RSS | ATOM | SEARCH
夜明けのうた

JUGEMテーマ:日記・一般

 

1週間、テレビ録画する番組はほぼ決まっている。

「NHKスペシャル」、「将棋トーナメント」、「日曜美術館」など、齢を重ねたせいか、NHKの番組が多くなった。

文化財ガイドをしている影響から、歴史に関する番組もよく観ている。

「歴史秘話ヒストリア」、「英雄たちの選択」は必ず観ている。

 

連続ドラマはほとんど観ていない。

ワイドショーやバラエティ番組には縁のないような人気俳優が時々登場して、自身の出演ドラマの番宣をしているのを見ると、面白そうなので観たくなることはある。

しかし一度観だしたら、途中で面白くなくなっても観ないといけないような強迫観念に引きずられるので、観ないようにしている。

 

民放ではテレビ大阪(テレビ東京)「ガイヤの夜明け」は必ず観ている。

世の中で注目されている出来事を丁寧に取材して、その裏側を伝えてくれる。

 

退職して4年が経ち、生々しい経済活動から少し距離を置いた世界にいるような気分になっている。

のんびりした隠居した生活だが、一抹の寂しさを感じることがある。

この番組を観ていると、厳しい競争世界で涙ぐましい努力をしながら、夢を追いかけている人たちの姿に励まされる。

 

今年から、ホスト役が江口洋介から松下奈緒になった。

松下奈緒は女優であることは知っていたが、ピアニスト・作曲家で、歌手もしているとは知らなかった。

Youtubeにモーツァルトのピアノ協奏曲を弾いている動画が出ていた。

https://www.youtube.com/watch?v=nJsH7MHCrGE

女優の表情とは違う。

 

ナレーションも変わって、番組の雰囲気も変わった。

もう一つ変わったのはエンディング曲。

エレファントカシマシのボーカル宮本浩次がこの番組のために作った曲を歌っている。

「夜明けのうた」

https://www.youtube.com/watch?v=V-kvbOJCHjI&list=RDV-kvbOJCHjI&start_radio=1

 

この番組にとても良く合っている。

 

カラオケのメニューにこの曲が入ったら、ぜひ歌いたいと、練習しているが…。

途中でグッと胸に詰まってしまって、はなわの「お義父さん」で泣いてしまった、同じ轍を踏むかも。

author:金ブン, category:芸能, 09:43
comments(0), -, - -
漫才で笑うこと

JUGEMテーマ:日記・一般

 

ブームの時もあまり漫才を観ることはなかった。

M1グランプリやTHE MANZAIもほとんど観なかった。

早いしゃべくりの掛け合いだったり、自虐ネタだったり、どついたりしている漫才に笑えなかった。

それに会場が笑いの渦に包まれているのが、どうも不自然に思えた。

 

ところが、ナイツの漫才は違った。

落語の寿限無が出てくる「野球の話」を観た時、その構成がすごいと思った。

他にも、「Kの呪い」、「ヤホーで調べてきました」、「土屋の歌に塙がツッコミを入れる歌シリーズ」など、バリエーションに富んでいる。

塙のボケと相方土屋のツッコミが絶妙で、聞きやすい。

最近、ナイツの漫才を聞きながら眠るようにしているので、ネタをほとんど覚えてしまった。

 

毎週土曜日の午前中関東地区で放送されている「ナイツのちゃきちゃき大放送」が、放送後にyoutubeにアップされている。

冒頭に時事ネタ漫才や毎週ゲストが登場するコーナーがあり、ナイツの軽妙な会話が聴かれるので、面白い。

 

最近、「言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか」という本が話題になっているというので読んだ。

ナイツの塙の口述をライターが筆記している形態になっているが、M1グランプリの審査員として参加している立場から、漫才という話芸や賞レースの極意など、徹底的に芸能としての漫才を分析している。

漫才師を志す若者にとって、かなり参考になる本だと思う。

 

中川家、スリムクラブ、スーパーマラドーナ、笑い飯、アンタッチャブルなどなど。

本に登場するコンビの漫才のすべてを、youtubeで観察しながら、読んでみた。

だが、塙が高く評価している漫才はほとんど笑いの琴線に触れなかった。

観客が大笑いしているのが理解できなかった。

 

「昔のお客は笑うまいとし、いまのお客は、とにかく笑おうとする。」

朝日新聞の「折々のことば」に掲載されていた、立川談志の言葉に、頷いてしまう。

 

昨年のM1グランプリで優勝したミルクボーイの漫才は笑いのツボにはまった。

ボケよりもツッコミが笑いを呼ぶ、新しい型の漫才だった。

新聞の論評にも、ツッコミの時代登場と書かれていた。

 

「滋賀」

https://www.youtube.com/watch?v=j-htiRPGs9w

「一線」

https://www.youtube.com/watch?v=BaKWxslE7IA

 

ただ、ミルクボーイの欠点はワンパターンの掛け合いかも…。

author:金ブン, category:芸能, 09:30
comments(0), -, - -