RSS | ATOM | SEARCH
人に会うこと

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今週、いとこが亡くなった。

脳腫瘍で2年間闘病していた。

母の弟の長男で、確か年齢は50歳前後だったと思う。

今日(4月4日)がお通夜で、明日葬式だと連絡があった。

この時期、新型コロナウィルスの影響で、葬式が自粛されるケースもあると聞く。

両親の思いもあって、平常通り葬儀会館でするようだ。

連絡をくれた親戚の叔母さん(80歳)は、「葬式に参列するのが恐い」と言っていた。

私も妻と参列するが、お参りをさせてもらったらすぐに引き上げるつもりだ。

 

 

今年の初めのことだが、大学の友人SE君から連絡があった。

しばらく会っていなかったので、気になっていた。

元気にしているかなと思っていたが、元気ではなかった。

昨年の夏に肝臓がんが見つかって、肝臓の一部と胆のうを切除したという。

 

もう60歳半ばを過ぎた年齢になったのだから、同年配の友人が大病を患うのは珍しいことではない。

SE君の場合、ガンの転移が見つかって、医者から命の期限を切られたというのだ。

SE君は、「久しぶりに友人たちに会いたいな」と、私にいう。

友人たちと連絡を取り合って、2月初めに、親しかった友人3人で自宅を訪ねた。

 

お見舞いなのでアルコールは遠慮していたのだが、ビール、酒やおつまみをごちそうになった。

大学時代の思い出話は楽しかった。

抗がん剤の投与が始まったばかりで、SE君の体調が比較的良い様子で、一番よく酒を飲んでいた。

SE君は普段から弱気な姿を余り見せることが無かったが、陽気な会話の中に一抹の寂しさが感じられるのだった。

SE君と別れて、帰途に着いた僕たち3人は「会えて良かったな」と言い合った。

会うのが最後になるかもしれないと思うと、切ない気持ちになった。

 

その頃はまだ新型コロナウィルスの影響がそれほど深刻ではなかった時期だ。

それから1か月過ぎると、感染者が徐々に増加して、世の中の緊迫感が高まってくる。

 

もう一人、連絡が取れないで、気になっていた人がいた。

現役時代の先輩SA(76歳)さんだ。

帰り道が同じ方向なので、良く一緒に帰宅した。

帰る途中、梅田のJR高架下にある飲み屋に立ち寄った。

私が退職してからも、阪神競馬場で出会ったりしていた。

数年前、ネット投票で買ってあげた馬券が67万円当たったことがあった。

 

SAさんは半年ほど前から連絡が取れなくなっていた。

携帯にメールしても返信がなく、通話も通じなくなっていた。

自宅に何度か電話しても、ずっと留守電になっていた。

病気で入院されているのではと気になり、先日西宮の家を訪ねた。

 

以前、何度かお宅に訪問したことがあった。

公団の3階だった。

不在の時のために、手紙を用意していた。

インターフォンを鳴らしたが、返事がなかった。

やはり留守なのかと、私はポストに手紙を投函した。

すると、室内から音がして、扉が開いた。

 

「○○君(私の名前)か」と声がして、SAさんが現れた。

「元気でしたか?」と私が訊くと、「元気やで」と答えた。

白い髭が長く伸び、まるで仙人のような様相だった。

SAさんは私を室内に招き入れてくれた。

部屋に入ると、ミニチュアダックスフンドのクッキーが私の足にまとわりついた。

クッキーは、以前池にハマっていたのを、SAさんが助けて警察に届けた。

警察が保健所に持っていくというので、SAさんは保健所で処分されるのが可哀そうに感じ、自宅で飼うことにした。

それから、SAさんはクッキーを溺愛している。

「クッキーも元気だったんですね。どうしてたんですか?何度も連絡したんですが、繋がらないので」と、私が言うと、「すまんな」と何度も謝る。

携帯電話のバッテリーが故障して、連絡が取れなかったという。

自宅の固定電話にも電話していたのに出なかったのは不思議に思ったが、それ以上追求しなかった。

「携帯の会社に行って修理しないといけないので、早めに行こうと思う、直ったら、また連絡するわ」と言うのだが、半年以上も契約をしたまま故障した携帯を持っていることが理解できなかった。

