帖」は会員が手に入れた話題や情報を投稿できるようにした。

「自由研究」は会員が文化財について研究しているものを投稿してもらおうと作った。

会員の中には、歴史や文化財に関して研究をしている人がいるからだ。

だが、作ったものの、ほとんど投稿はない。

インターネットそのものを見ている人が少ないようだ。

 

現在、日本でのインターネットの利用率は70歳代で53%、80歳以上で23%程度だ。

会の平均年齢が70歳後半だから、ホームページを見ているのは30%に満たないのではないか。

だから、ホームページに対する反応は皆無なのだ。

 

今、自分自身が楽しみながら作っているコンテンツがある。

ひとつは「ものしりクイズ」

http://bunkazai.hustle.ne.jp/quiz/quizmokuji.html

市の文化財に関するクイズを14回まで作った。

80歳の会員の方が「クイズを楽しみにしていますよ」と言われるので、1年でここまで更新してきた。

やはり期待されると、やる気が出てくるものだ。

 

もうひとつは「文化財1分間動画」。

http://bunkazai.hustle.ne.jp/douga/douga.html

 

1分間レシピ」が流行っているというので、文化財の紹介を1分間動画で見せることにした。

動画が手軽に撮影出来るスマホが大活躍する。

撮影した動画を一旦youtubeにアップして、それからホームページに貼り付ける。

 

とにかく、パソコンは便利だ。

使えば使うほど、いろんな機能を発見することが出来る。

 

たとえば、文化財の場所を表示するのに、Googleの地図を貼りつけたり、BGMを流したり…。

こんな機能はどうするのか、と考えたとき、ブラウザで検索すると必ずどこかのサイトで作業方法が紹介されている。

 

ただ、一度出来たことをすぐに忘れてしまうのがツライところだ。

それも歳だから仕方が無い。

 

認知症予防だと思って、日々パソコンに向かっている。

 

author:金ブン, category:日常の出来事, 10:27
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://kanablog1.kanabun-jun.com/trackback/858179