RSS | ATOM | SEARCH
漫才で笑うこと

JUGEMテーマ:日記・一般

 

ブームの時もあまり漫才を観ることはなかった。

M1グランプリやTHE MANZAIもほとんど観なかった。

早いしゃべくりの掛け合いだったり、自虐ネタだったり、どついたりしている漫才に笑えなかった。

それに会場が笑いの渦に包まれているのが、どうも不自然に思えた。

 

ところが、ナイツの漫才は違った。

落語の寿限無が出てくる「野球の話」を観た時、その構成がすごいと思った。

他にも、「Kの呪い」、「ヤホーで調べてきました」、「土屋の歌に塙がツッコミを入れる歌シリーズ」など、バリエーションに富んでいる。

塙のボケと相方土屋のツッコミが絶妙で、聞きやすい。

最近、ナイツの漫才を聞きながら眠るようにしているので、ネタをほとんど覚えてしまった。

 

毎週土曜日の午前中関東地区で放送されている「ナイツのちゃきちゃき大放送」が、放送後にyoutubeにアップされている。

冒頭に時事ネタ漫才や毎週ゲストが登場するコーナーがあり、ナイツの軽妙な会話が聴かれるので、面白い。

 

最近、「言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか」という本が話題になっているというので読んだ。

ナイツの塙の口述をライターが筆記している形態になっているが、M1グランプリの審査員として参加している立場から、漫才という話芸や賞レースの極意など、徹底的に芸能としての漫才を分析している。

漫才師を志す若者にとって、かなり参考になる本だと思う。

 

中川家、スリムクラブ、スーパーマラドーナ、笑い飯、アンタッチャブルなどなど。

本に登場するコンビの漫才のすべてを、youtubeで観察しながら、読んでみた。

だが、塙が高く評価している漫才はほとんど笑いの琴線に触れなかった。

観客が大笑いしているのが理解できなかった。

 

「昔のお客は笑うまいとし、いまのお客は、とにかく笑おうとする。」

朝日新聞の「折々のことば」に掲載されていた、立川談志の言葉に、頷いてしまう。

 

昨年のM1グランプリで優勝したミルクボーイの漫才は笑いのツボにはまった。

ボケよりもツッコミが笑いを呼ぶ、新しい型の漫才だった。

新聞の論評にも、ツッコミの時代登場と書かれていた。

 

「滋賀」

https://www.youtube.com/watch?v=j-htiRPGs9w

「一線」

https://www.youtube.com/watch?v=BaKWxslE7IA

 

ただ、ミルクボーイの欠点はワンパターンの掛け合いかも…。

author:金ブン, category:芸能, 09:30
comments(0), -, - -
新型ウィルス

JUGEMテーマ:ニュース

昨年の3月、プールで耳に入った水が抜けなくて、耳が聞こえなくなった。

病院へ行くと、突発性難聴と診断された。

突発性難聴はストレスやウィルスに因って罹ると言われるが、原因はよくわからないという。

医者は原因についてはよく分からないというが、プールの水から聞こえなくなったことから、私はウィルス性だったと考えている。

ステロイド投薬が効いて、幸いにも2週間後耳は聞こえるようになったが、その時からウィルスに対する恐怖心が高まった。

 

私はこれまで風邪やインフルエンザに罹ることが少なかったので、ウィルスに対する警戒感があまり強くなかった。

マスクをする習慣も無かったし、手洗い・うがいを頻繁にするようなことはなかった。

さすがに、今回の新型ウィルスはそういうわけにはいかない。

日増しに、感染者が増加している。

 

家族はかなり神経質になっている。

これだけ、連日テレビで報道されていると、無理もない。

出かけるとき、妻は必ずマスクを持っているかを尋ねるし、帰宅すると手洗いを求められる。

娘婿が製薬会社に勤めている影響もあるのだが、娘家族はマスクや手洗いを励行している。

孫たちが帰宅すると、必ず手洗いを求める。

今回の新型ウィルスは空気感染しないので、手洗いのほうが感染予防には有効だという。

 