認知症に罹っているのではと疑ったが、同居している奥さんと息子さんは元気だと言い、奥さんはパン屋さんにパートで勤めていると言う会話は平常だった。

ただ、会話中、チェーンスモーカーのようにタバコを3本吸い続け、山盛りの灰皿に吸い殻を重ねていた。

15分ほど話をして、私はSAさんの家を出た。

 

家に戻ってから、SAさんとの会話や態度を思い起こして、訪ねたことが良かったのかどうか疑問に思った。

会話もほとんど私の言ったことに対して、抑揚なく答えるだけだったし、感情の動きが感じられなかった。

会いたいと思うのは私の独りよがりで、SAはもう会いたくなかったのではないか。

携帯が繋がらないのは仕方がないが、固定電話が鳴っているのを無視しているのはやなり変だった。

 

今週、志村けんが新型コロナウィルスで亡くなるニュースが社会に衝撃を与えた。

私の歳とそう変わらない70歳だった。

漠然とある死というものがゆっくりと近づいてくるような気持ちになる。

 

いま会える人に会っておかないと後悔しそうな気がするのだが、もう心の中で整理してしまった人もいるのかも。

author:金ブン, category:人生, 09:45
comments(0), -, - -
不気味

JUGEMテーマ:ニュース

 

郵便ボックスの朝刊を取りに、玄関扉を開けた。

新聞を持って家に入ろうとすると、駐車場の扉の前に黒い物体が見えた。

近づいて見ると、黒猫だった。

全く、動かない。死んでいる。

首輪が無く、野良猫のようだった。

最近、近くの水路脇に、餌の入ったアルミの入れ物を見つけた。

誰かが野良猫に餌を与えていたようだった。

 

妻が気味悪いというので、処分方法をネットで調べると、市の環境センターで引き取ってくれると書いてあった。

電話をすると、すぐに取りに来てくれた。

それにしても、我が家の前で死んでいるとは、なんだか気味悪い。

 

気味悪いといえば、じわじわと増加する新型コロナウィルスの感染者数。

欧州のイタリアやスペインに続いて、アメリカも大変なことになってきた。

他国の心配をしている場合ではない。

首都東京も徐々に感染者が増加し、都市封鎖さえ取り上げられることになってきた。

 

つい数週間前、日本の感染者や死者が少なく、上手くウィルスのコントロールが出来ていると、テレビのコメンテーターが言っていた。

日本を特別視するような論調に違和感を覚えていたのだが…。

 

わが町でも、介護施設から感染者が出て以来、感染者が増加の一途をたどっている。

市の広報誌も臨時号を出して、ウィルス対策を呼び掛けていた。

今朝も、公民館などの市内の施設が4月19日まで延長されることになったとのメールが、ボランティアガイドの会のメンバーから届いた。

総会や分科会など、用意されていた行事が全部中止になった。

 

家の近くの旧西国街道沿いに、「閼伽井(あかい)」という古い井戸の跡がある。

奈良時代の僧、行基が掘ったものだと伝えられている。

「あか」とは梵語で水、特に仏前に供える水のことをいう。

この水は大変霊験豊かな水だとの記録があるそうだ。

昔は「ほうそう」に効く水ということで、村民たちが飲んでいたという。

「ほうそう」は疱瘡と書き、昔は天然痘を指す言葉だった。

想像するに、天然痘が流行した時、病に効くとしてこの水が飲まれたのだろう。

 

天然痘は、1980年WHOが地球上からの天然痘根絶宣言を行った。

人類史上初めて撲滅に成功した感染症だ。

コレラ、赤痢、破傷風、結核など、人類はたくさんの感染症と闘ってきた。

過去たくさんの犠牲を払いながらも、それらを克服して生き残ってきた。

 

野良猫の死体が片付けられた後、妻は丁寧に掃除をし、猫の冥福を祈っていた。

妻は「野良猫は最適な死に場所として、我が家を選んでくれたのかもしれないね」という。

物事は考えようで、良い方向に向かうものかもしれない。

author:金ブン, category:社会ネタ, 09:51
comments(0), -, - -
依存症

JUGEMテーマ:日記・一般

 

