RSS | ATOM | SEARCH
否定しないこと

JUGEMテーマ:家庭

 

年を重ねると、同じ話を繰り返す。

 

「宇宙にはウィルスが飛んでいて、地球が太陽の周りをまわっていると、ウィルスの塊がいるところに入ってしまう。だから、コロナが蔓延するんや」

ラジオかテレビかで、こんなバカげた話を聞いたのだろう。

食事をしていると、父親はこの話を何度も繰り返す。

また、「幼いとき、スペイン風邪に罹った。その時、母親が鯉の生き血を飲ませてくれた。それで、俺は生き残ったんや」と、何度も繰り返していう。

父は大正14年生まれで95歳。

スペイン風邪のパンデミックは生まれる以前のこと。

昔の記憶にはいろんな経験がごちゃ混ぜになっている。

 

こんな話を聞かされる私は、初めのうちは「そんなはず、ないやろ」と反論していた。

だが、何度も聞かされると反論するのも面倒になって、「そうか、そんなことがあったんか」と話に乗って、うなずくようにしていた。

すると、父は自慢げな表情を見せて、満足していた。

 

それ以来、父が昔のおぼろげな記憶を交錯させて道理に合わない話を繰り返すとき、私は「うん、そうやな」と、うなずきながら話を聞いている。

義母(妻の母)と接する時も、同じだ。

父親同様に、同じ話を繰り返すので、その方法で話を聞くようにしている。

すると、義母は機嫌が良くなり、それが妻に波及し私の評価も上がってくる。

 

そのポイントは「頭から否定しないこと」。

 

生命保険会社が6歳までの子どもがいる男女に、ステイホーム期間中の子育て意識をアンケートした。

その結果、男性は「子育てに積極的になった」とか「子供との絆が深まった」との回答が多かったのだが、妻の方は「子供にイライラすることが多くなった」との回答が一番多かったという。

そして、夫がテレワークをしている専業主婦のうち4人に1人が「今後はしてほしくない」と回答していて、その理由で最も多いのは「夫が家にいることで家庭不和となり子供に悪影響が出る」(36・4%)だったという。

 

ステイホーム期間の我が家はどうだろうか?

妻は「あまり、気にならない」とはいうが、やはり、イラっとすることが増えたに違いない。

私たち夫婦はほとんど言い争いをするようなケンカはしない。

相手の言葉にいら立つと、お互いが黙ってしまう。

 

今回の自粛生活では、お互いにトゲのある言葉が多くなったように感じる。

つまらないことで、イラっとしてしまう。

朝から晩まで1日中家にいると、些細な事で引っ掛かったりするものだ。

私がそう感じているのだから、妻も同様だろう。

 

価値観が良く合っているとか、穏やかな性格が一緒だから等の理由で、相手に選んだ。

だが、生まれも育ちも違う。

同じ屋根の下で暮らしていると、生活感の違いからくる齟齬が徐々に表面化してくる。

 

寛容と忍耐である。

最近、私は悟った。

父親に接するのと同様、「否定しない」ことを心掛けるようになった。

意にそぐわないことを言った時も、「ふん、そうか、そういう考えもあるかな」とか、「そうやな、まあ、気を付けるようにする」とか、オブラートに包みながら言葉を返す。

 

夫婦間のトゲが解消されていく。

そして、波風が立たない、平穏な生活に続く。

 

私の中にストレスが澱のように溜まるが、人生は忍耐だと言い聞かせる。

author:金ブン, category:人生, 10:01
comments(0), -, - -
健康麻雀に参戦

JUGEMテーマ:趣味

 

賭けない麻雀は楽しいのだろうか。

と思いながら参加した健康麻雀だが、毎週金曜日の対戦がなかなか面白い。

 

最近どこの地域においても、健康麻雀を推奨しているようだ。

ボケ防止に効果があるということで、わが市の公民館には麻雀牌も麻雀卓も用意してある。

公民館には健康麻雀の団体が3組もあった。

 

コロナ感染の第一波が収まって、先月末公民館の再開と共に、私の健康麻雀参戦が始まった。

メンバーは30名弱で、ほとんどが私より年上。

60歳代も5名ほどいた。

 

