RSS | ATOM | SEARCH
整骨院に行ってみる

JUGEMテーマ:健康

日記を見ると、膝に違和感を覚えたのはちょうど昨年の今頃のことだ。

1年が過ぎたが、膝の状態は悪いまま。

いや、むしろ悪化している。

 

昨年悪いのは左膝だけだったが、今では右足の筋や右の股関節も違和感がある。

テニスはもちろん、朝の散歩も出来ない状態になった。

なかなか、やっかいなことだ。

 

近所にある整形外科の治療に始まり、姿勢改善プログラム、カイロプラクティック、鍼灸院を経て、再び理学療法士がいる整形外科でリハビリ治療を続けた。

60歳過ぎると、多くは加齢による変形性関節症が疑われたが、MRIやCTの結果では骨に異常はないとのことだった。

左膝は凝り固まったような感じがして、下り階段では膝の皿部分がコキッと音がし、じんわりと違和感が残る。

そんな左膝を庇うため右足に負担が掛かり、右足全体の筋肉が張り、こちらも左膝と同様動かすたびに筋がポキッと音を立てている。

また、右股関節辺りが硬くなり、股を開くと痛んでくる。

 

理学療法士は骨に異常が無いので、ストレッチや筋トレで治していく方針だった。

3ヵ月間近く、朝と夕方に教えられたストレッチや筋トレをくり返した。

ところが、良くなる兆しが全く見えなかった。

それより、筋トレをすると、余計に足全体に違和感を覚えるようになった。

 

一体、これからどうしたら足の状態は改善するのだろうか。

全く、解らなくなってしまった。

 

これまで、こんなに身体の故障に悩んだのは初めてだ。

私が歩く姿を見ている家族や知人は、外見ではそんなに異常があるとは思えないという。

だが、いつも足が何かに縛られているようなコリを感じている。

その気持ち悪さは表現出来ないような不快感を伴っている。

 

先日、信号のある交差点を歩いていた。

すると、渡っている途中で信号の青が点滅し赤に変わってしまった。

私は走ることが出来ずゆっくりと歩いて渡っていると、前から左折しようとする車の運転手が窓越しに「こらっ、走らんかい!」と、怒鳴るのだ。

外見は足が悪く見えないので、ワザとゆっくり歩いているように見えたのだろう。

「お前に、オレの気持ちがわからんやろ」と心の中で呟き、運転手を睨みつけるのだった。

 

私以上に足の不自由な人がたくさんいるのは判っている。

私のようにまだゆっくりでも歩けるのだから、大したことではないかもしれない。

だが、四六時中、膝の違和感に悩まされるのはツライ。

 

膝治療を相談すると、医師も鍼灸師も理学療法士も決まって言う。

膝を痛めると、治療に時間が掛かると。

確かに、膝を完全に休めることは不可能だ。

1日全く歩かないわけにはいかないから。

日常において、最低限トイレや洗面所まで歩かないと生活できない。

 

大きな病院で精密検査を受けることも考えたが、すでに労災病院でMRIの診断を受け、異常はないとのことだった。

それでは、どうすれば治るのだろう。

考えあぐねていた。

そこで、次に思い付いたのが整骨院だ。

可能性のあるものはとにかく何でもやってみようという気持ちだった。

 

町を歩くと、整骨院は至る所に開院している。

年寄りの憩いの場所になっているとも聞く。

ネットで、健康保険が利用出来て、評判の良いところを探した。

すると、尼崎にあるA整骨院に当たった。

かなり、評価が高いし、保険治療も出来る。

ただ、ひとつ気になるところがある。

 

<A整骨院ではご利用者様の負担が少なくなるように、保険を使った施術を取り入れながら保険では対応できない部分は、A整骨院独自の手法である、B&M背骨ゆがみ矯正という技術を使って、あなたのそのつらい症状を改善させてまいります>

ネットに書いてあるのだが、この<A整骨院独自の手法である、B&M背骨ゆがみ矯正>という部分が気に掛る。
この矯正治療は保険が利かない。

1回2000円が必要なのだ。

整骨院はこの治療を勧めてくるのだろうと予想された。

 

A接骨院は尼崎の三和商店街の中にあった。

この商店街は幼い頃からなじみの商店街だ。

さっそく、中へ入る。

最初の印象はやけに愛想が良いことだ。

1階の治療室にはベッドが8つ並んでいる。

「いらっしゃいませ」

白い制服を着た整体師たちが揃って笑みを浮かべている。

独特の柑橘系のニオイがして、まるで、散髪屋に入ったようだった。

 

責任者と思われる人が治療について説明する。

事前にメールで送っていたので、責任者は私の症状と理解している。

骨に異常が無いことを伝えていたので、膝の取り囲む筋肉を矯正していくことで治療が出来ると強調する。

整形外科でも鍼灸院でも、同じことを説明されている。

「膝の治療は時間が掛かるのを覚悟してください」とも。

 

膝の故障は身体の歪みが原因で起こるのだともいう。

予想したとおり、独自で開発したという<B&M背骨ゆがみ矯正>を勧めてくる。

保険の利かない治療だ。

長く治療することで身体の歪みが解消され、故障の起きにくい身体になると説明する。

だが、1回2000円の治療を毎回受けるのは負担が大きい。

 

そこで、毎月6000円出せば何度でも受けられるVIP会員の入会を勧める。

1ヵ月3回受ければ、元が取れる。

ところが、それには条件がある。

1年契約(入会費無料)であることと、クレジット決済に限られるということ。

途中で解約すると、違約料として12000円が必要になる。

(ただし、12000円は回数券で戻ってくるという複雑なシステムになっている)