以前、NHKの「バリバラ」を観ていたが、放送時間が変更されてから観なくなっていた。

友人に勧められて、先週久しぶりに番組を観た。

「バリバラ」とはバリアフリー・バラエティの略語で、番組の趣旨は「生きづらさを抱えるすべてのマイノリティー」にとってのバリアをなくすということ。

 

テーマは「薬物依存」だった。

最近、有名なスポーツ選手、歌手、芸能人が覚せい剤や大麻などの薬物で次々に逮捕されている。

それだけ、薬物は社会に蔓延している。

裁判傍聴に行くと、その状況が良くわかる。

開かれる裁判のうちの多くが覚せい剤取締法違反の裁判なのだ。

 

番組は民間の薬物依存リハビリ施設「ダルク」が舞台で、以前「バリバラ」に出演していた田代まさしが薬物依存について語っている録画が流された。

薬物使用に至った経緯について、人気タレントだった当時の田代はレギュラー番組を週12本も抱え、他にも特番や地方公演などが入って、多忙な生活だった。

毎回お客を笑わせなければならないプレッシャーが付きまとっていた。

プレッシャーに追い詰められてくると、本当に自分のギャグやネタが面白いのかどうかと疑心暗鬼になってくるという。

やがて、精神的に疲弊して、苦しみから逃れたい感情に襲われる。

そんな時、薬物の誘惑がやってくる。

薬物が悪いと自覚していたのだが、一度だけならと使ってみる。

しかし、坂道を転げ落ちると、止まることは容易ではない。

 

田代は話の中で、そのあたりの心境をこんな例えで語る。

「芸能界という荒海の中で一生懸命泳いでいたが、段々疲れて溺れそうになる。死にそうになった時、違法と書いた浮き輪が流れてくる。ダメだと分かっていながら、思わず浮き輪につかまってしまう。」

その時はいつでも浮き輪を放せる、止められると思う。

 

そして、逮捕されるたびに、もうファンや家族を失望させてはいけないと決意する。

だが、もうやってはいけないと強い意志を持とうとするが、目の前に薬を出されたり、つらいことがあると、薬の魔力に負けてしまうという。

 

番組に出演していた、日本ダルク代表の近藤氏でさえ、39年薬物を断っているが、「今でもやりたいときはしょっちゅうある」と語る。

覚醒剤事件の再犯率は全体64・8%、50歳以上は83・1%なのだ。

 

依存症は薬物だけではない。

ギャンブル依存症もなかなか抜け出せない病だという。

日本にはパチンコや競馬、競輪、競艇など、手ごろなギャンブルがたくさんある。

 

そういえば、先日自転車のサドルを盗んだ男が捕まった。

なんと、5000ものサドルを盗んで収集していたそうだ。

これも一種の依存症なのだろう。

サドルに癒されるというのはどんな気持ちなのだろうか。

 

人間の心とは強い部分がある反面、誰もがもろくて壊れやすいところを持っている。

何かに頼りながら、何とか精神の均衡を保っている。

 

サドルでなくても、なんか癒されるものがあれば、私も救われるような気がするが…。

author:金ブン, category:社会ネタ, 09:19
comments(0), -, - -
一寸先は闇

JUGEMテーマ:ニュース

今週、シルバー人材センターから電話が掛かってきた。

新型コロナウィルスの影響で各種イベントが中止になり、私が担当している仕事もほとんど無くなっていた。

要件は新型ウィルス対策の注意事項をすべての会員にハガキ郵送するので、印刷と宛名シールの貼り作業をしてほしいというものだった。

会員のほとんどは60歳以上なので、感染による影響が心配されるからだ。

 

早速出勤して、3000人分のハガキ印刷とシール貼りを2日間掛かって、やり終えた。

印刷は簡単だったが、3000枚のシール貼りはなかなか大変だった。

でも、この時期に仕事があるのはありがたかった。

3月に入ってから、ボランティアのガイドや定例会議が中止になったり、公民館が休館になってパソコン教室が出来なくなったりしている状況なのだ。

 

それにしても、オリンピック開催の令和2年がこんな始まりになるなんて、誰が想像しただろうか?