毎週金曜日が例会日で、午後1時前になるとメンバーが集まってくる。

みんなで倉庫から麻雀卓や牌を出し、会議室にセットする。

コロナ感染対策の影響で、室内は人数制限されているから、2つの会議室に分かれる。

初日はちょうど16名だったので、4卓に収まった。

 

最初は90歳の会長さんと女性ふたりとの対戦だった。

点棒は3万点持ちで、ルールは完全先付け、食いタンなしと、学生のようなルール。

ひとりの女性は初心者のようで、牌を積むのも遅く、順番が回ってくるたびに考えておられた。

当然、初心者が多いことは覚悟していた。

いつもは顔の知れた友達との対戦だったが、知らない人と麻雀を囲むのにウキウキしていた。

 

最初は聴牌(テンパイ)してもリーチせず、様子見をしていた。

リーチが掛かると、無理せずに安全牌を選んで、下りた。

慣れてくると、聴牌(テンパイ)するとリーチを掛けた。

最初の半荘は+4だった。

次の半荘は親のハネ満に振り込んだりして、-27だった。

 

メンバーは点数の計算が出来ないようで、上がると「なんぼですか?」と、初参加の私に点数を訊いてくる。

点数を数えられる人はあまりいないようだった。

それだけ、初心者の人が多いのだろう。

 

4週目に参加したとき、やっと、強そうな人と対戦できた。

手つきからして、長年やっていたと思えるような人だった。

ヤミテンで親満を上がるし、軽く千点で上がったりする。

点数もすばやく計算されていた。

その日は私も健闘し、半荘3回で+15となった。

 

毎回抽選で対戦相手が決まるので、上手い下手に関係なく対戦が組まれる。

年配の女性3人と卓を囲むこともあった。

まだ初心者の人は対戦している最中に、「いやぁ、何捨てたらええかわからへんわ。ちょっと、見てくれない」と、言われることもあった。

ちょっと興ざめだが、まぁ、これも健康麻雀ということなのだろう。

 

会にはずば抜けて強い人がふたりいて、成績発表では断トツ1位と2位で表彰されていた。

表彰は年間のプラスの総合計で順位が付けられていた。

この人たちと当たるのを楽しみに、毎週公民館に足を運んでいる。

 

私の麻雀は守り主体で、手堅く打つことを心掛けている。

大負けすることが少ない代わりに、大勝することも少ない。

麻雀の醍醐味は相手の神経を逆なでするような上がりをすることだと思っている。

細かい千点キックやひっかけリーチなどで、強い人から煙たがられるような存在になりたい。

牌を投げられそうだが…。

author:金ブン, category:-, 09:30
comments(0), -, - -
タイムカプセル

JUGEMテーマ:日記・一般

小学校を卒業するとき、友達と二カ所にタイムカプセルを埋めた。

一つは同じクラスの子と、学校の体育館の裏手に埋めた。

もう一つは近所の友達と、国道横の空き地に埋めた。

二カ所とも開封する機会もなく、国道横の空き地だった場所には日産の販売店ができている。

確か、中に入れたのは誰かに貰った魔除けやベッタン・ビー玉のようなもので、思い出になるようなものを入れた記憶がない。

それでも、50年前に埋めていたものを見てみたいとは思う。

 

久しぶりに、机のまわりを片付けようと思った。

机の下に、子ども用の洋服入れが置いてある。

私はそれをガラクタ入れとして使っている。

ガラクタというより、捨てられない思い出の品を入れている。

 

 

久しぶりに、開けてみた。

古い記念写真の数々、思い出の手紙、かなり以前に書いた小説、会社で使っていた手帳…。

懐かしいものばかりで、捨てられない。

その中に、プラスチックの箱が出てきた。

京都営業所 タイムカプセル 2009.12.29 の文字が書いてある。

そのころのことを思い出す。

 

 

50歳の時大阪から京都営業所に異動となり、社会人になって初めて職場が変わった。

社員10人ほどの小さな営業所だった。

責任者の立場だったので、かなりストレスを感じる毎日だった。

6年間京都で働き、その後大阪本社に異動になるのだが、その前年の年末、タイムカプセルを思いついた。

社員みんなでこの時の思いを書いてもらい、10年後に開封しようというもの。

アイデアは良かったが、年末の忙しい時期だったこともあり、書き入れたのは私と先輩のHさんだけだった。

その後、私の机の中に仕舞われたままになった。

退職の時、この入れ物を鞄に入れて持ち帰っていた。

 

