RSS | ATOM | SEARCH
放送事故

JUGEMテーマ:日記・一般

 

先週金曜日、夕方の報道番組を見ていた。

 

二人の芸人が商店街を散歩しながら、町の人に悩んでいることを聞いて歩く内容だった。

そこへ、犬の散歩をしている人が現れる。

飲み屋にいるひとりのオバサンが、その犬を連れている人が女か男か、判らないから確かめてほしいと、芸人たちに頼んだ。

番組コーナーのネタが少ないようで、芸人たちはオバサンのその<悩み>に食いついた。

確かに映像で見ているかぎり、犬を連れている人は男女の区別が判らない。

芸人たちは近づいて、名前を聞く。

その人は苗字だけを答えるので、芸人はさらに名前を訊こうとする。

すると、男性の名前を告げる。

 

芸人たちは飲み屋のオバサンに、男の人だったと伝える。

ここで終われば、そんなに炎上することはなかったと思うのだが…。

オバサンが信用しない様子なので、さらに、芸人たちはその人が持っている保険証の名前を確かめたり、挙句の果ては胸の膨らみを確かめたりしていた。

 

胸を触っているのを見ると、さすがにやり過ぎではないかと感じたが、本人の顔がテレビカメラに映しだされているので、了解を得ているだろうからまぁ良いかと、思っていた。

 

ところが、このコーナーが終わって、スタジオに画面が移ると、レギュラーのコメンテーター Y氏がすごい剣幕で怒りだした。

「本人が了解しているとしても、こんなことを放送すること自体が人権意識に反する」と。

(放送内容についてはネットで検索するとたくさん動画が出てくる)

 

生放送で、コメンテーターが本気で怒る姿を見るのは珍しいことだ。

正直なところ、最近取り上げられているLTGBの問題を、私は良く理解しているわけではない。

セクシャルマイノリティに対しての人権意識を、深く考えたこともない。

私とは関係のない別世界の話だと感じていた。

 

コメンテーターの怒る声に、テレビの前の自分が怒られているような気持ちになった。

 

(ネットに出てくるのだが、)男女の別を調べられた当人は放送されたことが度を越しているとは感じてないようで、世間がこんな騒ぎになっていることに困惑しているようだ。

しかし、本人が了解していていようがいまいが、公共の電波に乗せる内容としては余りにも思慮に欠ける、お粗末なものだったように思う。

テレビの向こうには肉体は男なのに心は女だとか、その逆とか、生まれながらその乖離に苦しんでいる人たちがいるわけだし…。

 

今週、番組では放送局の報道部長やキャストたちが視聴者に対して、お詫びする放送をしていた。

あの放送内容をコメンテーターが何も言わずに素通りして、漫然と放送が続いてしまうほうが怖いような気になる。

こういうご意見番はいつの時代にも必要なことだ。

アフタヌーンショーの桂小金治を思い出した。

 

ネットで話題が沸騰し、人権意識に関していろんな意見が交わされるのは健全な社会だと思う。

 

番組のコーナーが中止になり、ふたりの芸人たち(私の好きな芸人)が仕事をひとつ失ってしまったのは気の毒な気もするが…。

author:金ブン, category:社会ネタ, 09:30
comments(0), trackbacks(0), - -
少子化と人口問題

JUGEMテーマ:ニュース

「令和」が始まり新しい時代はどんな現実が待っているのか、テレビや新聞は特集を組み、世間は期待や不安に包まれているようだ。

 

先月、情報番組の「ガイヤの夜明け」で、ユニクロの柳井氏がこんなことを言っていた。

<地球は臨界点に達してとんでもないことが起きるかもしれない、ことをみんな薄々感じている。

ある日、ガラッと変わる。変わるんですよ。それはもうすぐやって来ると思う。>

 

平成は大きな自然災害を経験した時代だった。

もちろん、元号が変わったからといって、地震や台風がやってこないということはない。

むしろ、われわれはもっと酷いことを経験することになるかもしれない。

トップ企業のリーダーの警告は、現実味があって不気味だ。

 

 

これは世界人口の推移表だが、現在世界人口は76億人で、30年後には100億人近くまで増加するという。

 

マルサスの人口論では、<人口は制限されなければ幾何級数的に増加するが、生活資源は算術級数的にしか増加しないので、生活資源は必ず不足する>らしい。

人口は「かけ算」で増えるけど、食料は「足し算」でしか増えないというようなところ。

 

急カーブで増加するグラフを見ると、未来は大丈夫なのかと思ってしまう。

 

と言いながらも、日本では人口が減少し続けているので、子どもを増やす政策を考えている。

 

先月、NHKスペシャルで、<超未婚社会>の問題解決をAIに聞く番組を放送していた。

内容は少子化をどう防いで、人口減少を食い止めるかの方法に集中していた。

 

番組の終わりのところで、マツコ・デラックスがこんな疑問を投げかけていた。

 