また、マスクや消毒液が品薄状態だ。

先週妻に頼まれて薬局にマスクを買いに行ったが、ほとんど売り切れ状態だった。

 

行動範囲にも気を付けるようになった。

妻は買いたいものがあるのでアウトレットに行きたいようだったが中止にしたし、買い物も大手のショッピングセンターより近所のスーパーで済ませている。

 

京都・大阪・奈良の観光地でも観光客が激減しているという。

 

10年以上前だが、「感染列島」という映画が上映された。

人類が経験したことのない新型ウィルスが蔓延して、日本中がパニックになっていく様子を描いていた。

今回はそれほど感染率の高いウィルスではないので、数か月もすれば終息するとは思うが、将来映画のように1千万人規模が感染するようなウィルスが現れるかもしれない。

 

現在インフルエンザによる年間死亡者数は、世界で約25〜50万人、日本で約1万人と推計されている。

当然、免疫力が弱い高齢者の死亡率が高いようだ。

今週67歳になった私も気を付けないといけない。

特に、私は爪を噛む癖があるので、手洗いは欠かせない。

author:金ブン, category:社会ネタ, 09:49
comments(0), -, - -
会報作り

JUGEMテーマ:日記・一般

 

ボランティアの会の会報編集を担当して、2年が経過する。

3か月に1回の発行だから、これまで合計8号分を担当したことになる。

 

今週、2月に発行する号が完成し、市内の公民館や図書館などに配布した。

会報の内容はガイドのレポートとか、会員有志が集まって近郊に出かけた研修レポートが中心になる。

加えて、会員が日頃から研究している記事を掲載する。

 

ページ数はA4サイズで、6ページから12ページまでの偶数ページになる。

毎回のことだが、このページ内に収めるのに苦労する。

いつでも載せられる記事がたくさんストックしてあれば調整するのに都合が良いのだが、ほとんど時期ものの記事が多い。

ページ内に収めるのに記事を削ったり写真で調整したりして、手間が掛かる。

 

いちばん困るのは長文で、まとまりのない原稿をいただく時だ。

研究されている内容を書かれているのだが、言いたいことがバラバラに入っていることがある。

私のような歴史に詳しくない者が、内容を理解して推敲するにはなかなか時間が掛かる。

 

今回90歳になる会員Kさんから、これまで研究してきた内容の記事をいただいた。

私が原稿不足に苦労しているのを知って、投稿してくれたのだ。

4ページほどの内容だったが、主張したいことがあちこちに飛んで、ちょっと読みづらい原稿だった。

書いてあることが正しいのかどうかが判断できない。

それでも、グーグルで検索しながら調べて、書き直した。

後日、Kさんに確認してもらった。

疑問の箇所を指摘しながら確認したが、ご高齢なので反応がいまいち乏しい。

それでも私の疑問点を丁寧に聞きながら、自分の考えを伝えてくれた。

 

内容の正否に不安が残るまま編集を終え、4人の編集委員に校正をしてもらった。

しかし、編集委員たちも記事の内容に詳しい知識を持ち合わせていないようで、誤字脱字ぐらいしか確認していなかった。

 

そんな状態で、会報を発行し、ホームぺージにも公開している。

 

http://bunkazai.hustle.ne.jp/tuusin/tuushinmokuji.html

 

こういった会報作りはかなり面倒な作業なので、なかなか担当する人がいない。

ある程度、文化財の知識を持っていないと出来ないし、パソコンのワードを使えないと出来ない。

 

2年前に前任者から頼まれて担当していたが、毎回の原稿集めには苦労する。

パソコンの作業は苦痛ではないのだが、適当な分量の記事を集めるのが難しいのだ。

ページが埋まらない時は自分で書かなければならない。

好き勝手に書くのなら適当に書けるけれど、歴史や文化財、ガイドの活動に関係する内容となれば、なかなか筆が進まない。

 

そして、この3月で2年の任期が終わる。

この機会に、担当を変わってもらいたい旨の申し入れをしたのだが…。

 