箱には<2019年12月に開封してください>と書いてあるが、すっかり忘れていた。

 

私とHさんはどんなことを書いていたのだろう。

開けてみた。

折りたたんだ細長い紙がふたつあった。

 

「2019年の私」の欄と「2019年の京都営業所」の欄が作ってある。

「2019年の私」の欄には<死んでいるかも。生きていたら、リタイヤし、孫といっしょに路上ライブをしているかも。今しているホームページはまだ健在だろうか>と書き、金ブン通信のURLが記してあった。

死んではいなかったが、孫はいる。

退職したら、再度ギターの練習をしたいと思っていたので、路上ライブと書いたのだろう。

ホームページはまだ続いている。

 

そして、「2019年の京都営業所」には<所長はM君かS君かな。12月31日の比叡山への挨拶はまだ行っているかも。京都営業所がなくなっていたら、悲しいが。>と書いていた。

現在京都営業所があった場所が女性用のホテルに変身し、営業所は近くのビルに移っている。

ただ、所長候補と思われたM君もS君も退社し、別の広告代理店で働いている。

また、その頃は毎年大晦日に比叡山延暦寺へ年末の挨拶に行っていたが、その後比叡山延暦寺の仕事はほとんどなくなってしまったと聞く。

 

先輩のHさんは現在70歳。

「2019年の私」には<病院のベッドにいるか、シャキッとして京都営業所に遊びに行っているか>と書かれている。

退職後も元気に働かれているが、京都営業所には行かれていないようだ。

また、「2019年の京都営業所」には、<希望として、営業所のメンバーが京都の広告業界を圧巻している>と書かれているが、その頃の社員の多くは会社を離れ、他社に転職している。

 

今、10年後開封するタイムカプセルを作ると、どうだろう。

現在を10年後の過去として、眺めてみたいものだが。

私は77歳か。

この世にいないかもしれないな。

author:金ブン, category:人生, 09:35
comments(0), -, - -
IT社会の民度

JUGEMテーマ:ニュース

 

電気店に行くと、一部分の棚に売り切れの表示があった。

パソコン用のカメラやマイクで、リモートワークに使う機器だ。

コロナ感染の影響で、社会はリモート活用に動き出した。

リモートでの婚活や終活も始まっているという。

 

私がパソコンを教えている会員の関心はもっぱらリモートワークだった。

会員たちは年金生活者で、リモートワークとは無縁だ。

だが、連日テレビではリモートでのコミュニケーションスタイルが映されているので、体験してみたい欲求があるようだ。

 

この自粛期間に、ZOOMでのミーティングを実施して、会員に招待をしていた。

しかし、参加に成功したのは2,3人だった。

それでも、社会のしくみがIT化へ流れている現在、老人たちにとっても無視できない存在なのだ。

この先、パソコンやスマホを使いこなさないと、不利を強いられそうな雰囲気である。

 

ところが、日本のIT環境は先進国の中でも遅れているといわれる。

 

現在パソコン会を開催している公民館にはパソコンが20台設置されていて、ネットにも繋がる。

プロジェクターも設置されていて、パソコン教室を開くのに最適の場所だ。

だが、7月から来年3月まで公民館が改装工事に入り、再び休館になる。

4月から公民館は新しく開館するのだが、パソコンルームは廃止されるそうだ。

パソコンが各家庭に普及しパソコンルームの使用率が悪いというのが理由のようだが、パソコンの維持は経費が掛かるので予算をカットしたいのだろう。

 

会員たちは引き続いてパソコンを習いたいというので、公共施設を探して回って、市内の北部にある公民館にPCルームがあるのを見つけた。

そこには8台のノートパソコンがあるのだが、サポート終了したWindows7なのだ。

メンバーはほとんどWindows10のパソコンを持っているので、持参して使えば良いのだが、設置してあるWindows7のパソコンしかWIFIにつなぐことが出来ないようになっている。

 

アメリカ、シンガポール、韓国などの国々は日本社会以上にインターネットを利用しやすい環境になっているという。

 