<みんなが結婚して子供をたくさん産んで、少子化を止めることがこの国は正解なのかという。

たとえば、人口が5千万に減って、数十年後に日本がコンパクトな小さな国になってるのじゃダメなのかなと思う。

そこまで進む過程では少子高齢化があって、苦しい時代があるわけじゃない、でも、1億3千万の人口をキープするもとでの政策は大丈夫なの。>

 

まさに、私がずっと思っていた疑問だった。

 

先進諸国で、ドイツは約8千万人、イギリス・フランス・イタリヤは約6千万人台だし、フィンランドやノルウェーは約5百万人程度だ。

経済的な格差はあっても、これら先進国は日本よりはるかに少ない人口の中で国民は暮らしている。

 

このマツコの疑問の後、こんなやりとりになった。

 

アナウンサーが<政治家は衰退する仮定で、ものが語れない。子どもはたくさんいます、活気があります、元気がありますという明るい未来をという方向へ政策誘導するしかないのです>と応え、対してマツコは<そんなこと言ってる状況じゃない。ある程度の衰退ははっきり見えているじゃない。高度成長時代の理論でやっていく時代じゃない。>と。

 

30年後にはもう生きていないと口先でつぶやいても、子孫が出来てその笑顔を見てると、そんな無責任なことも言ってられない気分になる。

author:金ブン, category:社会ネタ, 09:58
comments(0), trackbacks(0), - -
大型連休

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今週、「平成最後の○○」が連呼され、○○にいろんなものを当てはめて商売につなげている。

挙句の果ては、平成の空気が入った缶詰を1080円で販売していた。

なんと、これが完売したというから、日本はとてつもなく平和な国だと思える。

さすがに、この元号フィーバーは腹いっぱいになり、逆流性食道炎の私は吐き気さえ覚える。

新しい時代といっても退職した身ではときめくこともなく、落ち着いた迎え方をしたいものだと思うである。

 

浮かれている世の中はさらに大型連休の真っ最中。

どこも混んでいるだろうと、レンタルのDVD鑑賞や読書でゆっくり自宅で過ごすつもりだった。

ところが、お友達の老女からカラオケに誘われたり、妻の自宅改装の手伝いをさせられたりで、それも叶わなかった。

 

おまけに、思わぬ仕事がシルバー人材から頼まれた。

ある協同組合の人に、ワードとエクセルを教えてほしいという依頼だった。

 

先月の始め、シルバー人材から「パソコンがおかしくなって困っている会社があるので、見てほしい」との連絡があり、その協同組合を訪問していた。

パソコンの画面が真っ暗になり、英語の文字が表示されたという。

私はパソコンの修理は出来ませんと断ったが、直らなくてもいいから見に行ってほしいと懇願され、渋々その協同組合を訪問した。

 

この組合には男女ふたりの老人が仕事をしていて、真っ黒な画面の前でお手上げ状態だった。

画面の下に起動メニューが出ていたので、診断プログラムを操作すると、ハードディスクが壊れていると表示される。

素人では修理できない故障なので、電器店で新しいパソコンを購入されたほうが良いと告げて、事務所を後にした。

 

そしてふたたび、大型連休に入る前にシルバー人材の依頼でこの組合を訪ねることになった。

事務所には新しいパソコンが入っていた。

先方の要望というのは5月にある総会の資料を作るので、ワードとエクセルを教えてほしいとのことだった。

今まで事務所にパソコンがあったはずなのに、今さらワードやエクセルを使えないとはどういうことか。

驚くことには、これまでのパソコンはインターネットやメールのやりとりしか使ってなかったようで、会社の資料はワープロ(シャープの書院)で作っていたそうな。

 

ところが、連休前に突然そのワープロが壊れて、印刷できなくなってしまった。

急きょパソコンを使って、連休明けに必要な総会資料を作らなければならなくなったのだ。

担当者のYさん(70歳)は大型連休中にワードとエクセルを教えてもらって、総会資料を作ろうと決心されたようだ。

 

ワープロとパソコンはかなり機能が違う。

ワープロが出来るからといって、1週間程度でワードやエクセルを覚えて、10数ページの総会資料が作れるとは思えない。

しかも、相手はパソコンと縁遠い老人だ。

 

前年の総会資料を見せてもらいながら、表紙ページから順番にワードやエクセルの使い方を説明したが、なかなか時間が掛かる。

時間が掛かると時給の私は報酬が増えるのでかまわないが、そんな悠長なことではとても間に合いそうにない。

結局、Yさんにはワープロの経験があるのでワードの文字入力だけをしてもらい、私がエクセルで決算資料を作った。

 

そんな訳で、この連休中は急なアルバイトで、時間を費やした。

出来上がった総会資料を見て、Yさんから大いに感謝されたので気分が良かったが…。

 