 

今週、父親は95歳の誕生日を迎えた。

相変わらず、毎日コメダへ珈琲を飲みに出かけている。

「歴史的緊急事態やから、ちょっと自粛したほうが良いよ」と言っても、全く聞く耳を持たない。

「俺は罹って死んでも悔いはない」と言うのだが、同居している私と妻に感染すると困る。

妻の母は間質性肺炎の持病があるから、感染すると重症化しやすい。

妻はかなり神経を使っている。

もし、妻に感染したら、家族の生活がとんでもないことになる。

近くの介護施設でも感染者が出たとの報道があったが、その老人は数日して亡くなっている。

 

妻は私が出かける時には除菌ティッシュと除菌スプレーを必ず手渡す。

帰宅すると、手洗いとうがいをするように言う。

 

この時期、妻は花粉症に悩まされている。

先日、近くのスーパーのレジに並んでいる時、妻は思わずくしゃみをした。

すると、後ろの買い物客が避けるようにして、数歩退いたそうだ。

町全体が目に見えない細菌に、神経を尖らせている状態だ。

 

自宅の一室でパソコンに向かっていると、外ではしゃぐ子どもたちの声が聞こえてくる。

いつもは閑散としている公園では、遊具の周りで子どもがたむろしている。

早春の、一見のんびりとした光景だが、どこか気味悪い。

 

ここ数年、地震・台風・水害などの天災に惑わされていたが、まさかパンデミックに襲われるとは。

世の中、一寸先は闇なのだ。

 

シルバーのアルバイトの際、同じ部屋で昼休憩をしていた老人が赤ペンで新聞に線を入れていた。

株式欄を見ていたのだ。

「何をしてはるんですか?」というと、「株が下がってきたから、買い時やと思って」と。

闇の中にもいろんな人がいる。

author:金ブン, category:社会ネタ, 09:53
comments(0), -, - -
夜明けのうた

JUGEMテーマ:日記・一般

 

1週間、テレビ録画する番組はほぼ決まっている。

「NHKスペシャル」、「将棋トーナメント」、「日曜美術館」など、齢を重ねたせいか、NHKの番組が多くなった。

文化財ガイドをしている影響から、歴史に関する番組もよく観ている。

「歴史秘話ヒストリア」、「英雄たちの選択」は必ず観ている。

 

連続ドラマはほとんど観ていない。

ワイドショーやバラエティ番組には縁のないような人気俳優が時々登場して、自身の出演ドラマの番宣をしているのを見ると、面白そうなので観たくなることはある。

しかし一度観だしたら、途中で面白くなくなっても観ないといけないような強迫観念に引きずられるので、観ないようにしている。

 

民放ではテレビ大阪(テレビ東京)「ガイヤの夜明け」は必ず観ている。

世の中で注目されている出来事を丁寧に取材して、その裏側を伝えてくれる。

 

退職して4年が経ち、生々しい経済活動から少し距離を置いた世界にいるような気分になっている。

のんびりした隠居した生活だが、一抹の寂しさを感じることがある。

この番組を観ていると、厳しい競争世界で涙ぐましい努力をしながら、夢を追いかけている人たちの姿に励まされる。

 

今年から、ホスト役が江口洋介から松下奈緒になった。

松下奈緒は女優であることは知っていたが、ピアニスト・作曲家で、歌手もしているとは知らなかった。

Youtubeにモーツァルトのピアノ協奏曲を弾いている動画が出ていた。

https://www.youtube.com/watch?v=nJsH7MHCrGE

女優の表情とは違う。

 

ナレーションも変わって、番組の雰囲気も変わった。

もう一つ変わったのはエンディング曲。

エレファントカシマシのボーカル宮本浩次がこの番組のために作った曲を歌っている。

「夜明けのうた」

https://www.youtube.com/watch?v=V-kvbOJCHjI&list=RDV-kvbOJCHjI&start_radio=1

 

この番組にとても良く合っている。

 

カラオケのメニューにこの曲が入ったら、ぜひ歌いたいと、練習しているが…。

途中でグッと胸に詰まってしまって、はなわの「お義父さん」で泣いてしまった、同じ轍を踏むかも。

author:金ブン, category:芸能, 09:43
comments(0), -, - -