 

流暢な説明を聞いていると、商売根性が浮き彫りになってうんざりした気分になった。

すぐに疑心暗鬼になる。

治療をする前にいろいろ勧められても、すぐにハイそうですかと納得出来る訳が無い。

私が黙っていると、今度は「1万円で、13500円分の治療を受けられるプリベイトカードがありますよ」と別のプランを示す。

「保険の治療だけで良いです」と撥ねつければ良かったのだが、気の弱い私は1万円のプリペイドカードを買ってしまった。

カードのデザインがいかにも妖しげだ。

まるで高級ラウンジの会員カードのようだった。

 

 

治療が始まった。

ベッドにうつ伏せになると、電気枕のようなものを背中に置かれる。

しばらくすると、背中が温かくなってくる。

それは10分くらいで終わり、担当の整体師が背中から治療を始める。

「それでは○○さん、背中から治療を始めますね」と担当の整体師が大きな声で言うと、ほかの整体師全員が「お願いしま〜す」と声を揃える。

取ってつけたような愛想の良さと軍隊のような連帯感が鼻につく。

 

整体師はうつ伏せになった私の背中を強く押す。

かなり、痛い。

「かなり、凝っていますね。痛いところは筋肉が固まっているということなので、柔らかくしていきますね」と言いながら、押していく。

おしり、太もも、膝の裏側、ふくらはぎを押してもらうと、気持ち良かった。

特に太ももの裏側の筋肉を押されると、足全体に響いてくる。

膝の動きに効果があるように感じられてくる。

 

整体師は施術しながら、膝の調子や故障の原因などを訊いてくる。

とにかく、よくしゃべってくる。

患者とコミュニケーションを取るように指導されているのだろう。

うつ伏せになっている私は応えづらい。

黙って押してくれたら良いのに、とさえ思う。

 

保険の治療が終了すると、次に背骨ゆがみ矯正に入る。

整体師の前に立ち、身体を前に倒してから後ろにそらす。

その動きを見て、「身体が傾いていますね。矯正をしますから」という。

小さな木の箱を出してきて、そこに座らされる。

整体師は私の背中に膝を押しつけて中腰になっている。

もう一人整体師が私の前にやってきて、胸の前で交差した私の腕を持つ。

後ろの整体師が突然膝に力を加え、私の背骨をグイッと伸ばした。

背骨が反り上がって伸びあがるのだ。

再び、整体師の前に立ち、身体を前に倒してから後ろにそらすように指示される。

その姿を観察して、「少し矯正できましたね」と言う。

今度はベッドに腰掛けるように指示し、腕は前後に回転するようにいう。

そして、整体師はベッドに上り、再び私の背中に膝を押してつけて中腰になり、グイッと押しつけた。

その後、整体師は私の頭を抱え、ボキッと鳴るほど首を左右に強く曲げた。

この一連の動きが整骨院の勧める<B&M背骨ゆがみ矯正>だ。

10分足らずの施術で、2000円の費用になる。

 

最初の支払いは初診の保険治療1300円と事務手数料200円、背骨ゆがみ矯正のプリペイドカード10000円で、11500円だった。

次回から週2回、10回通ってみた。

確かに、太もも、膝の裏側、ふくらはぎを押してもらうと気持ち良く、効いているように感じる。

しかし、その効き目も1,2時間程度しか持続しない。

施術を受けたことで、良くなっているという兆候を感じることは出来なかった。

 

結局、整骨院の治療は1ヵ月で止めてしまった。

 

この1年、いろんな治療を試してみたが、どの治療も効果が認められなかった。

こんな調子では、楽しみにしていた退職後の暮しがしぼんでしまう。

もう、医療機関に頼っていられなくなった。

自分で治すしかないのか。

傷ついた野生動物が、ひたすら患部を舐めて患部を治すように。

 

そして、ネットで膝に関する様々な情報を検索した。

そんな時、1冊の本を見つけた。

「3万人のひざ痛を治した! 痛みナビ体操」

お茶の水整形外科機能リハビリテーションクリニック院長の銅冶 英雄氏が書いている。

 

現在、それを読み、試している。

果たして、改善するのだろうか?

 

まだ、道は長いような気がするが…。

author:金ブン, category:健康, 17:18
comments(3), trackbacks(0), - -
Comment
昨日から私もこの治療に通っています。
胡散臭い感じが拭えずあちこちのサイトを検索していたらこちらに行き着きました。2ヶ月分継続必須と言われてとりあえず基本の6回は通って、解約可能になったら辞めようと今から思っています。
やはり治療効果は出ないんですね‥。
Okecchan, 2020/05/08 11:39 PM
もう4年前に書いたブログですね。
尼崎のA整骨院へ通ってから、整骨院3件、整形外科3件通いましたが、症状は全くよくなっていません。むしろ、悪化しています。
今は伊丹の整骨院に通っていますが、ここは良心的で、治療費も保険が使えて、リーズナブルです。
わずかの望みにすがっている感じですかね。
金ブン, 2020/06/08 10:08 AM
色々調べるとやはりかなり胡散臭く母体も怪しそうでしたのでその後通わずひたすら解約可能日を待って事を荒立てずに解約しました。カード情報も相手方に残っているのでカードも再発行しました。

こちらは関西ではなく関東ですがAKA療法を行っている整形外科に通っています。痛みはかなり改善されるのでお薦めです。

勿論治療に向き不向きがあると思いますが私の場合はぎっくり腰で殆ど歩けない状態で行っても帰りは何とか歩けるようになります。
Okecchan, 2020/07/05 7:55 AM









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。