今後、Yさんはワードやエクセルの勉強をすると言われていたが、ワープロに未練があるようで、インターネットで中古品を探しておられた。

私がアマゾンに出品されているワープロを検索して購入する方法を教えると、すぐに中古品を買われた。

中古のワープロが宅急便で配達されてくると、ホッとしたようにワープロのキーを叩いておられた。

70歳からのワードやエクセルの習得はなかなか身につかないようだ。

author:金ブン, category:日常の出来事, 09:37
comments(0), trackbacks(0), - -
私の平成

JUGEMテーマ:日記・一般

 

1989年1月7日の夕刊を、妻が保存していた。

 

 

「平成」が始まった日である。

私は36歳だった。

この年の11月に、息子が生まれた。

6年後の1995年(平成7年)、阪神・淡路大震災が発生し、自宅が半壊し建て直した。

その頃、バブル景気が崩壊し、低成長時代に入った。

そして、1999年(平成11年)、私が勤めていた会社は債務超過に陥り、社員全員を解雇して再雇用するというリストラに踏み切った。

 

(当時の大阪新聞の記事)

 

私は退職金を受け取り、再雇用された。

ところが、リストラしたにも関わらず本業である旅行業は業績を上げることが出来ず、親会社は会社を旅行部門と広告部門とに分割し、旅行部門を大手旅行会社に売却した。

旅行業以外の部署は親会社に組み込まれ、私が所属する広告代理店部門も親会社のグループ会社として、再出発することになった。

再出発と同時に、私は京都営業所に転勤になった。

その翌年の2004年(平成16年)、中学3年生に成長していた息子の身体に悪性腫瘍が見つかり、阪大病院に入院した。

約1年間の闘病生活を経て、息子は9月に亡くなった。

その後、約6年間の京都営業所での勤務を終えて、2009年(平成21年)本社に転勤になった。

本社で6年勤務して、2015年(平成27年)6月、62歳で退職した。

そして、今年、66歳になった。

 

昭和から平成に変わった36歳のころ、毎日御堂筋線のすし詰め状態の地下鉄に乗って通勤していた。

いつまでこんな平凡で退屈な日々が続くのだろうと、思う毎日だった。

もうすぐ終わる平成を振り返ると、なかなか変化に富んだ時代だった。

大病することなく健康だったので、何とか乗り切ってこられたと思う。

 

さだまさしが歌う「主人公」に、こんな歌詞がある。

 

♪時を遡る切符があれば、欲しくなる時がある。

あそこの別れ道で選びなおせるならって。

もちろん、今の私を悲しむつもりはない。

確かに自分で選んだ以上精一杯生きる。

 

自分の人生の中では誰もがみな主人公

私の人生の中では、私が主人公だと♪

 

平成の時代、自分なりに頑張って生きてきたと思う。

平成の流行語大賞で表現するなら、

「自分で自分をほめたい」

author:金ブン, category:社会ネタ, 09:55
comments(1), trackbacks(0), - -
ラジオ体操

JUGEMテーマ:健康

 

「お義父さん、姿勢が悪いのじゃないですか」

私が逆流性食道炎と診断されたことを聞いて、医薬品関係の仕事をしている娘婿が言った。

 

先月突発性難聴に罹って、ステロイド投薬の治療をしていると同時に、食道が詰まりゲップが頻繁に出る症状があった。

私は胃や大腸にポリープがたくさんあるので定期的に胃カメラ検査をしているが、ここ3年は検査をしていない。

食道の症状が気になるので、胃カメラの検査を受けた。

検査の結果、逆流性食道炎だと診断された。

 

突発性難聴に続いて、逆流性食道炎である。

どちらも、ストレスに起因するというが…。

退職して以来、嫌なことを極力避けて暮らしているので、ストレスを感じているとは思えない。

会社生活の時より、比べ物にならないほど気楽な生活だ。

 

だが、娘婿に姿勢の悪さを指摘されたのに、心当たりがある。

パソコンに向かう時間が長すぎることだ。

ボランティアの会のホームページの更新、会報誌の制作、パソコン教室の教材づくりやアルバイト先での印刷物制作など、パソコンでの作業が毎日のように続いている。

 

パソコンに向かうと、自然と前かがみになっている。

出来るだけ姿勢を正すようにしているが、無意識の内に胃を圧迫する姿勢になっているのだろう。

 

以前(退職前)もパソコンに向かう時間が多かったように思う。

総務で仕事していた時もほとんどパソコンの前に座っていたが、何ともなかったのだが。

若い時に何でもなかったことが、加齢で様々な影響が身体のあちこちに現れるということだろう。

座る姿勢にまで、細かく気を配らなければならないことが情けなくもある。

 

先日、NHKの「SONGS」に出演していた井上陽水が言っていた。

「人間は健康が一番大事、若い頃ラジオ体操に対して、なんでそんな事するのと思っていましたけど、今は出来ないんですよね、身体がね(笑)…」

 

最近、私も健康のためにラジオ体操をしている。

小学生のころ、チンタラやっていた体操を真剣にやっている。

これが結構汗をかく、疲れるのだ。

なんか、滑稽でもあり、情けなくもあり。

author:金ブン, category:健康, 10:00
comments(0), trackbacks(0), - -