町内会の役を決めるのも大変だが、趣味で集まってきた老人たちの会でも役員や担当を決めるとなると、必ず紛糾する。

会員たちは会をコミュニティの場をして楽しみたいので、世話役は面倒なので嫌なのだ。

みんな個人的理由を使って、断ってくる。

そんな役をするぐらいだったら、会を辞めると言って、実際退会する人もいる。

 

次回の幹事会で、来期の役員や各担当を決めることになっている。

会報作りの担当を続けてほしいと懇願されそうなのだが…。

author:金ブン, category:日常の出来事, 09:39
comments(0), -, - -
タブチくん

JUGEMテーマ:ニュース

 

「田淵幸一」の名前を久しぶりにテレビで見た。

今年、野球殿堂入りしたニュースだった。

私にとって、野球選手の中で最も印象深い選手だ。

阪神タイガースに入団した当時のバッティングフォームと、大きな弧を描いてスタンドへ入る滞空時間の長いホームランは忘れられない。

 

実家がパン屋で、店名に「阪神」が付いていたので、幼いころから阪神ファンだった。

近所の家はほとんどが阪神ファンで、巨人ファンは隠れキリスタンのように鳴りを潜めていた。

小学校のころ、阪神タイガースは二度リーグ優勝をした。

牛若丸の吉田、

サード三宅、

センター並木、

独特のバッティングフォームの鎌田、

外人助っ人のソロムコ、

ホームランバッターで、島倉千代子と結婚したファースト4番の藤本、

小山・村山の両エース…。

 

個性豊かな選手が活躍して、チームは魅力的で輝いてみえた。

しかし、2度の優勝以後、阪神は低迷してしまう。

王・長嶋がいる巨人9連覇が始まる。

巨人の黄金時代が始まるころから、しばらく野球中継は見なくなってしまった。

 

高校生1年生のある日、甲子園球場での阪神対巨人戦のナイター中継を見ていた。

その年、ドラフト1位指名で、法政大学の田淵が入団していた。

阪神のピッチャーは江夏、巨人は堀内だった。

江夏は剛速球の奪三振王で、堀内も大きく落ちるカーブが持ち味のエースだった。

試合は両チームともスコアボードに0が並び、緊迫した投手戦だった。

確か、7回裏の攻撃だったと思う。

田淵が堀内から左中間の外野スタンドに飛び込む、滞空時間の長いホームランを放った。

田淵がベースを一周し3塁ベースを回った時、一人のファンがグラウンドに飛び出してきて、土下座をしていた。

ゲームは江夏が巨人を完封し、4対0で勝利した。

そのころのバッティングフォームは右ひじを高くあげた構えで、これがすごく格好良かったのだ。

(このカッコいいバッティングフォームは内角の球に弱く、打率は2割2分止まりだったが)

この日から、田淵の打席を見るために、再び阪神タイガースの応援が復活した。

 

その後、巨人の王とホームランを争い、一度だけ王を抜いてホームラン王になった。

ところが、あるシーズンが終わった時、突然西武ライオンズにトレードされてしまった。

 

トレードされてから、「がんばれ!タブチくん!」が始まった。

田淵夫妻(妻はジャネット八田)との生活をパロディ化した4コマ漫画で、当時映画化もされた。

 

その後、阪神タイガースはバースや掛布が活躍した吉田監督時代に優勝し、星野監督や岡田監督時代にも優勝して、私も阪神ファンとして大いに盛り上がった。

 

でも、ファンとして一番印象深いのは田淵のホームランだった。

author:金ブン, category:スポーツ, 09:27
comments(0), -, - -
公金横領

JUGEMテーマ:ニュース

 

何年かごとに、女性による多額の公金横領事件が発生する。

今回発覚したのは大手重機械工業の労働組合資金の横領。

横領金額は6億円超だとか。

容疑者の女は競走馬6頭を買ったり、ポルシェを乗り回したりしていたという。

よくもまぁ、こんな大金を抜き取れたものだと思うのだが…。

 

私が勤めていた会社でも、労組資金の横領があった。

横領の金額は覚えていないが、小さな組合にしてはかなり多額だったと思う。

横領した組合員のK君は、私が執行委員をしていたころ、支部長や職場委員を務めていたのでよく知っていた。

私が執行委員を退いた何年か後、三役の書記長を就いていた。

 