今回のコロナ騒動で、日本社会のIT化が遅れていることが表面化した。

電子メールの時代に、日本で未だにファックスが使われていることに、海外の人は驚いているという。

持続化給付金や特別定額給付金の支援制度が決まったものの、ITのシステムが行きわたっていな役所のでは支給が行きわたるまでに四苦八苦している。

私もマイナンバーカードを使ってスマホで申請したが、1か月過ぎて役所から「再度申請書に記入の上郵送してください」と、申請書と封筒が送られてくる始末。

 

「わびさび」の風情を好む国民性が電子化社会の促進を妨げているはずはないと思いたいが。

これも「民度が違う」ということか。

 

author:金ブン, category:社会ネタ, 09:51
comments(0), -, - -
ネット社会の誘惑

JUGEMテーマ:ニュース

 

女子プロレスラーが自殺する原因となった番組をyoutubeで観た。

2分と少しの映像には、男性に向かって激怒する女性の表情が終始映し出されている。

ふて腐れる表情と、とげとげしい言葉が続く。

激怒される側の男は戸惑い、返す言葉が見つからない様子。

 

その映像を観ても、私はその女子プロレスラーを気持ち悪いとか、生意気だとは思わない。

なぜなら、テレビで伝えられるプロレスラーの人柄や自殺したという事実を知っているから。

もし、何も知らないとしたら、気持ち悪いとか生意気な奴とか思っただろう。

 

女子プロレスラーが激怒した原因は、洗濯機に入れていた自分の大切なコスチュームを男性が気付かずに洗濯してしまい、コスチュームが縮んで使いものにならなくなったというもの。

番組を観ていた人から、大切なコスチュームを洗濯機に入れていた女性も悪いとか、謝罪している男性を追い詰めていく女性の態度がやりすぎだとか、SNS上で女子プロレスラーに対する誹謗中傷が拡散したという。

 

客観的にみると、洗濯機に入れた女子プロレスラーに責任がある。

映像をみているかぎり、謝罪してテラスハウスを出ていく男性に同情してしまう。

 

しかし、これはテレビ番組なのだ

映像は番組スタッフたちの演出で、視聴者の反応を意識したものだ。

SNSでの拡散も予測し、期待もしていたはず。

だが、誹謗中傷をまともに受け取った出演者の痛みの大きさを予測できなかった。

 

私は20年以上前から、ホームページを作って文章を書いている。

このブログも初めてから10年以上経つ。

私は有名人でもなければ、書いているブログの内容も当たり障りのない日記のようなもの。

だから、閲覧数も多くて100程度、平均しても30程度だ。

 

ところが、時々書き入れた内容や文言によって、急に閲覧数が跳ね上がる。

2週間前にアップしたブログ(5月30日)の閲覧数は1000を超えていた。

その日にアップした内容は「タバコの秘密」。

嫁さんが隠れて吸っていたと思っていたタバコが実は嫁さんの友人が台所に隠していたタバコだったという、私の思い違いを記した、たわいもない内容だった。

想像するに、表題の「タバコの秘密」か、つかみに使った刑事コロンボの葉巻に反応したのかもしれない。

内容に期待した人が多くいたということなのだろうが、ほとんどの人が読んで失望して、すぐに退出したのだろう。

 

ネットの社会は過敏で、かなり神経質だ。

 

文章修行というか、ボケ防止というか、気軽な気分で書きているので、閲覧数が多いとプレッシャーさえ感じてしまう。

もっと過激に書いてみたい欲求はあるが、反響が恐いという気持ちもある。

毎回、恐る恐る文言を選んでいる。

(ブログでも、極力実名は避けるようにしている)

 

今週、女性ジャーナリストが自分に批判的な風刺画を描いた漫画家と、漫画家のツイッターにリツイートした人達を名誉棄損で提訴した。

皮肉なことに、それのより女性ジャーナリストも漫画家も、誹謗中傷の嵐に晒されているという。

 

私はファイスブックにもツイッターにもアカウントは持っているが、ほとんど投稿していない。

当初、いろんな人とつながれるので楽しいと思ったが、負の反動のほうが恐いので遠ざけている。

 

危ういところに近づかないのが得策だが、ネット社会には近づいてみたい誘惑がたくさんあるのだ。

author:金ブン, category:社会ネタ, 09:36
comments(0), -, - -