私は2年弱しか執行委員をしていないが、その間春闘を2回経験した。

春闘になると、一時仕事を離れて、妥結するまで組合事務所に常駐する。

組合事務所といっても、3DKの賃貸アパートだった

1日や2日で妥結すればいいが、長引くと4、5日事務所に詰めることになる。

委員長や書記長が団交へ行って、賃上げの回答をもらってくるとみんなで協議するのだが、会社側がなかなか返事を出さない時は、ただ部屋の中で待っているだけ。

何もすることもなく、ヒマだった。

そんな時決まって、トランプの博打会場になっていた。

 

そのトランプゲームは「カチカチ」とかいって、かなり高い金額を掛け合っていた。

私は横で観戦しているだけで、参加することはなかった。

博才が無いことや負けて大金を失う痛みを自覚していたからだ。

それに、高いレートの博打に使う小遣い銭がなかったと言っていい。

 

会社は旅行業が主で、私は旅行とは異業種の広告代理業の部門に勤務していた。

旅行業の社員には添乗や送迎などの業務から発生する手当があり、それは給料とは別に現金で支給される。

また、旅行業というのは旅行の交通手段や宿泊だけでなく、宴会やコンパニオンの手配などもする。

いわば、水商売みたいなところがある。

謝礼や心づけなどの旅行代金とは別の収入が入ったりする。

旅行業の社員たちはその金を家庭に入れることなく、小遣い銭としてふところに入れていた人もいた。

それらの金が賭け金になっていたようだ。

残念ながら、私が勤務していた広告部門にそんな種類の収入はなかった。

だから、博打に参加することもなく、近くをジョギングしたり本を読んだりして、待ち時間を潰していた。

 

「今日はあかん、10万も負けや」とか、「10万勝った」とか言い合っているのを、ご開帳の傍らで聞いていると、他人事ながら大丈夫かなと心配になったものだ。

 

団体の旅行費用はすべてが銀行振り込みではなく、営業マンが現金で集金したりする。

会社の経理に入金するまでに、旅行費用の100万を超える現金が手元に残ることもある。

つい誘惑に負けて、その金を博打や飲み代に使ってしまう社員がいるのだ。

社員は次の集金でそれを穴埋めしたりして、自転車操業を繰り返すことになる。

ところが、そんなごまかしはいずれ破綻する。

そのころ、会社の公金を横領する事案が起こり、懲戒免職になる人がしばしば現れた。

 

さて、書記長をしていたK君だが、労働組合資金を使い込んで懲戒免職になった。

その処罰が載っている社達の回覧を見た時、驚いたものだ。

なぜなら、私が知っているK君は熱意を持って組合活動をしていた印象があったし、熱く会社の経営を批判していたのを思い出したからだ。

何に使ったか知る由もないが、長く労働組合の幹部をしていたことから想像すると、博打や飲み屋の資金に消えてしまったのだろう。

 

金の魅力とは恐ろしいもの。

少しでも労働待遇が良くなるようにと、組合員が給料の中からコツコツと納めている金であることを、K君も十分承知していたはずだ。

最初は少しだけ借りるつもりで懐に入れたのだろう。

快楽に負けて、徐々に自制心を失ってしまったのだ。

 

解雇されてからしばらくして、偶然駅のホームでK君に出会った。

少し挨拶しただけで、私は一言も口を開かなかった。

話す言葉が見つからなかった。

すると、気まずかったのか、相手が話しかけてきた。

「会社が悪かったんですよ」と、経営者への不満をつぶやいていた。

自分の非を会社の経営に転嫁する、情けない姿だった。

私は少し苦笑いをして、黙ったまま到着した電車に乗り込んだ。

 

6億もの労働組合費を使い込んだ女の写真をみて、この時のことを思い出した。

勤めていた会社はこの後、債務超過になりリストラが行われ、挙句の果てに分割されてしまった。

経営環境の悪化を前に、労働組合は成すすべもなかった。

author:金ブン, category:社会ネタ, 09:42
comments(0), -, - -